サンドイッチの具で人気ランキング1位は何?具材の定番と変わり種でおすすめは?

片手で気軽に食べられる サンドイッチ

コンビニで購入できることもあり、
おにぎりと並んで人気者です。

朝食や昼食に、
サンドイッチを食べるという人も多いのではないでしょうか。

サンドイッチの具材では何に人気があるのでしょうか?

美味しいサンドウィッチを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

サンドイッチの具で人気ランキング1位は何?

サンドイッチの具材で一番人気なのは

1位は、「ゆで卵」

サンドイッチのゆで卵といえば、
ゆでた卵を適度につぶしマヨネーズであえたものが一般的。

プリッとした白身の食感と、コクがある黄身、
そしてマヨネーズのまろやかさがプラスされ、
その絶妙なバランスに魅了される人が多数。

挟まれることで、
パンが適度にしっとりして食べやすくなるのもゆで卵の魅力。

「絶対にゆで卵が入っているサンドイッチを選ぶ」という人が多く、
ダントツの1位となりました。

やはり、たまごが一位でした、納得です。

他の具材のランキングもみてみましょう。

2位は「ハム」

パンに挟むハムといえば、薄くスライスされたハム。

適度な塩気が、
シンプルなサンドイッチのアクセントになってくれます。

かみ切りやすく、他の食材との相性も抜群。

ハムが挟んであるだけで食べ応えがアップすることから、
男性人気も高いようです。

薄くスライスされたハムを、
ギュッと重ねて挟んである断面を見るだけで、
テンションが上がるという人も多く、2位に選ばれました。

3位は「ツナ」

サンドイッチの定番具材の1つであるツナ。

ツナにマヨネーズをあえたことで、
まろやかでコクのある味わいになっています。

シンプルなパンに、こってりとしたツナが挟まれることで、
サンドイッチの満足度が一気に上がると感じている人が多数。

外せない具材と位置づける人が多く、3位となりました。

トップ10は下記の様になりました。

1位:ゆで卵
2位:ハム
3位:ツナ
4位:とんかつ
5位:卵焼き
6位:チーズ
7位:レタス
8位:照り焼きチキン
9位:ポテトサラダ
10位:ハムカツ

どれも美味しそうですね。

一位のたまごは、
二位のハムを離してダントツで一位だったそうです。

サンドイッチの具材の定番は何?

定番の具材も、
人気のある具材がたまご、ハム、ツナですね。

ここでは、レシピも紹介します。

ふわふわのおいしい定番の卵サンドイッチです。

食感がソフトで滑らかになるので、
牛乳か生クリームを加えます。

茹でた卵を黄身と白身にわけます。

黄身を潰して味付けして白身を加えることで味が馴染みやすく、
おいしい仕上がりになります。

卵に少量の溶かしバターを加えることで、
風味と旨みが増します。

水分を充分に切ったきゅうりやレタスと一緒に挟むと、
色合いも良くなります。

人気のおすすめたまごサンドイッチです。

・8枚切り食パン4枚
・卵2個
・牛乳大さじ1/2~1
・マヨネーズ大さじ1~2

・塩/こしょう少々
・砂糖少々
・マスタード適量
・無塩バター適量

1.10分程度茹でた卵を冷水で冷やします。

殻をむき、黄身と白身に分けます。

黄身を潰して、マヨネーズと牛乳を加えて混ぜ、
バターも加えて混ぜます。

白身をみじん切りにして、
黄身に加え、塩・こしょう・砂糖で味を調えます。

2.パンにバターとマスタードを塗り、卵を挟みます。

二組作り形を整え重ねて、
固く絞った布巾で包んで軽く重石をします。

3.サンドイッチが落ち着いいたら、
好みの大きさに切って、出来上がりです。

こちらも定番です、ハムサンドイッチです。

ハム+野菜・ハム+チーズと組み合わせは数多くあります。

スポンサーリンク

厚めのふわふわパンを使っています。

マヨネーズにマスタードを少し加え、
からしマヨネーズにしても大人味でおすすめです。

・食パン6枚切り2枚
・ハム3枚
・きゅうりスライス4枚
・バター 適量
・マヨネーズ適量

1.きゅうりは斜め長めに4枚スライスします。

2.パンにバターを塗りボードの上に2枚並べて置き、
両方にマヨネーズも塗ります。

3.パンの枠にはまる様にハム3枚をずらして置き、
その上にきゅうりも並べます。

パンを上からかぶせます。

4.水に湿らせ、固く絞った布巾で包み、
軽く重石をして、落ち着かせます

5.耳を全部切り落とし、
出来上がりが三角になるよう斜めに切ります。

これも定番ですね。

味・食感・見栄えと、三拍子そろった、
人気の定番サンドイッチのツナサンドです。

ツナサンドは、
ツナ・オニオン・マヨネーズ・パン粉の組み合わせで、
絶妙な味わいです。

きゅうりを刻んで入れたり、
レタスなどを挟んだりいろんなアレンジが出来ます。

・ツナ小缶1缶
・玉ねぎ中1/2
・バター10g
・パン粉1/2カップ
・マヨネーズ大さじ4~5
・胡椒適量
・サンドイッチ用食パン6枚

1.玉ねぎはみじん切りにして水にさらしておきます。

2.フライパンを熱しバターを溶かし
、パン粉をきつね色になるまで炒めます。

3.ボールに、
水気をしっかり取った玉ねぎ・油をきったツナ・マヨネーズを入れ、
混ぜ合わせパン粉を加えます。

好みでコショウ少々振り、ツナフィリングのできあがりです。

4.サンドイッチ用食パンにバターを塗り、
ツナフィリングを三等分してパンに挟みます。

5.レシピの分量で3つ分出来ます。

ラップに包んで5分ほどおき、馴染ませます。

サンドイッチは、買って食べるのも良いのですが、
作って食べるのも楽しそうですね。

サンドイッチの具 変わり種でおすすめの具材は?

挟むものによって、
ごはんにも、おやつにもなるサンドイッチ、
その具材は無限と言われています。

変わり種のサンドイッチを紹介します。

・卵焼きサンドイッチ

関西では卵サンドといえばこちらだという卵焼きサンドイッチ。

卵焼きとマヨネーズの相性がとてもいいです。

ポロポロ崩れにくく食べやすいのもおススメです。

・竹輪の磯辺揚げサンド

こちらはなんと、
竹輪パンならぬ竹輪の磯辺揚げと海苔のホットサンドです。

もちろん竹輪のなかにはチーズが入っています。

間違いなしの味とボリュームです。

・はんぺんと海苔のサンドイッチ

材料全てが和風のサンドイッチですね。

はんぺんに海苔の佃煮です。

ご飯に合いそうな組み合わせがパンにも抜群のマッチです。

・カラフルフルーツサンドイッチ

彩りも鮮やかなフルーツサンドは、
SNS映えしそうですね。

・エスニック風さばサンド

うま味がたっぷりつまった、
人気のさば缶を使ったサンドイッチのレシピです。

パクチーを組み合わせてエスニック風に仕上げています。

野菜のしゃきしゃきした食感が感じられ、
バゲットにはさめばボリュームたっぷり。

玉ねぎは薄切りにしてから電子レンジで加熱すると、
辛味が飛んで食べやすくなります。

・チョコバナナのサンドイッチ

チョコレートとバナナも、
安定感のある定番の組み合わせですよね。

こちらは市販のチョコホイップにバナナをはさみ、
サンドイッチにしています。

チョコレートの苦みがバナナの甘みを引き立てて、
抜群のおいしさですよ。

もちろん普通のホイップクリームで作ってもOKですよ。

色々紹介しましたが、
サンドイッチがここまで進化しているんだなと思い、驚きです。

私は、サバサンドを試してみようと思います。

あとがき

イギリスのサンドイッチ伯爵が名前の由来のサンドイッチ。

カードゲームの最中でも食べやすいと、
当時の貴族階級に愛されたメニューです。

片手で手軽に食べられ、具材の組み合わせも無限大!

ちゃんとした食事にも軽食にもなるおすすめのメニューです。

せっかく食べるのならより美味しく・より楽しく食べましょう。

スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。