uggモカシンやムートンブーツを履く時期はいつから?雪や雨の日は履けない?靴下はどうする?

娘たちがuggの話をしていました。

「uggモカシンやムートンブーツっていつ頃から履いてもいいのかなあ~?」

暖かそうで、軽そうで、
履き心地よさそうだなあ~と思っていたのですが、
そういえばいつ頃から履いてもいいのかって気になりますね。

まだ誰も履いていないのに、自分だけ履いていたら、
早すぎると思われないか気になるようです。

誰かが一番に履かないと・・・って思ってしまうのですが、
履く時期が、いつからいつまでって決まっていたら、
わかりやすいのですけど・・・・。

履き心地よさそうと思うuggモカシンやムートンブーツなんですが、
雪の日や雨の日は、モコモコが濡れてしまわないか心配ですね。

uggモカシンを履くときに、合わせる靴下も、
どんなものが似合うかを考えてみました。

スポンサーリンク
  

uggモカシンやムートンブーツを履く時期はいつから?

まず、uggモカシンの“ugg”について調べてみました。

UGG(一般)【アグー】

高品質な羊毛・羊皮を用いて製造された、
ムートンブーツ・シープスキンブーツの総称で、
元は、
オーストラリアの羊毛刈りをする人たちの間で流行していた靴だそうです。

軽くて歩きやすく、
温かいのに通気性がよくてムレない点が人気の秘密です。

ヒールがなく、寸胴なブーツスタイルは「Ugly(醜い)」と称され、
「UGG」という呼称の由来となったのです。

UGGと「UGG® Australia」

日本では、
「UGG® Australia」社のムートンブーツが、
圧倒的な知名度とシェアを持つため、
「UGG® Australia」社以外のUGGブーツは、
ニセモノだと勘違いしている人も多い様です。

「UGG® Australia」社のムートンブーツは、
ハリウッドセレブのプライベートファッションスナップに、
度々登場したことで人気となり、世界中で愛用者が増えています。

その温かさや履き心地には定評があり、
「冬はこれしか履かない」という女性もいるほどです。

模造品問題

近年、
人気に乗じた安価な模造品やニセモノの流通量が増えています。

日本の正規販売店は、
Deckers Japan 合同会社 (http://www.uggaustralia.jp/pc/)など。

メーカー側は、正規品を表す保証書の他に、
ライセンスラベルやシールを付属して対策していましたが、
最近は、付属品自体が模倣されているので注意が必要です。

uggの事が少し分かったこところで、本題に移りたいと思います。

ムートンブーツは温かくて楽だけど、
いつから履いていいのか判断が難しいですよね。

ロコンドでもムートンブーツ愛用者がたくさんいるので、
みなさんに聞いてみました。

すると…

一番多かったのは11月!

11月から履き始めている方が圧倒的でした。

中には10月、一番早い人で9月下旬から履いていると言う人もいましたが、
だいたいの方は11月からムートンブーツを履くそうです。

だいたい夜の気温が10℃を下回るくらいの気候になってから履くのが、
ムレなくて快適にお履き頂けると思います。

・UGG以外のムートンブーツおすすめブランド3選

ムートンブーツといったらUGG(アグ)。

街を歩いていると見かけない日はありません。

なかはボアがモコモコで温かいし、
質が良く丈夫なのも嬉しいですね。

ですが、
UGG以外にも素敵なムートンブーツのブランドがあるんです。

★1.エミュ(EMU)

まずはなんといってもEMU!

UGGと同じオーストラリア生まれのブランドです。

上質なシープスキンを使ったムートンブーツは、
世界中のセレブから愛されており、
牧場の管理から飼育まで自社で行うというほど徹底しています。

足にピッタリと馴染むヒールカップ、
二重のEVA素材を使ったアウトソール、
そして、
オーストラリア最高級のムートンレザーを使ったブーツは、
一度履けばあなたも虜になりますよ!

もちろん撥水加工がしてあるので雨や雪の日でもお履き頂けます。

★2. ベアパウ(BEARPAW)

前述の2ブランドとは違い、
2001年にアメリカのカリフォルニアで生まれたブランドBEARPAW。

同じく質の良いシープスキンを使っています。

ほかの2つとは違うのが、
エアークッション入りのインソール。

しかもインソールはブーツから取り外せるので衛生的です。

スポンサーリンク

今までムートンブーツを履くと足が疲れやすいという方も、
ベアパウは大人気です。

ムートンブーツ販売数世界2位は伊達じゃないですね。

★3. プラス バイ ココチッチ(Plus By Cococicci)

そんなブランド聞いたこと無いという方は要チェックです。

プラスバイココチッチは、
ロコンドが手掛けるオリジナルブランド。

もちろんロコンドでしか手に入らないです。

ロコンドに寄せられるお客様のご要望を徹底的に考え、
一から素材を選び、
かつオシャレに仕上げた自信作のムートンブーツが出来ました。

uggモカシンやムートンブーツ 雪や雨の日は履けない?

『UGGのムートンブーツって雨や雪の中で履いても大丈夫?』
という質問にお答えします。

すぐにどうにかなるものではないという意味では、
あまり問題はないものの、
お手入れを怠り放置していると、シミや劣化の原因になります。

UGGブーツの素材のシープスキンは、
寒さには強いけど、水には弱いのでやっぱりおすすめはできせん。

でもどうしようもない時もありますよね。

そういう時はなるべく劣化を抑えられる工夫をしましょう。

まずはUGG専用(なければ市販の)防水スプレーをしっかり使用すること。

どんな靴にもいえることですが、
レイン用でもない限りはそうした方が靴のためにはよさそうです。

また、履いた後のお手入れも重要です。

泥などがはねていたら、
すぐに固くしぼったタオルなどでぽんぽんとふき取りましょう。

あまりゴシゴシしすぎないのが靴を長持ちさせるポイントです。

そして通気性の良い場所でしっかり乾燥。

普段から乾燥させることはとても大切なので、
濡れてしまった日はなおさらです。

とはいえやはり本当なら雨や雪の日は、
履かない方が靴の寿命は長く保てるので無難です。

もし履いた時にはしっかりお手入れをして、
大切なブーツを守ってくださいね。

uggモカシンを履く時 靴下はどうする?

モカシンシューズとは、
足の甲部分がU字状に縫われていることからその名がついた靴のことです。

もともとはアメリカ先住民が履いていた、
一枚革で作られたスリッポン型の靴のことを指します。

現在は革だけでなく、
フェイクレザーやムートン素材のものまで、
様々なモカシンシューズが登場しているのですね。

モカシンシューズの魅力は、
なんといっても履き心地。

スリッポン型なので履いたり脱いだりが楽で、
ヒールもないので脚に負担がかかりません。

デイリー使いできるのに、履くだけでこなれ感が出せるモカシンシューズは、
1足は持っておきたい人気のシューズです。

モカシンシューズを思い浮かべた時に気になるのは、
「靴下はどうしているの?」ではないでしょうか。

素足で履くのはおしゃれだけど、
やっぱりちょっと抵抗がある… という方に、
モカシンシューズに合う靴下を紹介します。

・素足感を出すなら「パンプス用靴下」

素足感はそのままに、
見えない部分はしっかりカバーしてくれる、
「パンプス用靴下」はもはやファッションには必需品。

ベージュカラーなら目立ちにくく、使い勝手も良いはず。

何枚か持っておくと安心だし、
見えない部分だからこそ色のバリエーションを揃えて気分を上げるのもGOODです。

・暖かみをアップさせる「ノルディック柄靴下」

どこかエスニックな雰囲気のモカシンシューズと相性抜群のノルディック柄靴下。

柄や色を楽しんでコーデのポイントにしてみてはどうでしょうか。

・シンプルだけど合わせやすい「リブ靴下」

無地のリブ靴下なら、
無理なくモカシンシューズとの組み合わせを楽しめます。

少しクシュっとさせて、
足元にニュアンスを作るとこなれて見えて良いと思います。

あとがき

Uggとモカシンシューズやムートンブーツの事が良く分かりました。

uggモカシンやムートンブーツ
冬によく見かけますね。

これを機に、一つ買ってみようかなと思います。

uggモカシンやムートンブーツに合わせた
冬のコーディネートも楽しみたいですね。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。