ツイッターの検索とハッシュタグの違いはなに?付け方と使い方 その効果は?

随分前からツイッターを使っています。

以前は呟くだけで殆ど使っていなかったのですが、
ハッシュタグで参加できる事を知って、
毎日ツイッターを使っています。

私の場合、ラジオ投稿で使っているのですが、
ハッシュタグで投稿すれば、
パーソナリティに私の投稿を読んでもらえるので、
それが楽しいんですよね。

ラジオ投稿以外でも、
自分の思う事があれば、ハッシュタグを付けて呟いています。

検索したり、トレンドを観たり便利ですが、
最近たくさんハッシュタグを付ける人がいて、
読み難い事もあります。

ハッシュタグの効果や、付け方など調べてみました。

スポンサーリンク
  

ツイッターの検索とハッシュタグの違いはなに?

★Twitterのハッシュタグとは?

ハッシュタグとは、
検索しやすいようにツイートをカテゴリー分けするため、
ツイートに付けるタグのことです。

今では様々なSNSで用いられ、
「#〇〇」というように表記されます。

このハッシュタグを入れて投稿すると、
「#〇〇」と検索するだけで、
同じハッシュタグが付いたツイートが一覧で表示されます。

ハッシュタグの文化は、
Twitterユーザーが自発的に始めて機能化したものであり、
ハッシュタグの内容を決定する際は、
Twitter側の許可が必要ありません。

また、ハッシュタグと文字の間にスペースを入れると、
ハッシュタグと認識されなくなります。

ハッシュタグと認識されると文字が青くなり、
認識されないと黒いままなので、入力の際には気を付けましょう。

★なぜハッシュタグを付けた方がいいの?

ハッシュタグを付けることで以下のメリットがあります。

・同じことに興味を持っている他のユーザーと一緒に盛り上がれる

・他のユーザーが、ハッシュタグを検索することで、
自分のツイートを見てもらえる

・実際にイベントに参加していなくても、
ハッシュタグを見たり使ったりすることで臨場感を得られる

このようにハッシュタグ用いることで、
ユーザー間のコミュニケーションが活発になり、
イベントや放送されたテレビ内容などの注目トピックごとに、
Twitterが盛り上がるのです。

★TwitterとInstagram、ハッシュタグの使われ方はどう違う?

Twitterの他にハッシュタグの使用で有名なのはInstagramですが、
どちらのSNSでもハッシュタグの持つ機能には大きな違いがありません。

それでは、使い方には違いがあるのでしょうか。

Instagramはクローズド感が強く、拡散能力はないため、
ハッシュタグがコンテンツ露出に重要な役割を果たします。

そのため、
投稿に多数のハッシュタグを付ける文化があるのです。

一方、Twitterでは、
ハッシュタグの多様が嫌われる傾向があります。

このような違いから、
TwitterではInstagramのようにハッシュタグをたくさん付けないように、
注意する必要がありそうです。

※もちろんTwitterの場合は文字数制限もあるので、
たくさんハッシュタグをつけられないという面もあります。

★Twitterでハッシュタグ(#)を付けて投稿する方法 ハッシュタグの作り方

前述の通り、
Twitterのハッシュタグはもともとユーザーが作り出した文化であるため、
人のハッシュタグを真似したり、
自分で自由に作成したりできます。

また、
テキストの後に入れることやテキストの途中に入れることもできます。

ハッシュタグは、任意の設定したいキーワードを入力し、
前後に全角もしくは半角のスペースを空ければ、
自動的にTwitter側がハッシュタグと認識し、
検索結果へのリンクになります。

★Twitterでハッシュタグ(#)を検索する方法

Twitterでハッシュタグを検索する方法は大きく分けて2つあります。

1つ目は、タイムライン上のツイートに表示されているハッシュタグを、
クリックする方法です。

ハッシュタグがリンクになっており、
クリックすることでそのハッシュタグが付いているツイートを一覧できます。

2つ目は、任意のハッシュタグを検索欄で検索する方法です。

調べたいハッシュタグを検索欄に打ち込んで検索することで、
タイムラインのハッシュタグをクリックする場合と同じように、
ツイートを一覧できます。

さらに、高度な検索を使えば、
ハッシュタグが付いたものの中で、
特定のキーワードを含むものを探すこともできます。

まず、
Twitterホーム画面の検索欄で任意のハッシュタグを検索します。

次に検索したハッシュタグの、
「すべてのツイート」の検索フィルターから「高度な検索」を選択します。

スポンサーリンク

高度な検索では、
「単語」「ユーザー名」「地名」「日付」「その他」の、
5つの項目で検索することで、
さらに特定のキーワードを含んだものを検索できます。

それから、ツイッターの検索ですが、
ツイッターの画面の下に虫眼鏡のマークがあります。

それをタップして、
自分が探したいワードを入力すると検索画面がでてくるので、
そこから、検索することができます。

検索との違いですが、
また後で詳しくお話しさせて頂きます。

ツイッターのハッシュタグの付け方は?

Twitterのハッシュタグの付け方

ハッシュタグを使うのにTwitterへの申請や登録などは不要です。

まずは半角の#(シャープ記号)を入力します。

全角だとハッシュタグだと認識されないので注意しましょう。

・#の後ろにハッシュタグにしたいキーワードを入れます。

・次に、ツイートする文章を入力します。

ハッシュタグは文章の前でも後でも機能しますが、
ハッシュタグの前後にはきちんとスペースを空けるようにしましょう。

※文章にくっつけてしまうと、
ハッシュタグだと認識されませんので気をつけましょう。

・ツイートボタンをクリックして投稿すると、
ハッシュタグの付いたツイートが行えます。

また、
ハッシュタグは1つのツイートに対し複数個付けることも可能です。

複数のハッシュタグを付ける場合は、
ハッシュタグの前後をスペースで区切って入力しましょう。

ただし、何個でもハッシュタグを付けられるからといって、
とにかくハッシュタグを付けるというのはよろしくありません。

Twitterにおけるハッシュタグの乱用は問題視されていて、
度が過ぎるとスパム行為として対処されてしまうこともあります。

きちんとツイートの内容に合ったハッシュタグを、
2・3個使うのがスマートな使い方と言えるでしょう。

ツイッターのハッシュタグの使い方とその効果は?

★ハッシュタグを付ける意味とメリット

機能があることは知っていても、
「そもそもつける意味がわからない」
「普通につぶやくだけと何が違うの?」そんな意見も多いようです。

ハッシュタグを付けるメリットは大きく2つあります。

1.たった今、リアルタイムで旬の話題がわかる

2.興味があるトピックだけをしぼり込んで表示/検索できる

・たった今、リアルタイムで旬の話題がわかる

ツイッターには、
今現在リアルタイムで話題になっているハッシュタグを、
ランキング形式で表示する機能があります。

★興味があるトピックだけをしぼり込んで表示/検索できる

ツイッターで特定のトピックにしぼり込んで表示したいとき、
検索とハッシュタグ経由では表示される内容が異なります。

検索・・・ツイート内にその文字が含まれている投稿を表示

ハッシュタグ・・・その文字の内容がメインとなる投稿を表示

たとえば、
普通に「もののけ姫」で検索した場合、

・ジブリの中だとトトロともののけ姫と紅の豚が好きだなー。

↑このようにツイートに”もののけ姫”が含まれているだけで、
ツイート内容のメインが”もののけ姫”であるとは限らない。

ハッシュタグ「#もののけ姫」で検索した場合

・絵を描いてみた #もののけ姫

・(TVを見ながら) 5年ぶりの放送! #もののけ姫

↑このように主に「もののけ姫」がメインのツイートが出てきます。

あとがき

Twitterでのハッシュタグの意味と付け方の解説、
いかがでしたでしょうか。

好きなことや参加しているイベントのことをツイートする時に、
ハッシュタグを使うことで、
つぶやきが同じ事に興味のあるユーザーの目に触れやすくなります。

また、
興味のあるジャンルのツイートを検索する時も非常に便利です。

ハッシュタグを使うのも#を入力するだけと非常に簡単なので、
皆さんもぜひツイートに、
ハッシュタグを付けて投稿してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。