クリスマスソングとクリスマスキャロルや聖歌と讃美歌の違いは?ゴスペルとは?の違いは?ゴスペルとは?

クリスマスに流れる曲、
Jポップの事なら分かるのですが、
クリスマスソングとクリスマスキャロルや聖歌と讃美歌の違いは?
ゴスペルとは?となると全く分かりません、

これは早速調べてみなければいけませんね。

スポンサーリンク
  

クリスマスソングとクリスマスキャロルの違いは?

・クリスマスキャロルのキャロルとは?

クリスマスキャロルと聞いて、
ぱっと頭に浮かぶのはイギリスの文豪
チャールズ・ディケンズ氏の小説『クリスマス・キャロル』

もしくは映画の『クリスマス・キャロル』?
それとも、クリスマスの定番ソング
「♪クリスマスキャロルが流れる頃には~」

こちらは日本の歌手、
稲垣潤一氏の楽曲『クリスマスキャロルの頃には』ですね。

クリスマスシーズンになると、
よく見聞きする「クリスマスキャロル」ですが…

クリスマスキャロルは、
「キャロル」という言葉の意味がよく知られていないことから、
イマイチ浸透していないため、

「クリスマスキャロルっていったいなんのこと?」
と疑問を持つ人が多い言葉です。

クリスマスと頭につくからには、
キリスト教系の何かだとは想像できますね。

・クリスマスキャロルのキャロルとは?

クリスマスキャロルは、英語で「Christmas Carol」。

キャロル(Carol)には、
喜びの歌・祝歌・聖歌にという意味があります。

祝歌(しゅくか)というのは、文字通り、祝いの歌のことです。

聖歌は、宗教歌の意で、
神を称えるための歌です。

クリスマス「Christmas」:イエス・キリストの降誕を祝う日

キャロル 「Carol」:(宗教的な)祝歌・讃美歌で

「Christmas」と「Carol」を合わせた「Christmas Carol」は、
イエス・キリストの生誕日であるクリスマスを祝う賛美歌のことです。

クリスマスキャロルには、
『クリスマスに歌われる喜びの歌』
『クリスマスに歌う聖歌』
『クリスマス賛歌』といった意味合いがあります。

キャロルはもともとは一般大衆の祝歌で、
世俗音楽でした。

イエス・キリストの誕生を祝うという宗教的な意味もあった楽曲を、
16世紀の宗教改革者、マルティン・ルターが肯定的にとらえたことで、
当時の教会も聖歌のひとつとして取り入れる方向になったのです。

そこから、
それまでのラテン語の聖歌だったものがヨーロッパ各地に広まり、
大人も子どもも声をあわせて歌うことができるようになったのが、
今に続くキャロルです。

ちょっと余談ですが、
日本が誇るロックスター、
矢沢永吉氏がトップスターに躍り出るきかっけとなったのは、
1972年に結成された伝説のバンド「キャロル」です。

革ジャン・リーゼント・ロックンロールという、
キャロルのバンドのイメージからは意外ですが、
キャロルのデビューは12月25日、まさにクリスマスの日でした。

・クリスマスキャロルの歌詞にはどんな意味があるの?

クリスマスキャロルというのは、
一つの曲のタイトルではなく、複数の賛美歌を総称した呼び名です。

クリスマスキャロルは、
イエス・キリストの生誕日であるクリスマスを祝う賛美歌で、
宗教的な祝歌です。

なので、クリスマスキャロルでは、
「イエス・キリストの誕生に関係する事柄」を内容にしたものが歌われています。

救世主イエス・キリストの誕生を祝い、
誕生にまつわる様々な場面や逸話が歌詞になっています。

クリスマスキャロルの歴史は古く、
すでに13世紀には存在していました。

クリスマスキャロルの歌詞は、
英語、フランス語、ドイツ語など、それぞれの国の言葉で作られています。

また、クリスマスキャロル自体の歴史が古く、
中世の時代にまで遡ることから、ラテン語の歌詞のものもあります。

クリスマスシーズンになるとよく流れる『きよしこの夜』も、
クリスマスキャロルです。

『きよしこの夜』の原作詞は200年前ドイツ語で書かれ、
300以上の言語に訳されて歌われているといいます。

日本語でも数種類の和訳があります。

『きよしこの夜』の代表的な日本語の歌詞をご紹介しますね。

日本語歌詞 由木康・昭和29年版

きよしこの夜
星はひかり
救いの神子(みこ)は
馬槽(まぶね)の中に
眠りたもう
いとやすく

スポンサーリンク

まさに内容は、「イエス・キリストの誕生に関係する事柄」、
イエス・キリストが生まれたことを見守り、称えています。

・クリスマスソングとクリスマスキャロルの違いは?

クリスマスソングとクリスマスキャロルの違いに、
明確なルールというものはありません。

クリスマスキャロルはイエス・キリストを歌ったもので、

クリスマスソングは、イエス・キリストではなく、
クリスマスのことを歌ったものと考えるとわかりやすいかと思います。

たとえば…

「♪まっかなおはなの~」

で始まる『赤鼻のトナカイ』は、
イエス・キリストのことを歌っているわけではないのでクリスマスソングです。

・クリスマスキャロルの代表的な曲は、
『きよしこの夜(Silent Night)』の他にも、
クリスマスシーズンになると決まって流れる、

『ジングルベル(Jingle Bells)』

『アベ・マリア(Ave Maria)』

といった耳馴染みのある歌もクリスマスキャロルです。

クリスマスに歌う聖歌と讃美歌の違いは?

クリスマスキャロルは、英語で「Christmas Carol」。

先ほども紹介しましたが、
クリスマスキャロルのキャロル(Carol)には、
喜びの歌・祝歌・聖歌という意味があります。

クリスマスキャロルは、
イエス・キリストの生誕日であるクリスマスを祝う賛美歌のことで、
歌詞の内容は、「イエス・キリストの誕生に関係する事柄」となっています。

クリスマスキャロルというのは、一つの曲のタイトルではなく、
複数の賛美歌を総称した呼び名で、多くの楽曲があります。

キリスト教徒でなくてもクリスマスキャロルは、
その美しい旋律や楽曲に気持ちが上向きになったり、
心が癒やされたりします。

クリスマスに歌うゴスペルとは何?

・ゴスペル音楽の歴史

ゴスペル・ミュージックの歴史の発祥はアメリカです。

もともとは、キリスト教プロテスタント系の宗教音楽で、
「ゴスペル」という言葉自体には、
福音・福音の書(キリストの教え)という意味があります。

その歴史は意外なことに、悲痛なものでした。

17世紀頃、
奴隷としてアフリカから多くの人がアメリカに連行されました。

アメリカにおいて彼らは、
独自の言語や宗教を剥奪されてしまいます。

そんな中で、
一部の人たちは救いを与えるゴスペル(福音)と出会い、
キリスト教へ改宗し、神に独自の賛美をささげるようになりました。

こうして、アフリカ特有のリズムと、
ヨーロッパ賛美歌などの音楽的・詩的感性が融合して、
現在のゴスペルの基調となるスピリチュアル(黒人霊歌)音楽が生まれます。

小学生の音楽の授業で登場する、
『こげよマイケル』も黒人霊歌の一つなんです。

その後、
ジャズやロックなどさまざまなジャンルの音楽と結びつき、
今も進化し続けています。

ソウル・ミュージックには、ゴスペル・ミュージックが取り入れられ、

ゴスペル・ミュージックには、R&Bやジャズの要素も投影され、
ゴスペル・ミュージックは多様性を持ったものになりました。

もともと宗教的な意味合いもあるゴスペル・ミュージックを、
日本人が歌うのは……という議論もありますが、
今では歌、ゴスペルを愛する世界中の人に、
親しまれているジャンルと言ってもいいのかもしれません。

ゴスペル・ミュージックには宗教的な意味合いもありますが、
大勢の人が絶妙なバランスで歌い上げるパワフルさは、
聴く者に元気を与えてくれます。

あとがき

クリスマスキャロルを聴きながら、
ゆっくりクリスマス気分を味わうのもいいですね。

そして、
ゴスペルでも、好きな音楽を聞きながら、
聖なる夜を過ごしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。