燻製の作り方 フライパンで作る方法は?おすすめの食材と下ごしらえの仕方

燻製と言えば、
サラミや生ハム、スモークサーモンなどが有名です。

燻製は、いぶすことで食べ物の日持ちを良くしたり、
香ばしい香りをつけたりした食材のことです。

燻製は、昔の人が考え出した、
食品を長期間保存するための調理方法なのですが、
いまでは、燻製にすることによってつけられた香りを楽しんだり、
燻製にすることで変わった食材の食感や味わいを楽しむことができます。

ここでは、自宅でフライパンを使ってできる簡単な燻製の作り方と、
燻製するとさらにおいしくなる食材や、
燻製の仕方についてまとめてみました。

スポンサーリンク
  

自家製の燻製を作るときのフライパンで作る作り方は?

☆自宅で燻製を作れるの?

燻製づくりと言えば、
今まではキャンプなどアウトドアのイメージがありました。

しかし近年、
自宅でフライパンを使って燻製を作る人が増えているんです!

自宅で燻製なんて、
特別な道具が必要なんじゃない?と思っている方も多いと思います。

難しそうに感じますが、
必要な道具も少なく、簡単に試してみることができますよ。

☆自宅で燻製づくりに必要な道具

自宅で燻製をつくるのに必要な道具は、

・フライパンと蓋(すきまなくぴったりしているもの)

・金網

・アルミホイル

・スモークチップ

これだけです!

金網は100均などにも売っていますし、
スモークチップはホームセンターやアウトドアショップで売られています。

本格度は落ちますが、
スモークチップの代わりにお茶の葉と砂糖を使う方法もあるんです。

好きな香り・方法で選んでみてください。

☆フライパンのセットの仕方

フライパンにアルミホイルをしき、
その上にチップ(またはお茶の葉と砂糖)を入れます。

そこに金網を入れてセットは完了です。

底が丸くなっているフライパンを使うと、金網が上手にセットできます。

☆フライパンで燻製を作る作り方

上記で道具を紹介したので、
ここではさっそくフライパンで燻製の作り方を紹介していきます。

1、食材に下味をつける

2、乾燥させる

  風通しの良い場所で十分に乾燥させてください。

  食材の表面に水分があると、
  煙と水分が反応し、酸味や苦みがでてしまいます。

3、スモークする。

  食材を入れ、フライパンに火をつけ、蓋をします。
 
  チップから煙が出るまでは、強火で加熱してください。

  煙が出てきたら中火~弱火にします。

  約10分で完成です。

たったこれだけでお店のような燻製ができてしまいます!

どこの家庭にも必ず一つはあるフライパン。料理で使わない日はありません。テフロン、鉄、アルミなど、素材も様々で、価格も安いものから、高価なものまで、種類はたくさんあります。そんなフライパンの中でも、最も普及しているのが、「フッ素(テフロン)加工フライパン」です。焦げ付きにくい使い勝手の良さと、安価な価格から、絶大な人気を誇っています。しかし、時にはうっかりフライパンを焦がしてしまうこともあります。そんな時は、どうすれば焦げが落ちるのでしょうか?力任せにこすると、逆にフライパンを傷めてしまいそうで、どうすればいいかわからない時、焦げの取り方が分からなくて困ってしまった時、是非、紹介する方法を試してみてください。

燻製を作るときのおすすめ食材は?

☆燻製に向いているのは?

燻製は、水分を飛ばして乾燥させ、
うまみを凝縮させています。

スポンサーリンク

そのため、最初から水分の少ないものを選ぶと、
初心者でも失敗しにくいです。

例としては、適度に油分を含んでいる肉や魚のほか、
味がついているナッツやドライフルーツは簡単にできます。

水分の多い野菜や果物は初心者には難しいようです。

☆王道はこれ!

スモークといえば、
たまご、チーズ、ベーコン、サーモンが代表的ですね。

ちょっとしたスナックにも、おかずの一品にもなります。

それぞれの作り方についてはこの下の項目で紹介しています。

☆変わり種?調味料

なんと調味料も燻製にできてしまいます。

醤油や黒コショウ、オリーブオイルがおすすめです。

深い味わいになり、料理のアクセントにもってこいの味になります。

燻製を作るとき 食材の下ごしらえの仕方は?

それでは、それぞれの食材の下ごしらえの方法を紹介します。

☆肉

下味をつけます。

これは味をつけるだけではなく、
殺菌と保存効果を高めるためにもなっているのです。

初心者は塩や胡椒をかけるだけで十分でしょう。

☆魚

切り身の刺身用の魚がおすすめです。

なるべく塊になっているものを使いましょう。

こちらも下味をつけるだけです。

☆ナッツ・ドライフルーツ・チーズ・ベーコン

これらは金網の上にのせて燻製するだけでできてしまいます!

初心者にもおすすめです。

☆たまご

好きな硬さのゆでたまごをつくります。

おすすめは半熟です。

これにめんつゆなどで味をしみこませ、
味付きたまごをつくります。

あとは燻製するだけです。

☆調味料

調味料が入る大きさの器に、調味料を入れましょう。

あとは金網の上にのせて燻製するだけです。

夏が近くなると、だんだん待ち遠しくなる食べ物の一つに「とうもろこし」があります。その甘さや美味しさに、バーベキューにも食卓にも登場し、夏の風物詩と言ってもいいくらい、無性に食べたくなってしまいます。しかし、人前で丸かじりするのが気になる、食べカスや皮が歯につまって困ってしまった・・・。という経験をした方も少なくないのではないでしょうか。ちょっとしたコツで、歯につまらずにきれいに食べられる方法や、上手に粒をもぎ取ることができるのをご存じでしょうか。些細なことでも知っていると、今後、とうもろこしを気取らずに、気軽に楽しく食べられますね!

あとがき

フライパンで燻製の作り方について説明してきましたが、
いかがでしたか?

フライパン、アルミホイル、金網、チップという、
少ない道具で簡単にできることが分かりました。

燻製できる食材もいろいろあるので、
ぜひお好きな食材で試してみてください。

スポンサーリンク