お風呂に発生するピンク汚れの落とし方 洗剤は何を使い予防するにはどうする?

あなたのご自宅のお風呂場では
『ピンク汚れ』が発生していませんか?

一度発生すると落としても落としても、、
いつの間にか同じ場所に再生する厄介なこの汚れ。

今回はこの『ピンク汚れ』について、
その対策から予防までを詳しくご紹介できればと思います。

スポンサーリンク
  

お風呂に発生するピンク汚れをきれいに落とすの落とし方は?

ピンク汚れの正体は、そもそも何なのでしょうか?

正体がわかれば対策も立てやすいというものですね。

その正体は、『ロドトルラ』という酵母菌なんです。

このロドトルラは、空気中に存在していまして、
水分だけでも増殖可能な物質です。

そして水分に加えてお風呂場は、
皮脂汚れや石鹸カスがどうしても残りがち。

実はこれもロドトルラの大好物です。

ロドトルラは条件さえ揃えば、どんどん増殖していきます。

その繁殖力は、
よく比較されるカビのなんと10倍以上のスピード。

よく間違われるのですが、
このロドトルラは根を持たず、実はカビではありません。

そのためカビと比べると、
見た目だけでしたら根を張らない分、
少しこすっただけで一見綺麗になったかのようにみえますが、
実は菌がそのまま残っていることがあるのです。

この残った菌はあっという間に増殖。

「あれ?!昨日綺麗にしたのになんか汚れている・・・」と、
まるでデジャヴを思わせるヤツ。

原因は目には見えない、残った菌にその秘密があったのです。

「カビじゃないならピンク汚れは放っておいてもいいの?」
と思われた方はご用心。

ピンク汚れをそのままにしておくと、
決まってといってよいほど同じ場所に黒カビが発生します。

その理由は、ピンク汚れが増えていく環境は、
黒カビにとっても好条件だからです。

黒カビは発生してしまうと、
なかなか落とせないため、
そうなる前にピンク汚れを綺麗にしたいところ・・・

つまりは、
ピンク汚れが発生しないくらいに、綺麗にお風呂場を保っていれば、
黒カビも防げるということですね。

このピンク汚れをきれいに落とすにはどうすればいいか、
ピンク汚れの正体は酵母菌の一種だとご紹介しました。

というわけで、
きれいにピンク汚れを落とすためのキーワードはズバリ『除菌』です。

スポンサーリンク

お風呂に発生するピンク汚れを落とす洗剤は?

ピンク汚れ(ロドトルラ)は、
特殊な膜構造をしているため、通常の洗剤では効果がありません。

こすれば表面的に綺麗になりますが、菌は残ったままとなり、
すぐに増殖して、悪い意味で元通りに・・・

そこで洗剤を選んでいただく際のポイントとなるのが、
『除菌』効果をうたった商品です。

この除菌効果により、
目に見えないレベルの菌の付着についても除去することで、
時間が経過しても綺麗な状態を保つことができます。

その他、除菌という意味では、消毒用のエタノールも効果的です。

エタノールを吹き付けたキッチンペーパーを、
ピンク汚れの発生している箇所に貼り付けて、
しばらくおいておくことで除菌できます。

あとは水で流して水気を充分に取りましょう。

お風呂のピンク汚れの発生を予防する方法は?

ピンク汚れの予防にあたっては、
温度と湿度をコントロールすることが発生の予防につながります。

まずは温度対策です。

ピンク汚れ(ロドトルラ)の増殖しやすい温度は、
20℃~30℃となっているため、
入浴後の暖かくなった浴室には、冷水のシャワーをかけるなどして、
浴室内の温度を20℃以下となるようにしましょう。

そして湿度対策。

入浴中は、
換気扇を回しながら入るなどして湿度をコントロールしましょう。

ピンク汚れ(ロドトルラ)は水だけでも増殖してしまうため、
入浴後はその水気を残さないことが大切です。

使い終わったバスタオルなどを使って、浴室内の水気を拭きとりましょう。

浴室内全体を拭き上げることは、時間的に大変というかたには、
ピンク汚れの発生しやすい、石鹸カスなどがたまりやすいところを、
重点的にやるだけでも効果的です。

また、入浴後についても換気を行いましょう。

浴室に乾燥機能があるようでしたら有効ですので合わせて活用しましょう。

あとがき

いかがだったでしょうか?

ピンク汚れの正体は、
酵母菌であるロドトルラであること。

ピンク汚れを綺麗に落とすには、
除菌することが最適であることがわかりました。

また予防にあたっては、
ピンク汚れが増えていかないよう、
温度と湿度のコントロールが大切だということも、
合わせて覚えておきたいところです。

毎日使うお風呂場だからこそ、
ポイントに沿った少ない手間で、
ピンク汚れを防いで気分よくすごしたいですね。

スポンサーリンク