お祝い一覧

ハロウィンのホームパーティーお料理のメニューとお菓子 大人も子供も楽しめるゲームは?

日本でもすっかり定着したハロウィンですが、みなさんもハロウィンを楽しんでいますか?ハロウィンでは、お友達同士でパーティーを開く人も増えてきました。また、繁華街やアミューズメントパークなどでは、ハロウィンの仮装を楽しむ人もたくさんおられます。今回は、大人から子供まで簡単に作れる、キモかわいいお菓子やお料理、そして楽しく遊べるハロウィンゲームを紹介したいと思います!

文化の日はいつで何をする日?制定された由来と開催されるイベントは?

11月3日は『文化の日』祝日なのは知っていましたが、どういう日なのか、そして、どういった事が行われているのか正直、あまり考えた事はなかったのです。そこで、文化の日についてちょっと調べてみました。文化の日は11月3日で、国民の祝日の一つです。昭和23年「国民の祝日に関する法律」祝日法を制定するにあたり、1946年 11月3日の日本国憲法公布の日を記念して、「文化の日」と定め、1947年5月3日の同憲法施行の日を「憲法記念日」と定められました。11月3日は、世界で初めて戦争放棄を憲法で宣言した重大な日であり、「自由と平和を愛し文化をすすめる日」とされました。文化の日は戦争放棄をした日でもあるんですね。更に、調べてみたいと思います。

お食い初めの時期は何日目?遅れても大丈夫?自宅で簡単に済ませるときのやり方と用意するものは?

十月十日 待ちに待った赤ちゃんの誕生。赤ちゃんはもちろん、出産という大業を果たしたお母さんや、新しい生命を迎えた家族にとって、次々と大きなイベントが続きます。そして、赤ちゃんの誕生に続き、お宮参りの次のイベントが『お食い初め』です。通過儀礼でもあるこの『お食い初め』という儀式は、どういう意味があって、それはいつ行う儀式なのか、どのようなやり方があるのかなどをまとめました。参考にして頂けましたら幸いです。

七五三のお参りは神社とお寺どっちが良い?ご祈祷しないでお詣りだけだと千歳飴は貰えない?

七五三のお参り、神社とお寺、どっちに行けばいのでしょうか?七五三参りの日とされているのは11月15日ですが、夏の終わりごろから、神社でもお寺でも、七五三参りの御祈祷を受け付ける案内が貼られていたり、七五三詣りの幟を立てて、予約を募集しています。私が、子供の頃の七五三は、本当に質素というか、お下がりの着物で神社にお参りして、千歳飴を頂いて終わりでした。しかし、最近は子供たちが着飾って、写真の前撮りもあるとか…時代は、変わりましたね。千歳飴もあるのでしょうか?そんな、七五三について、お話したいと思います。

出産祝いの相場 友人夫婦へはいくら位が相応しい?お金とプレゼントのどっちが喜ばれる?

出産祝いはプレゼントにしますか?お金にしますか?私は、お金にしています。プレゼントでも良いのですが、もし好みでなかったら…と考えてしまうんですよね。お金なら、好きな物を買えるので、その方がいいかなって思います。もし「○○が欲しい」と言われたら、それをプレゼントします。だけど、相手によって、言いにくい場合もあるので、やはり、お金が無難かなっておもいます。実際、どちらが喜ばれるのでしょうか?調べてみました。

出産祝いにお返しは不要の伝え方 メッセージカードに書くお返し不要の文例は?

新しい命の誕生を、周りの人達から、祝ってもらえるのは、嬉しい事ですね。そして、お祝いする方も、嬉しい気持ちになります。私は、お祝いをする時には、お返しは不要ですと伝えますが、そうは言っても、日本のしきたりというか、常識というか、どうしてもお返ししなくてはいけないと思うのか、お返しされる事が多いです。どの様に伝えたら良いのだろうと思います。皆は、どの様に伝えているのか、どういう風に伝えたらいいのか考えてみたいと思います。出産内祝いは、お祝いにいただいた額の半分程度を目安にお返しするのが一般的です。また、いただいたお祝いの金額に関係なく、一律で品物を統一してもかまいません。金額が大きく異ならない場合は、一番多い金額の半分程度の品物を贈ってはいかがでしょうか。とか…。ご親戚などから高額のお祝いをいただくことがあります。その場合は3分の1程度を目安にお返しします。返しすぎるとかえって失礼になる場合があるので、気を付けましょう。贈る相手との関係や地域の慣習など状況に応じてそれぞれ対応しましょう。等と、しきたりがあるんですね。なかなか、難しい点もある様です。

敬老の日のお祝いは何歳からでどんなことをする?プレゼントに孫の手作りで喜ばれるものは?

お祖父さんやお祖母さん、またはお父さんやお母さんに、ずいぶんと感謝の気持ちを伝えられていないなぁというそこのあなた。うってつけの良い日があります。それは『敬老の日』でも、何歳からあげていいの?や、どんなことをしたらいいの?と、改めて考え出すと、色々わからないことが出てくることもあります。ただの祝日で終わらせない、今回は敬老の日についてご紹介したいと思います。

還暦祝いはいつ誰が主催するものなのか 費用の負担や招く人はどこまで呼ぶ?

「お父さん今年60だから!」誕生日なのは思い出したけどそれでもピンと来ない。「か・ん・れ・きでしょうが!還暦!」そういえば、誰を呼ぶだの何をプレゼントするだの、予約するならどこがいい?とか、随分と前に相談されていたんだった。面倒なことは妹にやらせよう!我が姉ながら変わらないその考え方はわかりやすい…いやいやまてまて。還暦といったって、「赤いちゃんちゃんこ」くらいしかイメージわかないし…うちの父親は自分でいうのもなんだけど、同年代の人に比べてまだまだ若いし・・・少なくとも「ちゃんちゃんこ」が似合うとは思えない。仕方ない… 姉よ、今回もあなたの想いにうまく乗せられてあげよう。なんか無駄に燃えてきたーー!