歳事一覧

節分と干支 恵方巻きを食べる方角は誰が決める?干支と恵方の方角 過去一覧

節分に恵方巻きを食べる方角は、誰がどうやって決めるのでしょうか?恵方を向いて食べると縁起がいいといいますが、恵方が非科学なのは明らかです。科学には普遍性があり、根拠があっていつでもどこでも、また普通ではありえないような、極端な条件でも成り立つものがより正しい考え方というわけです。北極点にいる人はどちらを向いても南ばかりで、恵方と言われてもねぇ・・・ となりますよね!

初節句とはどんなお祝いで何をするのか? 女の子と男の子 初節句のしきたりの違いは?

みなさんは初節句について、どのようなお祝い事なのかご存知ですか?また、男の子と女の子ではどのような違いがあるのでしょうか?しきたりがあるなら、ちょっと知っておきたいことですよね。私もそう思いましたので、今回は初節句に関してまとめました。みなさんのご参考になればと思います。

広島のえべっさん えびす講とはいつ行われるどこのお祭り?混雑状況や屋台 交通規制は?

広島のえべっさんをご存知ですか?広島のお祭りといえば、「とうかさん」や「住吉祭」ですよね。これらは広島三大祭りとされていますが、あとひとつは「えびす講」です。「えびす講」も広島市内中心部で行われることもあり、毎年多くの方で賑わいます。毎年11月に行われる「えびす講」は、どのようなお祭りなのでしょうか?日程や見どころ、駐車場についてもご紹介していきます。

七五三のお参りは神社とお寺どっちが良い?ご祈祷しないでお詣りだけだと千歳飴は貰えない?

七五三のお参り、神社とお寺、どっちに行けばいのでしょうか?七五三参りの日とされているのは11月15日ですが、夏の終わりごろから、神社でもお寺でも、七五三参りの御祈祷を受け付ける案内が貼られていたり、七五三詣りの幟を立てて、予約を募集しています。私が、子供の頃の七五三は、本当に質素というか、お下がりの着物で神社にお参りして、千歳飴を頂いて終わりでした。しかし、最近は子供たちが着飾って、写真の前撮りもあるとか…時代は、変わりましたね。千歳飴もあるのでしょうか?そんな、七五三について、お話したいと思います。

月見団子は関西と関東で形が違うが いつ食べるのか 飾る数や並べ方も違うのか?

「なぜお月見には団子なんだろう?」と、ふと思った事ありませんか?「お月見 = 団子」この日には、お団子を作ってススキを飾り、月にお供えをしてから、美味しくお団子を食べる、団子は美味しいですよね。この、お団子は地方によって違いがあるみたいです。まず、月見団子の由来からお話したいと思います。旧暦では8月15日の満月のことを、「中秋の名月」または「十五夜」と呼びます。この日は古くから月に見立てた団子を供え、お月見をするのが日本の文化です。秋の彼岸も明け、暑さも落ち着き、月を愛でるにもよい気候です。

福岡 筥崎宮の放生会はいつ行われるどんな祭事?おはじきや御朱印 見世物小屋が有名!

放生会(ほうじょうや)という祭事をご存知でしょうか?辞書などでは、放生会(ほうじょうえ)として紹介されていますが、地元福岡では、放生会(ほうじょうや)というのが一般的です。福岡の三大祭りといえば、春の「博多どんたく港祭」、夏の「博多祇園山笠」そして秋の「放生会」と言われています。今回は、全国各地で行われる放生会(ほうじょうえ)の中から、福岡の筥崎宮(はこざきぐう)で行われる、放生会(ほうじょうや)についてご紹介したいと思います。

仙台七夕まつりの吹き流し 7つ飾りの種類と意味は?からくり七夕と平和七夕とは?

東北の三大祭の一つ「仙台七夕まつり」は、毎年200万人もの見物客でにぎわい、手作りされた豪華な竹飾りが並ぶ大規模なお祭りです。アーケード街の中央通りを中心に、仙台駅や仙台市内各地で飾られています。今年(2019年)は8月6日(火)~8日(木)の3日間の予定で開催されます。みなさんのよく知っている、笹に願い事を書いた短冊を飾ったものもありますが、仙台七夕まつりの飾りは、高さ10メートルもの高さの竹竿に飾られるほどの巨大なものです。『7つ飾り』と言われる飾りの上に、くす玉があるもをメインとして、『からくり七夕』と『平和七夕』と言われるものがあります。どのようなものか調べましたので、それぞれがどのようなものなのかを知り、その意味なども、観覧の一つの楽しみとしてはいかがでしょうか。また、デザインや色彩などの工夫を凝らした作品には、事前に審査が行われており、優れた作品に対して金賞・銀賞・銅賞が贈られています。賞が贈られた作品はどれもうなずくものと思われます。賞にも目を向けながら眺めるのもおススメです。

お盆の飾り なすで作る精霊馬にはどんな意味や由来がある?作り方と飾り方は?

精霊馬(しょうりょうま又はしょうりょううま)のことをご存知でしょうか?お盆の時期になると見かけるなすやきゅうりのお供えもののことです。最近では、オーソドックスなものから形を変えて、個性豊かなのものが写真で多く、インターネトッと上にアップされるようになりました。今回は、そんな夏の時期の風物詩ともいえる精霊馬について、ご紹介していきたいと思います。

お盆の仏壇にお供えするお菓子にのしは必要?お菓子の数やお菓子以外なら何がいい?

お盆に、故郷へ帰省される方も多いとおもいます。親戚で集まって、仏壇に手を合わせたりしますよね、そもそもお盆とは?と思われる方も、おられると思いますので「お盆」についてお話ししたいと思います。お盆とは、先祖や亡くなった方の霊を祀る行事です。お盆を中心とした前後2日間をあわせた4日間で行われることが多く、国民の祝日ではないものの、ほとんどの企業や組織がこの期間を「お盆休み」としています。

祇園祭2019 長刀鉾の稚児発表 お稚児さんの役割と仕事 生き稚児さんとは

京都に暑い暑い夏がやって来ます!京都の夏と言えば祇園祭の巡行です。その祇園祭で、巡行の主役を務めるのが、長刀鉾のお稚児さんです。祇園祭は7月のお祭りですが、お祭りのための準備は、ずっと前から始まっています。その中でも注目されるのが、長刀鉾のお稚児さんで、お稚児さん選びは祇園祭の重要課題なのです。そしていよいよ、長刀鉾のお稚児さんが決まり、発表されました。今年の長刀鉾のお稚児さんが、誰に決まったのかをお知らせします。

祇園祭とは何か歴史を簡単にわかりやすく解説!いつから始まったその起源は?

京都の祇園祭は、大阪天満宮の天神祭り・東京 神田明神の神田祭と並んで、日本三大祭りの一つに数えられている祭典です。7月17日の山鉾巡行や、巡行の前日『宵山』、17日と24日の神輿渡御なども、広く知られる祭りの行事です。ここ最近、24日の後祭り巡行の復活や、大船鉾の復活も話題となり、ますます祇園祭は有名になってきました。年々暑さが厳しくなってきた昨今ですが、京都の夏は、盆地のせいもあってかなり厳しく、人ごみに溢れる宵山の鉾町界隈は、さらにヒートアップします。しかし、祇園祭は、宵山や巡幸の日だけでなく、7月1日から始まり、1ヶ月にわたる行事で、そのすべてを知り尽くしている人は少ないように思えます。祇園祭のいわれや歴史、変遷などをたどると、先人の振興や知恵が見えてきます。祇園祭をさらに深く知り、実際に鉾町を歩けば、京都の町衆のあそび心や心意気まで見えてくると思います。

お中元を贈る時期はいつからいつまで?地域によって違う贈る時期やマナーとは

「あ~こんな時期かぁ・・・」珍しく2人揃ってデパートで買い物。入口入ってすぐに山と積まれた商品たちはお中元向けの品々。「今年は流石に考えようかなぁ・・・」おっ?!どうした旦那?我が家は例年スルーしてきたイベントなのにどういう風の吹き回しだ?「職場も変わったし、それに伴ってすごくお世話になった人もいるし・・・」なるほど!そういうことね。それならばわからなくはない。環境も変わったし、なによりお世話になった人に感謝を伝えるのはいいことだ。うんうん。偉いぞ旦那!「何人くらいかなぁ・・・」いやいやまてまて、我が家は今までお中元を贈ったことなんてなかったんだよ。贈る時期とかマナーとかきっとあるよね?!「あの人には何がいいかなぁ・・・」あーはじまったよ。いつものことながら気が早いなぁ・・・今日は別の用事で来たんでしょうに・・・うーんわかった。誰に何を贈るかは、任せよう。好きなものを選んでよし!君がお中元デビューで恥をかかないように、私がしっかりフォローしなくては・・・

茅の輪くぐりはいつまでに行う行事?由来はいつからでその作法とは

一年も半分が過ぎた頃、これからやってくる暑い夏を、無事に過ごせるようにという想いを込めて。夏越の祓いに茅の輪くぐりを行います。夏越の祓いの茅の輪くぐりは、いつまでに行なわなければいけない行事なのか、また、どのようなことを行う行事なのか?その由来はいつから伝わるもので、作法はどうするのか?知っているようで知らないことってたくさんあります。茅の輪くぐりはご存じですか?茅の輪とは、6月の末ごろに神社でみかける、草でできた大きな輪のことをいいます。見たことがあるけど、どうやって使うんだろう?という人も多いのではないかと思います。この茅の輪をくぐって心身を清め、厄除け、無病息災、家内安全を祈願することを「茅の輪くぐり」といいます。この記事では茅の輪くぐりの時期から作法まで、詳しく解説していきます!

広島のとうかさんの日にちはいつ?祭りの由来やゆかたできん祭の交通規制は?

とうかさん祭り…でも良いのですが、地元の人達は「とうかさん」と言います。ですので、ここからは「とうかさん」で話させて頂きます。とうかさんとは、とうかさん(稲荷参)は、広島県広島市中区三川町にある日蓮宗の寺院、福昌山 慈善院 圓隆寺(ふくしょうざん じぜんいん えんりゅうじ)のことです。 または、毎年6月に行われる同寺院の総鎮守である稲荷大明神の祭礼です。とうかさん祭りは、稲荷大明神のお祭りなのです。とうかさんの間、広島の街は賑わい、多くの人が参加します。街の、あらゆるお店が、バーゲンをするので、お財布の、紐が緩くなってしまうのが、ちょっと痛いですね。そして、女性はゆかたで着飾り、一説ですが、カップルの誕生も多いお祭りと聞いています。