土鍋はひび割れても使えるのか?ひび割れの直し方と原因は?

鍋料理以外でも、
土鍋にはさまざまな使い道があるってご存じでしたか?

土鍋を使ってお肉やお魚などのメイン料理も簡単に作られます。

ケーキやプリンなどのスイーツも作られるのです。

今回は、そんな万能調理器具「土鍋」の、
ひび割れについて紹介します。

土鍋はひび割れても使えるのか?

土鍋のひびは必ず入ってしまうものです。

土鍋の土には空気が入っていますし、
釉薬(ゆうやく)が掛かっているところと、
鍋底の素焼きの部分は、
火にかけた時の膨張率が違うからです。

使い続けると煮えやすく割れにくい鍋になっていきます。

つまりひびがあっても土鍋は使えるということです。

ですがなんでもOKなわけではなく、
良くないヒビもあります。

それは土鍋の取っ手の部分や縁まで伸びているヒビです。

これは熱が加わって土鍋が膨張したときに、
割れる恐れがあるので使わない方がいいです。

あとは目止めを数回しても、
水漏れが直らない土鍋は修理することはできないので、
買い替えた方が良いでしょう。

※釉薬とは、
陶磁器の表面に付着したガラスの層のことです。
釉薬のことを単に「 うわぐすり」ともいいます。

土鍋のひび割れの直し方とは?

実は土鍋って急激な温度変化に弱いのです。

例えば、
鍋の底が濡れたまま火にかけたりすると、
ヒビが入りやすくなります。

でも土鍋がひび割れても、
ひどくなければ自分で修復する事ができます。

といっても目止めをするくらいしかできません。

目止めとは簡単に言うと、
鍋の表面をコーティングすることで、
新品の土鍋を使う前にするのですが、
ヒビ割れにも有効です。

ヒビが入った場合は、ひび割れの部分だけ、
コーティングすればいいという意見がありますが、
全体をした方が良いと思います。

他の部分にも、
見えないヒビが入っているかもしれませんから。

米のとぎ汁、おかゆ、ご飯を炊く、
小麦粉や片栗粉、牛乳の修復の仕方をそれぞれ紹介します。

■土鍋のひびに米のとぎ汁を使う方法

米のとぎ汁を使う方法です。

米のとぎ汁を再利用します。

ただし、
でんぷんが薄いのでヒビがあまりひどくない時に有効です。

①米のとぎ汁を土鍋の8割~9割まで入れて弱火にかけます。

②沸騰したら20分ほどそのままぐつぐつと煮立たせます。

③火を止めて自然に冷めるのを待ちます。

④冷めたら中身を捨てて土鍋を水洗いします。

ヒビがひどい場合、
または無洗米を使っていて米のとぎ汁がない人は、
おかゆを使った方法にしましょう。

■土鍋のひび割れにおかゆを使う方法

米のとぎ汁を使うよりも、
お粥のほうがでんぷんの濃度が濃いのでおすすめです。

まだ水漏れしてないひび割れであれば、
土鍋で直接お粥を炊いてしまいましょう。

残りごはんで作ってもOKです。

水漏れしているヒビの場合は、
別の鍋でどろりとしたお粥を作ってから、
土鍋に移して弱火にかけましょう。

①お粥を土鍋で沸騰させたら、
火を止めて1時間以上置いて冷まします。

②土鍋からお粥を取り出して水洗いします。

お粥は食べても食べなくても大丈夫ですが、
お粥は食べたくないけどもったいないと思うなら、
土鍋でご飯を炊く方法がおすすめです。

■土鍋のヒビにご飯を炊く方法

土鍋でご飯を炊いてしまいましょう。

お米1に対して水1.25の分量で炊きます。

洗米を使う場合は1に対してお水1の体積です。

①ごはんとお水を入れたら蓋をして強火で火にかけます。

②沸騰したらとろ火(できるだけ弱火)にして8分待ちます。

③火を止めたら5分そのまま蒸らします。

④蓋を開けて混ぜたら出来上がり。

■土鍋のひびに小麦粉や片栗粉を使う方法

同じでんぷんということで、
小麦粉や片栗粉を使う方法もありますが、
ヒビが大きい時はあまり役に立ちません。

①土鍋の8~9割の水を入れ、
大さじ2杯の小麦粉もしくは片栗粉を入れて混ぜます。

②弱火にかけて沸騰後20分ほどぐつぐつと煮立たせます。

③火を止めてそのまま放置。土鍋が冷めるのを待ちます。

④冷めたら中身を捨てて水洗いします。

小麦粉(片栗粉)をざっと入れると、
ダマになりやすいので軽くふるったほうが効果はあがります。

スパゲッティを茹でたりするのも、
小麦粉が出ておすすめですよ。

■土鍋の目止めに牛乳を使う方法

土鍋の目止めに牛乳も有効です。

カゼインというたんぱく質が粘着してくれるからです。

①牛乳を土鍋の8~9割入れます。

②弱火にかけて20分グツグツさせます。

③あとは冷まして水洗いするだけです。

土鍋にたっぷり牛乳を入れるのは、
もったいない気がしますね。

■土鍋のひび割れに接着剤は使える?

土鍋のひび割れに、
陶器用の接着剤を使用するのはやめておきましょう。

土鍋は熱を加えると膨張するので使えません。

欠けたお茶椀にする「継ぎ」も同様です。

土鍋は火にかけて使う物なので、
接着剤が溶けだしてしまう恐れがあります。

土鍋がひび割れる原因は?

土鍋がヒビ割れる原因について調べてみました。

・鍋底が濡れた状態で使わない

底の素焼き部分が水に濡れたまま火にかけると、
急激な温度変化でヒビ割れの原因になります。

火にかける前に、鍋底が濡れていないか、
しっかりと確認しましょう。

・空焚きは絶対にしない

空焚きをすると急な温度変化に耐えられず、
ヒビが入る可能性があります。

万が一、空焚きをしてしまったら水は入れず、
火を消して自然に冷めるのを待ちます。

・水洗いし、ふせて乾かす

土鍋を洗うときは、スポンジでやさしく水洗いが基本。

洗ったあとは乾いた布巾でふいてひっくり返し、
底を上にしてしっかり乾かすことで、
カビが生えるのを防ぎます。

・土鍋を初めて使う時

土鍋を購入して初めて使う時は、
おかゆを炊きましょう。

新品の土鍋は、
使う前におかゆを炊いて「目止め」をします。

土鍋の材質は、素焼きで細かい気泡が残っているため、
米のでんぷん質で気泡を埋めることで、
水漏れやヒビ割れを防ぎます。

・目止めの仕方

1. 土鍋に七~八分目まで水を入れ、
米大さじ2を加えて弱火で炊く。

2. おかゆができたら火を止めそのまま完全に冷まし、
洗って乾かす。

目止めをして、
土鍋がヒビ割れないようにしましょう。

あとがき

土鍋は鍋底が厚く、
熱伝導も遅いのでゆっくりと温まります。

その分、
熱くなると冷めにくいという保温効果もあります。

また、
遠赤外線効果によって、
食材の芯までじんわりと火が通るのも土鍋の特徴。

煮込んで食べる鍋料理にぴったりです。

家族や、友人とお鍋パーティーを楽しんで下さいね。


応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。