聖護院蕪と聖護院大根の違いは?それぞれの特徴と見分け方や食べ方は?

聖護院大根と聖護院蕪(かぶら)は、
どちらも大きくて丸い根菜で、
聖護院という名前がついている通り京野菜の一つです。

どちらもとても美味しい冬が旬の野菜です。

聖護院蕪と聖護院大根の違いにつて、
それぞれの特徴と見分け方や食べ方を紹介したいと思います。

聖護院蕪と聖護院大根の違いは?

聖護院(しょうごいん)は、
京都の有名な修験道のお寺の名前ですので
聞いたことがある方も多いと思います。


京野菜には、
他にもお寺の名前がついた万願寺とうがらしや、
京人参、賀茂茄子、九条ネギ、京水菜、壬生菜などがあります。

■聖護院蕪

聖護院蕪は、
おもに関西地方で栽培されている大型の丸蕪です。

直径は15~20cm程度、
重さは1.5~3kgほどになり、
やや扁平のふっくらとした丸形です。

皮はきれいな白色で、肉質は緻密できめ細かく、
やわらかくてほのかに甘味があります。

聖護院かぶらは漬け物に適していて、
京都では千枚漬けの材料として有名です。

もちろん漬け物だけでなく、
煮崩れしにくいので煮物や、
すりおろしてかぶら蒸しなどにも利用できます。

ちなみに聖護院蕪は、京都が原産ですが、
隣の滋賀県で作られていた
「近江かぶ」が起源といわれています。

江戸時代から栽培が行われていて、
伝統野菜として今日に受け継がれています。

■聖護院大根

京野菜として有名な
「聖護院大根(しょうごいんだいこん)」は、
京都を中心におもに関西地方で栽培されている
丸形の大根です。

直径が18cm前後、重さが1~2kgほどになり、
大きくてふっくらと丸い形をしています。

やわらかくてきめ細かく、煮崩れしにくいのが特徴。

甘味があり、
煮物にするとなめらかな口当たりになります。

聖護院大根はもともと長大根が由来といわれています。

江戸時代に左京区聖護院地区において、
短くて太いものを選抜していくうちに丸くなっていき、
丸大根として定着したそうです。

聖護院蕪と聖護院大根の違いは、
「聖護院蕪」はカブの一品種、

「聖護院大根」はダイコンの一品種で、
植物的には、全く違う物というところです。

聖護院蕪と聖護院大根 それぞれの特徴と見分け方は?

似て非なる物といっていい、
聖護院蕪と聖護院大根。

その、見分け方を見ていきたいと思います。

見分け方 その1

■葉の形が違う

見分けるポイントはいくつかありますが、
一番わかりやすいのは葉の形です。

聖護院大根の葉はギザギザに切れ込みが入っていて、
葉の付け根の方は茎に鋸状に小さく、
三角形に近い形の葉がつき、
先の方に行くにつれて葉が大きくなっています。

聖護院かぶらは、
葉に切れ込みはなく葉先に向けてまあるく
1枚葉がついています。

通常の長い大根や蕪の葉と同じですので、
葉の形で見分けることができます。

見分け方 その2

■株元の色が違う

聖護院大根と聖護院蕪は、
どちらも根が肥大して丸くなり、
形の上では見分けがつきにくいのですが、
肥大した根の首のところ、株元の色が違います。

聖護院大根は、首のところ、
土の上に少しだけ顔を出した部分は、
青首大根のようにうっすらと緑色になります。

聖護院蕪のほうは、
通常サイズの蕪と同様に真っ白なままです。

売っている普通サイズのかぶも、
首のところは緑色になっていないので、
それを参考にしていただくとよいと思います。

これで葉の形と首のところの色を見れば、
聖護院大根と聖護院蕪の違いを
見分けることができると思います。

見分け方 その3

■聖護院大根の料理の使い方

聖護院大根は、
火を通しても煮崩れしないので、
煮物やおでんに使われます。

煮込むのに時間がかかる豚バラ大根やぶり大根、
おでんを聖護院大根で作ると、
普通の大根よりもしっかりした食感で、
でも柔らかく煮えるのでとても美味しい煮物になります。

煮崩れしにくいので、
うんと大きめに切って、
じっくり味を染み込ませるのがおすすめです。

また、煮物だけでなく、
漬物にして利用することもできます。

見分け方 4

■聖護院蕪の料理の使い方

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

樽入り千枚漬け 楽天限定サイズ(送料込み)
価格:3980円(税込、送料無料) (2020/12/6時点)

京都の漬物でとても有名な千枚漬け。

これは、聖護院蕪で作るのが本来の千枚漬けです。

京漬物の土産店などで売られている千枚漬けは、
聖護院蕪が使われていますので、
これは、
聖護院大根と聖護院蕪を間違えることはないと思います。

聖護院大根を聖護院蕪の代用にして千枚漬けを作っても、
千枚漬け特有のつるっとした食感にはなりにくいです。

昆布のとろみで、
つるっとした滑らかな食感を楽しむのであれば、
やはり聖護院蕪じゃないと、
『千枚漬け』という感じにはなりません。

聖護院蕪は火を通しても美味しいので、
美味しい出汁を煮含ませた煮物にしたり、
洋風のクリーム煮などにしても美味しいです。

味は聖護院蕪のほうが聖護院大根よりも優しいので、
豚バラやぶりと合わせるのは、
聖護院大根の方が向いています。

聖護院蕪は油揚げや厚揚げなどと、
薄味で上品な味つけの煮物に仕上げるのがおすすめです。

見分け方 その5

■栽培、育て方の違い

聖護院大根も聖護院蕪も育て方は、ほぼ一緒です。

ただし育てている過程では、
それは聖護院大根の方が
育てやすい、と言われています。

秋の種まきの場合、
基本的に病害虫はほとんど関係ないのですが、
それでも聖護院蕪は、
葉が大根より薄くて柔らかいためか、
畑で育てると虫に狙われやすく、
葉に穴が開くことが多いのです。

プランターで綺麗な用土を使って育てれば、
そのリスクは減らせると思いますが、
聖護院大根も聖護院蕪も大きくなるため、
かなり大きなプランターや鉢が必要です。

聖護院蕪と聖護院大根 それぞれの食べ方は?

■聖護院蕪の食べ方

聖護院蕪は、
特に寒さによりおいしさが一段とさえてきます。

白くて甘味があり、
食物繊維が少なくなめらかで、やわらかいのが特徴です。

栄養成分は根と葉で違い、
根の部分は、
ビタミンCや分解酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)を多く含み、
ジアスターゼは、胸やけの不快感をとったり、
食べ過ぎの時の消化吸収を助けるなど、
整腸効果があります。

葉は緑黄色野菜で、
カロテン・ビタミンC・鉄・カルシウム・カリウム
食物繊維などが含まれています。

根よりも葉のほうがビタミン、ミネラルが豊富なので、
ぜひ捨てる事無く、
炒め物やお浸し、細かく刻んで菜飯などに活用し、
寒い冬を乗り切りましょう。

また、根に含まれる栄養素は変性し易いため、
サラダや漬物、さっと加熱して食べることがお勧めです。

■聖護院蕪を使ったレシピ

★聖護院蕪と柿の柚子なます

材 料(2人分)
聖護院蕪 50g
柿    1/2個
米酢大さじ 1杯
塩小さじ  1杯
柚子   1/4個

①聖護院蕪の皮を剥き、薄切りにした後、
さらにマッチ棒程度の細切りにします。

柿も皮を剥き、同様の細さに切り分けます。

ボウルに入れ、塩を加え、5分置いておきます。

②出てきた水気を絞ったら、
そこに酢と柚子の搾り汁を加えます。

しっかり混ぜ合わせたらタッパー等に入れ、
冷蔵庫で1時間以上冷やします。

③柚子皮を細切りにしておきます。

なますを器に盛りつけ、
柚子皮をあしらって完成。

★聖護院蕪とレタスとベーコンのスープ煮

材 料(2、3人分)
レタス   2分の1個
聖護院蕪   1個
玉葱     2分の1個
ベーコン   2枚
にんにく   1片
オリーブオイル大さじ 1、5
*ウェイパー小さじ2
*酒大さじ3
ブラックペッパー少々

①レタスは適当に手でちぎり、
蕪は1センチくらいの厚さのいちょう切りにし
玉葱はくし形に切り、
ベーコンは2センチくらいの短冊に切っておく。

②鍋にオリーブオイルとみじん切りにしたにんにくを入れ、
ゆっくり火を入れる。

③香りがたってきたら、中弱火にし、
玉葱を入れ炒め、柔らかくなってきたら、
さらにベーコンを入れ、そこに蕪を入れ炒める。

④油が回ったら、レタスと*を入れ蓋をし、蒸し煮する。

最後、ブラックペッパーで調味する。

■聖護院大根の食べ方

大きく丸い聖護院だいこんは、
かぶのような形をしていますが、
元は長大根。

180年位前に、尾張の国から奉納された大根を、
京都の篤農家が聖護院辺りで栽培するうちに、
丸い大根になりました。

苦みがなく、ほんのり甘味がある聖護院だいこんは、
長時間炊いても煮崩れせず、
とろけるような味わいになるのが特徴です。

かぶのような見た目ですが、
同様に食べるには身が固く甘みも少ないので、
長時間炊くなどの料理に向いているでしょう。

■聖護院大根を使ったレシピ

★聖護院大根の千枚漬け

材料
聖護院大根(皮を除いて) 1000g
細切り昆布       ひとつかみ程度
赤唐辛子(小口切り)    1〜2本分
砂糖          100g
塩           25g
酢           75ml

①聖護院大根は皮をむいて重さを計る。

スライサーか包丁で横方向の薄切りにする。

大きい場合は縦半分に切ってからスライスする。

②容器にスライスしたものを1/3程度入れ、
細切り昆布と赤唐辛子の1/3量を散らす。

③同様にサンドイッチ状に重ねていく。

④全て重ね入れたら、
上から、砂糖、塩、酢を加え(混ぜる必要なし)、
蓋をして冷所に置く。

⑤すぐに水が上がってくるので、
時々少し揺すって全体が液に浸かるようにする。

一晩経てば美味しく食べられる。

★厚揚げと聖護院大根のたいたん

材料 (4人分)
聖護院だいこん 1/2個
油揚げ     1枚
九条ねぎ    2本
七味唐辛子   少量
だし汁     400ml
砂糖      30ml
みりん     10ml
薄口しょうゆ  40ml
塩       少量

①聖護院だいこんは厚めに皮をむき、
食べやすい大きさに切って、
裏に隠し包丁を軽く十字に入れる。

②油揚げを8等分に切り分ける。

③鍋にだし汁を入れて1のだいこんを入れ、
中火で火にかける。

④だいこんがやわらかくなったら、
油揚げと砂糖、みりん、薄口しょうゆ、塩を入れて
味をゆっくり含ませる。

⑤九条ねぎは3cmの長さに切り、
④に入れてさっと煮て取り出しておく。

⑥器にだいこん、油揚げを盛って、
ねぎをのせ、七味唐辛子をふる。

あとがき

今回は、
京都を代表する伝統的な野菜
「聖護院大根」と「聖護院蕪」の違い、
おすすめのレシピを、お伝えしました。

栄養価もたっぷりで、
おいしく調理できるのが魅力です。

スーパーで見かけたとき、
また京都を訪れた際は、
ぜひ食べてみてくださいね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。