結婚式のお呼ばれに着るドレスの色で人気があるものは?おすすめコーデやマナーNGの色は?

結婚式に、御呼ばれした時の、ドレスコードと言えば、
白色はNGですね。

花嫁さんと、被ってしまうからです。

和式の結婚式でも、洋式でも白はNGです。

例えば、
カラードレスの上に白いボレロを羽織るのも、
やめておいた方がいいでしょう。

では、どういった色ならOKなのか、
考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
  

結婚式のお呼ばれに着るドレスの色で人気があるものは?

結婚式のお呼ばれに着るドレス、
派手すぎてもダメ、地味すぎでもダメ、突飛すぎでもダメ、
そしてかぶってしまうこともある…。難しいですね。

主役にお祝いの気持ちが伝わる服装…と考えると、
そんなに外すこともなさそうですが、
人気色と聞かれると…

落ち着きがありつつも華やかなカラーとして人気なのは、
ボルドーのドレス。

春夏には
爽やかなミントブルーやスモーキーなパステルカラーも人気です。

結婚式のお呼ばれに着るドレスでおすすめコーデは?

では、
どんなコーデがお呼ばれにふさわしいのか、
具体的な例をご紹介します。

★レッド系コーデ

ゴージャスな雰囲気が出るレッドは、
おめでたい結婚式にぴったりの色です。

黒い小物をプラスすれば、
スッキリと引き締まった印象に。

ドレスの上からラメ入りのボレロを着れば、
さらに華やかな雰囲気が楽しめます。

★ベージュ系コーデ

落ち着いていて上品なベージュ系は、
幅広い年代の女性に愛されるカラー。

地味になりがちなので、
ベージュのなかでもピンクベージュやシフォン生地のものを選んで、
特別感をアップさせましょう。

ただ、
薄い色のベージュは写真に写ると白いドレスに見えてしまうことも。

そんなときは、
濃い色のボレロやストールを合わせるとよいですよ。

★ブラック系コーデ

「気をつけたい色」でもあるブラックですが、
結婚式では人気のカラーでもあります。

「やっぱりブラックを着たい!」という場合、
どうすれば良いのでしょうか?

ドレスを選ぶときに、「華やかさ」にこだわってみましょう。

ブラックはシックな雰囲気が魅力ですよね。

落ち着いた色だからこそ、地味にならないよう、
色以外のポイントで「華やかさ」を出すことが大切なんです。

具体的には、
おしゃれなデザインや、すらりとしたシルエット、
刺繍の入った生地といったドレスを選ぶのがオススメ。

さらに華やかな色・デザインのボレロやバッグを合わせれば、
印象がぐんと明るくなります。

長めのネックレスや大き目のコサージュなど、
小物やアクセサリーでゴージャス感を演出するのもGOODです。

★ブルー系コーデ

ブルー系の中でも濃いカラーのドレスは、
大人っぽい印象になりますね。

特にネイビーは人気が高く、
周りとかぶってしまうことも多いようです。

派手さがない分、
デザイン性の高いドレスにすると、ほかの人と差をつけられそうです。

スポンサーリンク

もしくは同じブルー系でも、
ターコイズブルーのような鮮やかな色を選ぶと被らずに済むかもしれません。

★パープル系コーデ

大人っぽい雰囲気を出したいならパープルがおすすめです。

上品で高級感のあるカラーでありながら、
ほかのゲストとかぶることも少ないおすすめカラーのひとつです。

ただ、濃いパープルは暗く見えてしまいがちです。

パンプスやバッグをシルバーやシャンパンゴールドにすると、
華やかな印象をプラスできます。

★小物や素材でコーデが変わる

「ドレスも小物も黒ずくめ」なコーデは結婚式ではNGです。

「地味なワンピースだけで、小物は無し」というスタイルも、
お祝いの場である結婚式にはあまりふさわしくないと言われています。

シンプルなドレスを選んだときこそ、
大ぶりのアクセサリーやちょっと派手なパンプスなど、
小物を使って印象を変えるのが鉄則。

また、同じ色のドレスでも、レースや透け感のある素材を選べば、
特別な場にふさわしいオシャレ感が出せますよ。

1着で絵になりそうなデザイン性の高いドレスの場合、
小物はシンプルにした方がドレスの良さが引き立ちます。

結婚式のお呼ばれに着るドレスでマナーNGの色は?

先程も、真っ白と真っ黒はNGとお知らせしましたが、
それも含めて
NG色をお伝えしようと思います。

★気をつけたい色 ホワイト

結婚式当日、白は花嫁のための色とされています。

ウェディングドレスの色とかぶってしまうので、
ゲストが白いドレスを着るのはマナー違反です。

「全身白でなければOK」という意見もありますが、
それも必ずOKとは限りません。

たとえば、鮮やかな色のドレスの上に、
白いボレロやショールを羽織った場合。

立っている間は、
ドレスの鮮やかな色が見えるので大丈夫かもしれません。

でも、席に座ると上半身の羽織物しか見えず、
白いドレスを着ているように見えるおそれがあります。

ということで、
白いボレロやショールも避けた方が良さそうです。

薄いベージュや薄いピンクも、
写真に写ると白く見えてしまうことがあります。

どうしても薄いベージュやピンクを着たければ、
上に濃い色のボレロやショールを羽織るのがオススメです。

★気をつけたい色 ブラック

黒いドレスはシーンを問わず使いやすいので、
1枚は持っているという人も多いのではないでしょうか。

でも、黒は落ち着いた色なだけに、
ものによっては「お呼ばれ感」がなく地味な印象になってしまうことも…。

靴や小物も黒で「全身真っ黒」のコーディネートになると、
地味を通り越して「お葬式」を連想させてしまうかもしれません。

ということで、
結婚式で黒いドレスを着たい人は「アクセント」を意識するのが大切です。

カラフルなコサージュやパンプス、
大ぶりなアクセサリーなどで華やかさをプラスしてみてはいかがでしょうか?

華やかな小物で、黒いドレスも素敵に引き立ちますよ。

★気を付けたいカラー

披露宴の「お色直し」では、
ウェディングドレスからカラードレスへ着替える花嫁が多いです。

「新婦のカラードレスと自分のドレスの色がかぶったらどうしよう…」
と不安に思っている人もいるかもしれませんね。

ビビッドな赤や黄色など、
個性的な色ほどかぶってしまうと気まずいものです。

マナー違反というほどではありませんが、
避けられるのであれば避けたいポイントです。

かぶりを避けたければ、
前もって花嫁に色を確認しておくのがベター。

ただ、
「カラードレスの色は当日まで秘密にしておきたい」
と思っている花嫁さんもいるかもしれません。

なので確認するときは、
「できたら色が被らないようにしたくて…もしよかったら教えてね」

というふうに、やんわりと聞いてみてください。

ある日突然、友達から結婚式の招待状が届いたり、急な結婚報告の電話がかかってきて、結婚式に招待されてしまったり・・。でも、なんだか気乗りしないなあ。行きたくないなあ。と悩んだことがある方も意外と多いのではないでしょうか。 結婚式は、人生の中でも最大のイベントであり、盛大なパーティーです。新郎新婦にとっては、大好きな友達や、家族、親戚にお祝いをしてもらいたい、今までの感謝を伝えたいと思いながら、長い時間をかけて結婚式の準備を行っています。それは分かっているけれど、しかしながら、結婚式の招待状を受け取って、実際に困惑している人がいるのも確かです。今回は、友達の結婚式の出席を断る方法、また、断る際に、新郎新婦を傷つけないマナーを考えたいと思います。

あとがき

結婚式のお呼ばれドレスは、
どんな色を選ぶかが大きなポイントの1つです。

小物使いでも印象が大きく変わるので、
ぜひ参考にしてください。

マナーを守りつつ、
特別感のある素敵なドレスで新郎新婦をお祝いしましょう。

スポンサーリンク