超立体コールドマスクとはどんなマスク?接触冷感素材がひんやり感じるのはなぜ?

超立体コールドマスクとは、
最近、話題の冷感接触マスクの事です。

ネットでもSNSでもよく見かけるようになりました。

気温が上がってくると、
今まで使っていたマスクでは、暑くて日焼けも気になるし、
何より熱中症の原因になってしまうとか…

超立体コールドマスクに使われている
接触冷感素材についてまとめてみました。

冷たいマスクで、
これからの季節を乗り越えていけたら良いですね。

  

超立体コールドマスクってどんなマスク?

新型コロナウイルスの影響で、
外出先や職場でマスクの着用がエチケットとなっています。

その中で、
これから暑くなってくる季節に向けて、
マスクを着用する際の蒸れや不快さの対策を考え、
超立体COLD MASKが登場しています。

超立体COLD MASKは、冷感生地を採用し、
マスクの蒸れから涼しく快適な着用感を実現したマスクです。

三層タイプの超立体型となっているため、
マスクの機能はもとより、
顔にピッタリとフィットする作りとなっています。

吸熱、保水、蒸発に優れており、
洗って何度も着用することができる、
大人用サイズと子供用サイズの2型を用意しています。

超立体マスクとは、違うのですが、
洗える超伸縮FIT MASKは、特殊素材「トリコット」を使用し、
肌触りが滑らかでつけ心地が快適なフィットマスクです。

今回のさらピタCOOLタイプでは、
暑い夏も快適に過ごせるよう、
着けた瞬間にひんやりする接触冷感素材を採用しています。

汗をかいてもベタつかないように、
肌に触れる面は、肌離れの良いピケ調に仕上げています。

また、
綿の種の表皮からわずかに取れるキュプラ素材を使用することで、
3倍の吸放湿性を実現しています。

さらに、紫外線を95%以上カットする機能も追加し、
日焼けを防止もします。

超立体コールドマスクの接触冷感素材とは

夏用マスク
“高機能ハイブリッドな冷感マスク”
6つのポイントを紹介しながら
素材についても触れてみたいと思います。

1.国内製造の、日本製マスクも多い

国内で製造されているものも多く、
徹底した検品を行う日本製のマスク。

安全・安心へ徹底配慮したうえで出荷されています。

2.インナーマスクのある2重構造で捕集効率UP

捕集効率を考慮した2重構造
(外側のマスク+インナーマスク)を採用。

3.スーパーストレッチ生地で隙間なくフィット

立体構造に裁断した8方向に伸縮するストレッチ生地を採用。
伸縮性があるので男女ともに使用できるフリーサイズです。

顔の形に合わせて隙間なくピタッとフィットするので、
メガネも曇りにくいです。 

鼻やアゴ周りに隙間ができにくいので、
塵、菌、花粉、飛沫の吸放出も軽減でき、
細菌の捕集効率も向上。

フリーカット裁断で皮膚へのあたりを軽減。
耳も痛くなりにくく、
マスク特有の息苦しさを感じさせないような快適なつけ心地。

長時間の装着でも快適に使用できるように設計されています。

4.制菌加工

制菌消臭、吸汗速乾、UVカット、防縮加工(洗濯収縮の軽減)、
防塵性の機能があります。

マスク内側には制菌防臭加工。

繊維に付着した菌の増殖を抑制します。

5.暑い日でも快適に装着できる接触冷感

外側のスーパーストレッチ生地の接触冷感のおかげで、
着け心地ひんやり。

内側(インナーマスク)には、
吸汗速乾性のある素材を使用しているので、
熱がこもりにくくムレにくいから衛生的。

オールシーズン快適に着用できます。

6.地球を守る、繰り返し使えるサスティナブルなマスク

ガーゼマスクや不織布マスクに代わる、
地球環境を考えた繰り返し使える製品。

洗濯後も機能を維持する第三世代の新しいマスク構造です。

洗濯による耐久性も高く、
繰り返し洗って使用できるので経済的です。

そして、素材ですが
素材:外側(ナイロン、ポリウレタン)/内側(ポリエステル)です。

私は、素材の事はよく知りませんが、
良く分かる方は納得して頂けるのではないでしょうか?

超立体コールドマスクがひんやり感じるのはなぜ?

とにかく暑い夏、少しでも涼を取りたいもの。
つけた瞬間ひんやり感じられるマスクを集めてみました。

・夏素材の洗えるマスク

アパレルメーカーが手がける何度でも洗って使用できる
「洗えマスク」の夏用素材マスクが登場しました。

暑い時期に対応した
「接触冷感」「吸水速乾」「UVカット」のマスクは、
素材を知り尽くしたアパレルメーカーならでは。

フィット性が高く、めがねの曇りにくいMSK-3と、
プリーツが入って上下に広がり、
鼻から顎までカバーできるMSK-4の2タイプから選べます。

肌触りがよく、
耳も痛くなりにくいのもうれしい特徴。

大きさも3サイズから選べますよ。

・機能性素材使用「みんなの夏マスク」

「熱中症」・「肌荒れ」・「細菌」など、
夏季のマスク着用時におこりやすい3大トラブルから守ってくれる
「みんなの夏マスク」。

第1弾は好評により完売しましたが、
5月27日より第2弾の予約が始まります。

特殊布のキシリトールが、マスク内の汗や湿気で熱を吸収。

内側は接触冷感仕様で、ひんやり感が持続します。

蒸れにくく、こもりにくいため、
気温や湿度が高くなるこれからの時期におすすめです。

またスムースな布表面で肌あたりがよく肌荒れも防ぎます。

抗菌防臭加工が施された繰り返し洗濯可能な速乾性の高いマスクです。

・超立体COLD MASK

暑くなってくる季節に、
マスクを着用する際の蒸れや不快さの対策を考え登場した、
ひんやりとした快適に使える
「超立体COLD MASK/コールドマスク」。

冷感生地を採用し、
マスクの蒸れから逃れ、
涼しく快適な着用感を実現可能にしたマスクです。

三層タイプの超立体型となっているため、
マスクの機能はもちろん、顔にピッタリとフィット。

洗って何度でも使え、蒸れや不快感を解消してくれます。

・接触冷感の「ぴたマスク」

お顔にぴったりフィットする「ぴたマスク」に、
接触冷感タイプが新登場。

夏でも快適な使い心地を実現した接触冷感に加え、
手洗い可能でUVカットもしてくれます。

伸縮性に富んだ素材を使用し、耳にかけた際も痛くなりにくく、
長い時間の使用にもうれしいですね。

洗って何度も使用可能な、環境に優しいマスクです。

きれいなカラーがそろっていて選ぶのも楽しそう。

暑いとき、手っ取り早く確実に涼しくなりたいときは、
やはりお水が一番。

マスクも水で濡らすタイプが登場です。

・口元ひんやり『マスク冷感うるおいシート』

暑い夏でもお手持ちのマスクを快適につけられるアイテムが登場。
シートを水で濡らし、マスクの鼻元に貼るだけ。

シートに含んだ水が熱を吸収、口元のうるおいを保ちながら、
ひんやり涼しく快適に過ごすことができます。

水を吸収する布を利用し、
薬品等を使用せず水だけで冷やすので安全面でも安心ですね。

乾いたら再度水で濡らしてまた冷感を復活させることもできますよ。

冷蔵庫で冷やすと冷たさもアップします。

色々な、冷感接触マスクを紹介しました。

超立体ゴールドマスクがひんやりと感じるのは、
素材が関係していると思います。

ですが、超立体ゴールドマスクの素材についての情報は、
まだ発表されていないようですが、
先ほども紹介した、特殊素材「トリコット」ではないかと思われます。

あとがき

冷感接触マスクは、
楽天やアマゾンで購入する事ができます。

商品によっては、予約受付中や、
6月、7月に順次発送となっている物もあります。

冷感接触ではなく、
通気性が良いという物であれば、手に入り易いかも知れませんね。

ネットをチェックしてみて下さいね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。