赤ちゃんがベビーカーで外出するときや夜寝るときの暑さ対策に使える100均グッズのおすすめは!

これから夏を迎える季節、日差しがきつくなり、
日中は外に出るのも厳しくなってきます。

また、夜は熱帯夜や湿度により、
寝苦しい夜が続くと日々の体力も奪われてきます。

赤ちゃんは新陳代謝が激しいので、
汗をかきやすく、汗疹にもなりやすいです。

また、大人よりも暑さに弱いですが、
上手く、この夏を乗り越えたいですよね。

だからといって、クーラーや、
扇風機などの電化製品に頼りすぎていると、
電気代ばかりあがっていく…

夏は電気代が2倍になる…

電気代の請求が恐い。。。。。

そうなるのを、少しでも、
工夫と知恵で防げたらいいですよね。

今回は、100均でも手に入る物も、
ご紹介しつつ暑さ対策考えていきます。

最近は、100円ショップの商品の種類も増え、
このクオリティで100円!?と思う商品もたくさんあります。

赤ちゃんにも使えるグッズを見つけて、
賢く家計にも優しく、
夏を乗り越えていきましょう!

スポンサーリンク
  

赤ちゃんの暑さ対策 ベビーカーで外出するときに使えるグッズは?

外出する時は、抱っこ紐かベビーカー、
車だったらチャイルドシートになりますね。

どれも、赤ちゃんにとったら暑いものばかり。

抱っこしたら、背中が汗でぐっしょりなんて事も。

そこで、外出する時にあれば便利なグッズを紹介します。

まずは、抱っこ紐の時。

お母さんと密着している分、
体温は高くなりがちです。

触れ合っている所が暑くなると思うので、
そんな時は保冷剤が役に立ちますね!

内側と外側にひとつずつ保冷剤を、
ガーゼか何かでくるんで入れておいたら、
直接的な冷たさはマシになります。

また、ガチガチに凍っていて硬い場合には、
固まらない保冷剤も売っていますよ!

その他にも、メッシュタイプの抱っこ紐を使ったり、
日傘や帽子を使い、冷却シートを貼っておくようにして、
日焼け止めを使う事も忘れずに!

ベビーカーの場合は、日差しよけがついているので、
直射日光はマシかと思えば、
ベビーカーの中に熱がこもって、
2~3度高くなっている場合もあります。

また、日差しよけが短い場合もありますね。

そんな時は、車用のサンシェードを、
ベビーカーの上から被せておくだけで少しマシになります。

また、小さな扇風機も売っていますので、
ベビーカーの手すりの所に設置しておくと風が入ります。

ドリンクホルダーを手すりにつけたり、
保冷剤を背中に敷いといてあげるだけでも、
赤ちゃんにとったら、だいぶ楽だと思います。

ずっと乗ったままで汗をかくと蒸れて、汗疹になりやすいので、
こまめにタオルで汗を拭いてあげてください。

チャイルドシートに乗せる場合には、、
なんといっても、まずは車の温度を下げておく事が1番です。

その他に、人気の商品として、
カンガルー保冷剤があります。

スポンサーリンク

これは、ママたちに人気な商品で
ベビーカーに使用する事も可能です。

また、サンシェードを使うのも日光の遮断になりますね!

温度を下げるには、日光を遮断するか、
風通しを良くするか、冷却するかが大切となってくるので、
グッズを上手に活用して守ってあげたいですね。

暑さ対策で赤ちゃんが夜寝るときに使えるグッズは?

夜の暑さで寝苦しくて、夜泣きが止まらなかったり、
何度も目を覚ましていると、
お母さん自体の体力もなくなってきますよね。

『頭寒足熱』という言葉がありまして、
暑い時には、頭を冷却し、
寒い時には足を温めるという意味です。

夜寝ている時には、
直接的に触れるアイス枕や保冷剤は、
あまりお勧めしません。

頭の下に敷かなくても、
傍に置いておくだけで温度は下がります。

また、直接的な風よりも、
遠くから空気が回るように扇風機や
クーラーを使ってあげてください。

そんな寝ている時に使えるグッズは、
ひんやりマットです。

寝ているだけでも、少しひんやりして、
気持ちがいいマットです。

小さめな物も売っているので、簡単に洗濯する事が出来ます。

あとは、パイル生地の汗取りガーゼ

寝ている赤ちゃんの背中に挟むだけで、汗を吸い取り、
気持ち悪さから解放し汗疹予防にもなります。

お母さんも、簡単に変えられるので、
1枚背中に挟んで寝かせてあげる事をオススメします。

赤ちゃんの暑さ対策で使える100均のおすすめグッズは?

色々な冷却グッズを出してきましたが、
今は、100均も優秀。

夏に向けて、暑さ防止グッズがたくさん出てきています。

可愛いものから、使いやすい物まで、

100均でもいいものと、
少し値が張ってもお金を出して買うもの、
上手に使い分けていきたいですよね。

そこで、今はどんな冷却グッズが売っているのか紹介します。

☆ひんやり水筒☆

ダイソーで売っているこの商品は、
飲み物自体を凍らさなくでも、中に入れる棒を凍らせておくことで、
冷たさを保つ商品です。

ジュースなどは凍らせると、
甘い部分と水が分離してしまうので、
これなら、そのまま飲む事ができますね!

☆車用サンシェード☆

大きな物から、小さな物まで売っています。

ちょっとした所に切って適当な大きさにしたい時には、
100均のものを使用するのも良いかもしれませんね。

☆冷却スプレー・シート☆

冷却シートは100円で2枚×2袋の4枚入りです。

種類も色々あるようで、ガリガリくんの冷却シートもあるようですよ!

☆保冷剤・氷嚢☆

こちらも、いろいろな種類の保冷剤が販売されており、
見た目に可愛い物から、固まらない保冷剤などもあります。

用途によって、分けて購入もありかもですね!

☆扇風機☆

若い子たちが、みんな手に持っているミニ扇風機。

無風で、蒸し暑い時に、少し風があるだけでも違いますよね。

簡単に使用したい場合には100均の物を
使ってみてはいかがですか?

☆クールタオル☆

水で濡らすだけで、冷たくなるタオルを、
少し肩からかけておくだけでも、体温を下げる事が出来ます。

乾いたら、また濡らせばいいので、
使い勝手も良さそうです。

☆赤ちゃん快適クッション☆

保冷剤を入れられる事ができるクッションで、
ベビーカーにも取り付けられます。

あとがき

夏の暑さ防止グッズ、色々出ていますね!
スーパーや薬局に行かなくても、
まずは、100均で使えそうな物を試してみて、
消耗が激しい場合や、使い勝手が悪かった物にお金をかけていくのも、
賢い方法かもしれませんね!

何回も使用するものや数が必要なものは、
100均でも十分かと思います。

電化製品に頼る前に出来る工夫をして、
この夏の暑さを上手に乗り越えていきたいものですね!

スポンサーリンク