トリュフってどこで取れるの?どんな味で何からできているの?

フランス料理などの高級食材として有名な『トリュフ』
食べたことあります?

豚が探すことで知られているトリュフですが、
トリュフって、どういうところで採れるのでしょうか?

どんな味をしていて、何からできているのか、
気になりますよね。

さまざまな魅力があるトリュフについて調べてみました。

トリュフってどこで取れるの?

■トリュフとは?

世界三大珍味の一つである『トリュフ』

フランス料理の香り付けなどに用いられています。

このトリュフは、
実は、きのこの一種なのです。

トリュフの、日本名は『西洋松露』、
「せいようしょうろ」と読みます。

楢や樫の林に自生しています。

人間が、飼育・養殖することがむずかしいとされているため、
一定の訓練を受けた犬や豚が探し当てることが一般的です。

そのため希少価値が高いのです。

イタリアやフランスの林の土中に埋まっていることが多く、
「黒いダイヤ」と呼ばれているそうです。

トリュフには「白トリュフ」と「黒トリュフ」があります。

それぞれの、
トリュフについて、解説していきます。

★白トリュフ

白トリュフは、
人工栽培の技術が確立されておらず、
限られた条件の
特別な自然環境の中でしか育つことができません。

・白トリュフの産地

白トリュフの産地でいちばん有名なのは、
北イタリアの西部にあるアルバという街の近郊に広がる、
緩やかな丘陵地帯です。

アルバでは毎年10~11月の週末に、
国際白トリュフ祭りが開催され、
世界中から白トリュフを買い求めにたくさんの人が集まります。

数は少ないですが、
日本やタイでも白いトリュフが発見され、
注目を集めています。

日本では、近年2種類の新種のトリュフが発見され、
研究の結果、
20種類以上のトリュフが存在する可能性が高まってきました。

しかし、
食材として売買されることはあまりないようです。

★黒トリュフ

黒トリュフは、
白トリュフと産地や調理方法、
産出量などに違いがあります。

黒トリュフは加熱するとより香りが出るため、
加熱調理に適しています。

もちろん生でも食すことができるため、
幅広い料理に使用できる食材です。

・黒トリュフの産地

黒トリュフは多くの地域で採られ、
フランスのペリゴール産や、
イタリアのノルチャ産のものが有名です。

また香りも白トリュフとは異なり、
湿った土や森、
マッシュルームなどに例えられます。

さらに黒トリュフは栽培に成功している種類もあり、
産出量が白トリュフに比べて多いため、
価格が控えめになっています。

■チョコレートの「トリュフ」

チョコレートの種類にもトリュフがあります。

こちらは、
ガナッシュを丸く成形し、
ココアやチョコレートを上からかけて作るものです。

見た目がきのこのトリュフに似ていることから
「トリュフ」と名付けられたようです。

トリュフってどんな味?

トリュフは種類によって味や香り、
食感まで違います。

黒トリュフと白トリュフの味、香り、
食感について見ていきましょう。

★白トリュフ

白トリュフの食感は、
黒トリュフに比べて少しやわらかめだと言われています。

香りは、人によって感じ方が異なるようですが、
ガソリンの匂い、ニンニクの匂い、獣の匂い、
アーモンドの匂いなどが挙げられます。

★黒トリュフ

加熱して食べることが多い黒トリュフは、
サクッとした歯ごたえのある食感が特徴です。

香りは、
新鮮な土の匂いや森の中の匂いと言われているそうです。

■味・食感

トリュフの味に関しては、
多くの方がほとんどしないと感じると思います。

初めて食べた方は、
これがトリュフなのかなと思ってしまうくらい無味なのだとか。

食感はサクッとしているそうです。

トリュフの決め手は、味ではなく、
むしろ香りにあるからなのです。

■香り

トリュフは、
味ではなく香りを食べていると言ってもよいくらい、
香りが豊かなものとして知られています。

香りを楽しむものとして本場では扱われています。

グルメな方々が集う高級レストランで、
トリュフが使われている理由が分かりますよね。

トリュフって何からできているの?

フレッシュトリュフの成分は80%水分です。

栄養成分は、下記の通りです。

水分 82.58~82.80
灰分 1.97~1.7
窒素 0.88~0.87
非たんぱく質性窒素 0.23~0.14
たんぱく質 4.13~4.5
脂質 2.08~1.90
水溶性炭水化物 0.36~0.17
食物繊維 8.43~8.13

また微量のミネラルも含まれています。
(カリウム、カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛、銅)そしてビタミン(B1,B2,B3,C)

トリュフには、
さほどの栄養価はありませんが、
香りを楽しむ物という事が、よく分かると思います。

トリュフは、専門通販サイトや、
楽天などで購入する事ができます。

しかし、その価格は、高価です。

ここからは、トリュフを使ったレシピを紹介します。

★トリュフのスパゲティ

【 材料 】

・トリュフ
・オリーブオイル(大3)
・塩
・白ワイン20ml
・にんにく2かけ
・パセリ

【 作り方 】

1.フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れてから火にかける。オリーブオイルに、
にんにくの香りがつく(色づく程度)まで中火で炒める。

2.1に薄切りの黒トリュフと白ワインを加えて、
パスタと絡みやすくなる程度まで強火で手早く火を通す。

3.塩こしょうで味を整えたら、
ゆで上がったパスタとよく絡めて皿に盛り付け
パセリを散らしてできあがり。

最後に生のトリュフを薄削りにして
上から散らすとさらに良いです。

★トリュフオムレツ

まぜ過ぎず、焼き過ぎず、香りを引き出します。

【 材料 】

・黒トリュフ 1個(15~20g) 
・卵 3個 
・塩 少々
・生クリーム 大さじ1 
・バター(又はオリーブオイル) 少々 

【 作り方 】

1.黒トリュフを、薄切りします
(スライサーを使うと便利)。

2.ボウルに、生玉子・トリュフ・塩を入れ、
ざっくりかき混ぜ、20分放置します。

3.焼く直前に生クリームを加え、
かき混ぜます。

4.熱したフライパンにバターをひき、
中が半熟になるよう焼いて出来上がり。

★サーモンのトリュフソースかけ

【 材料 】
・サーモン2切れ
・トリュフ1個
・パセリ 少々
・生クリーム1カップ
・醤油 少々
・塩・胡椒 少々
・バター30g

【 作り方 】

1.サーモンに塩・胡椒をふり、
30分程度置いてからバターでソテーする

2.サーモンに火が通ったらトリュフを入れる

3.キノコに火が通ったら生クリームと、醤油を入れて、
全体に絡ませる

4.塩コショウで味を調えてお皿に盛り、
パセリとトリュフをかけて出来上がり

★トリュフ茶碗蒸し

【 材料 】
・トリュフ1個
・卵2個
・鶏肉2口大
・海老4尾
・コンソメスープ300cc
・塩 適量
・生クリーム20cc

【 作り方 】

1.だし汁に溶いた卵と生クリームを茶漉しでこして入れる

2.器に、具作をいれ、その中に1を入れる

3.土鍋に水を3分の1程度入れ、その中に2を入れる

4.器、鍋に蓋をして、
弱火で固まり具合をチェックしながら、蒸してしてください

コツ・ポイント
火加減は必ず弱火ですることです。

火加減が強いとスが入ってしまいます。

トリュフを使ったレシピ、如何だったでしょうか?

トリュフが高価なので、
他の材料は、比較的揃え易い食材をチョイスしました。

特別な日に、作ってみて下さいね。

あとがき

トリュフは高価なうえ、入手が困難な食材です。

イタリアでもシーズン以外には
フレッシュトリュフを味わうことはできません。

そのような時に大変重宝するのが、
トリュフを使用した調味料です。

白トリュフの香りを楽しむことができ、
保存もきくので多くの方に愛用されています。

トリュフを使用した、
調味料をいくつか紹介します。

・白トリュフオイル

白トリュフオイルは、
白トリュフのエキスをオイルに封じ込めたものです。

温かい料理に数滴振りかけるだけで、
白トリュフの魅惑的な香りを楽しむことができます。

白トリュフオイルは、
ネットで購入する事ができます。

価格は、1500円~5000円と
お求め易い価格になっています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白トリュフオイル 40ml x 2本 イナウディ ギフト INAUDI
価格:4392円(税込、送料無料) (2020/12/6時点)

他にも、
白トリュフバター、
白トリュフハチミツ、
白トリュフ塩などもあります。

どれも、料理に使いやすく、
手軽にトリュフの香りが楽しめます。

おうちでトリュフの香りを楽しるのは、嬉しいですね。


応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。