ロングブーツのふくらはぎがきつくて入らない!伸ばす方法や広げるための道具はあるの?

冬になると、ロングブーツで颯爽と歩く女性を見かけます。

足が長く見えて素敵ですよね。

なま足では自信がないけど、カッコいいブーツを履くと、
ブーツのおかげで、足がきれいに見えるような気がします。

そんな憧れを抱いて、
今年こそ、素敵なブーツを買おうと思うのですが、
ふくらはぎの太さが災いして、
気に入ったデザインのブーツが履けないのはショックです。

ロングブーツの場合、足のサイズと一緒に、
ふくらはぎの太さにもサイズ展開があればいいと思いませんか?

ロングブーツのふくらはぎがきつくて入らない!
もう少しなんですけどね~!

ブーツの太さを伸ばす方法や広げるための道具はないのでしょうか?

スポンサーリンク
  

ロングブーツのふくらはぎがきつくて入らない!

ブーツのふくらはぎ入らない…。ショックですよね…。

でも安心してください。貴方だけではありません。

結構多くの人がふくらはぎが入らず、
または入っても痛い、と悩んでいるのです。

ミニスカートにロングブーツなどのファッションをしたい、
可愛いブーツでおしゃれをしたい、ですよね。

もちろん、今後ブーツを購入するとき、
できれば自分に合うものを選ぶのがいいに違いありませんが、
今もうすでに購入したブーツを諦めないために頑張りましょう。

ふくらはぎを頑張って細くしてみたり、
ブーツ自体を広げてみたり、
ちょっと工夫をすれば色々な対策ができます。

・ふくらはぎを痩せる短期間でできるものは?

ふくらはぎを細くするには、マッサージや運動が必要です。

運動もマッサージも続けていくことによってより効果がでます。

短期間で、見違えるほど細くするというのは、
中々難しいものがありますが、
マッサージはある程度、
短期間でも成果を出す事ができますよ。

なのでまずはマッサージの方法から説明していきます。

1.足をできるだけ高くあげます。

2.足首をふくらはぎ側から使います。結構強めに掴んで下さいね。

3.それを膝に向かって掴んでいく

これで応急処置ができますよ。

また、お風呂上り等に、
アロマオイルなどを塗って滑りを良くして、
足首から膝まで、ふくらはぎ側の方を掴んでマッサージをすると、
足のむくみもとれスッキリしますよ。

足のむくみは、一時的なものではなく、
蓄積されている場合がありますので、やはり毎日やるのが効果的です。

コツとしては、
足のふくらはぎの筋肉と骨の間あたりを押す感じです。

では次に、ふくらはぎを痩せるための運動を紹介します。

1.立ったまま両足をくっつける

2.くっつけたままかかとの上げ下げを10回

3.かかとをくっつけて、つま先を開いたハの字の状態で上げ下げ10回

こんな感じです。

しっかり実践していけば、良くなると思いますよ。

ただマッサージほど、即効効果はないかもしれません。

一日合わせても20回なので、続けるのはそう難しくもありません。

頑張ってください。

ロングブーツのふくらはぎがきついのを伸ばす方法はあるの?

・ドライヤーと新聞紙で伸ばす

まずは、ドライヤーの温風を使って革を伸ばしやすくします。

あまり熱くしすぎると革が痛みますので、
ドライヤーとブーツは適度に離してください。

スポンサーリンク

温風をあておわったら、
新聞紙をブーツの中にぎゅうぎゅうに詰め込みます。

新聞紙を用意できない場合は厚めの靴下を履いた状態でブーツを履き、
その上からドライヤーをあててもOKです。

・ブーツのふくらはぎ部分を伸ばすには?

革製のブーツならば、伸ばすことができます。

通常であれば、
革製品の靴は履いているうちに徐々に伸びていき、
自分の足に合うものになっていきます。

ですが、
あまりにも締め付けが痛くて履いてられないとか、
そもそも履けないのであれば伸びないですよね。

靴屋さんや靴の修理屋さん、デパートの靴のコーナーなどで、
少しくらいなら、ふくらはぎの幅を伸ばすことが可能です。

完全に靴にふくらはぎが入っていないのであれば、
お店など専門的な人に依頼をして伸ばしてもらいましょう。

伸ばす、というと靴が破けたりしてしまうのではないか?
と、不安になりますよね。

確かに、もともとの皮を伸ばす訳ですから、
皮が薄くなり、多少製品が傷んでしまうでしょう。

ですが、皮って実はとっても丈夫です。

なので、
専門店の人に依頼をして治してもらえば、
靴が破けたりひどく劣化したりすることはありませんよ。

また、
家で伸ばすには、皮を柔らかくする製品があります。

★硬い革が柔らかくなる!
プロ用レザー保湿剤 レザードレッシング
【ブーツ】【靴】【ストレッチ】【柔軟剤】

こういったもので柔らかくして履いていけば、
自分の足になじみやすくなり、
ふくらはぎが締め付けられて痛い!という現象を防ぐことができますよ。

ロングブーツのふくらはぎがきついのを広げるための道具はあるの?

・ブーツストレッチャーを使う

ドライヤーの熱での革の傷みなどが心配で、
ちゃんとした器具で伸ばしたいという場合は、
ストレッチャーを持っていると安心です。

ストレッチャーには、
幅を広げてサイズ調整するものや、
甲の部分を広げるものなどがあります。

ご自身のきつくなりやすい部分にあったストレッチャーを持っておけば、
毎年ブーツの時期に対応できますので、
たくさんブーツを持っている方には特にオススメです。

幅を広げにお店に行く手間や費用を省くことができますよ。

また、ストレッチャーを使用する際に、
ストレッチスプレーを併用して使えば、
もっと効果的にブーツを伸ばすことができます。

・着圧タイツを履く

これまでご紹介した方法でブーツを広げてみても、
まだあと少しだけきついという場合は、
ブーツではなく、脚のほうをなんとかしてみましょう。

着圧タイプのタイツやソックスを履けば、
脚が引き締まりますのでブーツが入りやすくなります。


着圧タイプのタイツだと、
脚が細く長く見える効果がありますので一石二鳥です。

あとがき

冬のおしゃれに欠かせないブーツが、
きつくて履けない場合の対処方法をご紹介しました。

せっかくお気に入りのブーツなのに、
きつくて痛くて歩くのがつらい、という状況は避けたいですよね。

楽しいファッションをするためにも頑張ってくださいね。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。