楓ともみじの違いは何?カエデの名前の由来や種類の見分け方は?

秋になれば、
赤く染まった葉をあちらこちらで見かけますよね。

もみじは秋の風物詩と言えるでしょう。

そして、
紅葉する植物の代表としては、
もみじ楓(かえで)などがあげられます。

ところで、
もみじと楓の違いは何なのでしょうか。

そこで、今回はもみじと楓の違いについて、
解説していきたいと思います。

楓ともみじの違いは何?

紅葉(こうよう)について解説します。

紅葉とは、
秋に野山の落葉樹が葉っぱを落とす前に、
紅色や黄色に葉っぱの色が変わることです。

これはみなさんも知っている通りです。

『もみじ』とパソコンで打って変換させると、
“紅葉”と表示されることもあります。

そして、これは広い意味での紅葉(こうよう)です。

ちなみに、狭い意味では、
紅色になるもののみを紅葉といい、
黄色になるものは黄葉と表記します。

以上が紅葉の説明ですが、
これが楓と間違えられるわけではありません。

楓との違いが分かりにくいのはもみじのほうです。

なので、
ここからはもみじについて説明したいと思います。

紅葉には広い意味と狭い意味とがありましたが、
それはもみじにも存在します。

まず、
もみじは広い意味では紅葉している葉っぱのうちで、
ひときわ目立つ紅色をしているものを指します。

一方、
狭い意味では楓の中でも特定の種類のことを指しています。

楓の中でも、
葉っぱの切れ込みが深い、
赤ちゃんの手のような形をしているイロハモミジの仲間は、
葉っぱが特別に美しく、好んで鑑賞されたことから、
狭い意味のモミジはこれを指していることが多いでしょう。

そして、
楓と狭い意味でのもみじの見分け方に、
植物学上の定義はありません。

ちなみに、
もみじを指す言葉は他の言語には存在しません。

もみじと楓を呼び分けているのは日本だけです。

例えば、
英語では楓のことをまとめて 「maple(メイプル)」 と言います。

もみじと楓の違いは、ちょっとややこしいですね。

もみじは紅葉している葉の中で、
ひときわ紅色をしているものと覚えておくといいでしょう。

カエデの名前の由来は何?

「楓」は「カエデ」と読み、
カエデ科の樹木全般を表します。

しかし、この漢字が作られた中国では、
「楓」はマンサク科の紅葉高木「フウ」という樹木を意味し、
カエデとはまったく別の樹木を指します。

そもそもの漢字の由来は、
中国の「フウ」という樹木が、
風でよく揺れて木の葉や種子を飛ばすことから、
「木」に「風」をくっつけた
「楓」が作られたことに始まります。

このフウは秋に紅葉するため、
その姿が日本のカエデとよく似ていたことから、
日本では「楓」の文字をカエデに当てるようになりました。

「楓」の樹木は、
手の平のような形をした葉っぱをつける特徴があり、
カエルの手に似ていたことが由来で、
「カエデ(蛙+手)」と名付けられました。

秋になるときれいに紅葉し、
一般的に、赤く色づいた楓の葉っぱを、
「もみじ」と呼んでいると説明しました。

ですから、カエデは、
「楓」よりもモミジとして馴染みがあるかもしれません。

ただ、
園芸や盆栽の世界では葉っぱの切れ込みが浅く、
4つ以下であるトウカエデなどのことを指します。

また、
紅葉した時に、
きれいな紅色にならないものを指す場合もあります。

そして、
モミジと違って楓は世界中に存在する植物ですが、
日本には特に種類が多く、
日本はカエデ科植物の宝庫であると言えます。

楓ともみじ 種類の見分け方は?

じつは日本のもみじの種類は、
約20~30種類もあります。

日本に広く分布する代表的なもみじには、
次の3種類があります。

・イロハモミジ(イロハカエデ)

・ヤマモミジ

・オオミミジ

この3種類です。

これらは見分け方がありますので、
順に説明していきたいと思います。

■イロハモミジ(イロハカエデ)

葉っぱが5つから7つに、
大きく裂けるように分かれています。

多くの場合、若葉の時期は5つ、
成葉になると7つに裂けます。

葉は他のモミジに比べると小さめなので、
別名をコハモミジといいます。

葉っぱに入った切り込みの数を、
子どもたちが「いろはにほへと」と数えて遊んでいたことから、
イロハモミジという名前が付きました。

主に太平洋側に自生し、
川べりや谷合で育ちます。

新緑の緑が美しく、青紅葉(あおもみじ)とも呼ばれ、
秋になると真っ赤に紅葉します。

空気の乾燥に弱く、
強い西日が当たる場所や、
春以降日光の当たる場所では、乾燥で葉っぱが丸まったり、
夏の直射日光で葉が日焼けすることがあります。

お庭に植えている場合、
そのようなときにはイロハモミジ全体に水を掛けることで、
かなり乾燥を防げます。

種は風に乗って遠くまで飛んでいけるよう、
竹とんぼのように水平に開いた形で葉っぱの上につきます。

■ヤマモミジ

先ほどのコハモミジという別名を持つ、
小ぶりなイロハモミジに比べて、
葉の大きさは一回り大きめです。

葉は7つから9つに分かれ、
イロハモミジよりも多く分かれています。

葉は赤の他に、黄色やだいだい色に色づくこともあります。

主に日本海側に自生しています。

■オオモミジ

オオモミジはその名の通り、
他の紅葉よりさらにサイズが大きめです。

長さ7~10センチ、幅7~9センチ程度で、
成葉は7つに裂けるのが基本です。

イロハモミジとヤマモミジは、
葉に大小さまざまなギザギザが並びますが、
オオモミジは小さいギザギザだけが並びます。

また、
このオオモミジは葉の大きさも大きいので、
すぐに見分けがつきますが、
イロハモミジとヤマモミジの大きさは、
あまり変わらないことも多いため、
素人ではなかなか見分けがつきにくいですね。

ヤマモミジとオオモミジの種は、
ブーメラン型かU字型になっています。

そして、楓とはカエデ科カエデ属の植物で、
実は、
もみじもこれに属している事はお伝えしました。

楓は、
カナダの国旗の中央に描かれている、
あの葉っぱがカエデです。

イタヤカエデなど、代表的な楓の形は、
もみじのような手のひらの形はしていません。

葉がまるでカエルの手のような形をしていることから、
カエデといわれていますが、
しかし、楓の仲間の葉は、非常にさまざまな形をしています。

その形や切り込みの数などは、
種類によって全く違います。

例えば、ハウチワカエデという樹木の葉は、
天狗のうちわのような形をしていますし、
チドリノキはサクラの葉のような、
切り込みのない形をしています。

・メイプルシロップってなに?

先ほど、
英語で楓やもみじをメイプルと呼ぶとお伝えしました。

よく、耳にする「メイプルシロップ」とは、
どの様なものなのでしょうか?

メープルシロップは、
カエデの樹液を煮詰めて作った100パーセント天然の食品です。

メープルシロップの原料となる、
サトウカエデの原生林があるのは、
主にカナダの南東部です。

寒暖差のある気候が樹液の生産に適しているのです。

そのため、
カナダのメープルシロップ輸出量は世界1位となっています。

日本で販売されているメープルシロップの、
ほとんどがカナダ産です。

カナダの国旗が、楓なのがよく分かりますね。

あとがき

これからの紅葉シーズン
モミジやカエデのちょっとした知識を知っているだけで、
秋の紅葉を楽しめるのではないでしょうか。

色だけではなく、
形、大きさなど見比べながら、
気持ちよい秋の自然を楽しんでみてくださいね。


応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。