りんご酢の効果的な飲み方は?飲むタイミングや美味しく飲む方法は?

昔から万能薬として使われてきたりんご酢は、
ダイエットを成功させる鍵を握ると注目されています。

しかも、血糖値のコントロールから心臓の健康改善まで、
幅広い健康効果もあると言われています。

最近では、
お茶やスムージー、サラダドレッシングなど、
食べ物や飲み物にリンゴ酢が入っていることも、
よく目にするのではないでしょうか。

今回は、
りんご酢の効果的な飲み方、飲むタイミング、
美味しく飲む方法を紹介したいと思います。

りんご酢の効果的な飲み方は?

リンゴ酢は、ほかのお酢と同じく酢酸を含むため、
そのまま飲むと胃を痛めてしまう可能性があります。

ですので、
水や牛乳で割って飲むのがおススメです。

割って飲むことで、
お酢の独特な酸味が抑えられ、
マイルドな仕上がりになります。

酢には様々な健康効果があり、
近年テレビや雑誌でも数多く取り上げられています。

その中でも特に高い効果が期待されているものを紹介します。

■ダイエット効果

酢に含まれている酢酸、クエン酸、アミノ酸が、
ダイエットに効果があると言われています。

酢酸には脂肪の蓄積を抑える効果があります。

さらにクエン酸で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費し、
アミノ酸で脂肪の燃焼を促す効果が期待されています。

運動する30分~1時間前に酢を摂取して運動すると、
最も効率が良いと言われています。

■疲労回復効果

お酢に含まれるアミノ酸とクエン酸が、
疲労回復のスピードを速めてくれる効果があります。

運動の後や、
忙しい仕事の後に酢を摂り入れると、
効率よく疲労回復を行ってくれます。

■血糖値の上昇を抑える

血糖値は主に食事を介して上がっていきます。

食事をとることで急激に上がってしまった血糖値を、
抑える効果が酢にはあります。

■抗菌作用

古くから伝わる知恵で、
酢を使って、
食べ物を傷みにくくするという言い伝えがあります。

実はこの効果が、
実際に科学的面からも検証され、
細菌の繁殖を抑える効果があることが発見されました。

大腸菌やサルモネラ菌など、
人間の身体に害を及ぼす菌に対しても効果が実証されています。

■腸内環境を整える

酢に含まれる酢酸には、
腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、
腸内環境を整える効果があります。

原液ではなく、
薄めた酢でもこの効果が得られます。

便通も良くなるので、
便秘対策にも効果が期待されています。

りんご酢を効果的に飲むタイミングは?

りんご酢を飲むタイミングは、
1日に飲む回数は1~2回、
飲む量も1回あたり最大で大さじ2杯程度に収めましょう。

血糖値の上昇を抑えるのが目的であれば、
食事と一緒に摂るのがイチオシです。

食前に摂るのも効果的と言われていますが、
空腹時は胃への負担が大きくなってしまう可能性があるので、
気を付けましょう。

リンゴ酢に期待する健康効果と、
胃の調子を考えながら、りんご酢を摂取して下さい。

そして、りんご酢を朝飲むなら、
歯を磨いてから飲むのが良いと言われています。

酸による歯の侵食が起こる前に、
酸蝕(酸によって歯が溶ける症状)
を防ぐ効果のある歯磨き粉をつけて、
ブラッシングするのがおススメです。

もしくは酸による侵食のあと、
フッ素入りのマウスウォッシュで口の中をすすぐことで、
侵食を和らげることができるでしょう。

りんご酢のデメリット①

酢酸成分で歯や胃を荒らしてしまう

酢には酢酸(さくさん)成分と呼ばれる酸が含まれています。

酸というだけあって、
多少なりとも物を溶かす力があります。

歯の表面はエナメル質という膜で覆われていて、
これらが溶けてしまうと虫歯になったり知覚過敏になったり、
口腔内トラブルの原因となってしまいます。

また、胃腸の弱い方も注意です。

酢酸成分が胃腸内を刺激して荒れてしまい、
胃痛の原因となってしまうこともあります。

りんご酢デメリット②

原液で飲まないことが大切

酢は調味料です。

調味料をそのまま飲むということは、
その他の調味料でもしないと思います。

基本的にはお料理に使って頂き、
多めの炭酸や水で割るなどして摂取すると良いです。

特にお料理に混ぜていただくと、
噛んだ際に出る唾液が、酢の酢酸成分を中和してくれます。

お料理の美味しい味と酢の健康効果が得られるので、
非常に効率が良いと思われます。

・お酢のドリンクの後はうがいを

酢の成分をダイレクトに得たい場合は、
やはり酢ドリンクが手軽ですが、
酢酸成分もダイレクトに受けてしまうので、
この場合は飲んだ後にうがいをすることが大切です。

口内に残った酢酸成分をうがいで除去して、
歯のエナメル質を酢酸から守る事ができます。

うがいする場所がない際には、
水やお茶で歯に付いている酢をすすぐよう飲むのも効果的です。

メリットが多いりんご酢ですが、
デメリットも報告されています。

一日に摂取する量と、
飲むタイミングを良く確認して飲む様にしましょう。

りんご酢を美味しく飲む方法は?

りんご酢は、牛乳で割ったり、
水で割ったりして飲むととても美味しいですよね。

ですが、
これだけだと、飽きてしまいそうです。

牛乳や水以外で、
美味しく飲める方法を紹介したいと思います。

★はちみつりんご酢

材料と作り方

【材料】
・はちみつ 小さじ2
・りんご酢 小さじ1.5
・レモン汁 小さじ1

【作り方】
1.グラスに全ての材料と氷を入れ、
水を入れたらよくまぜれば出来上がりです。

★りんご酢とブルーベリー

材料と作り方

【材料】
・りんご酢      小さじ2
・ブルーベリージャム 大さじ1.5
・水         100cc
・湯         50cc
・レモン汁      小さじ1
・氷         お好みで

【作り方】
1.耐熱のグラスにジャムと熱湯を入れ、よく混ぜます。
2.その他の材料を加え混ぜ、氷を入れたら出来上がりです。

★りんご紅茶

材料と作り方

【材料】
・紅茶のティーバッグ 1個
・熱湯        200cc
・砂糖        小さじ1
・りんご酢      小さじ1

【作り方】
1.カップにティーバッグを入れ、熱湯を注ぎ入れます。
2.砂糖とりんご酢を加えたら完成です。

★りんご酢入りグレープソーダ

材料と作り方

【材料】
・水           50cc
・重曹(食用のもの)   小さじ1/2
・100%グレープジュース 150cc
・りんご酢         大さじ1~2(お好みで調整)
・レモン汁         大さじ1

【作り方】
1.グラスに重曹と水を入れ、しっかり混ぜ氷を入れます。
2.グレープジュースを入れ、軽く混ぜましょう。
3.りんご酢を入れ混ぜたら、
レモン汁を入れて混ぜれば出来上がりです。

あとがき

りんご酢は毎日少しずつ飲むことで、
健康や美容に効果があると言われています。

「この飲み方なら、飽きずに続けられそう」と思われた、
あなた好みの飲み方はありましたか?

王道の水割り以外にも、
お好みのアレンジ方法を試すと楽しく続けられそうですね。

なお、
お酢は空腹時にたくさん摂取すると、
胃に負担がかかる場合があります。

量を加減しながら、おいしく飲んでくださいね。


応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。