瀬戸内レモンを使ったお土産にはお菓子や化粧品 瀬戸内レモン農園のレモスコが有名!

最近、全国放送でも紹介される「広島レモン」ですが、
この広島レモンの殆どが瀬戸内で作られています。

瀬戸田レモンの産地、広島県瀬戸田町は、
瀬戸内海に浮かぶ小さなレモンの島です。

広島県南東部に位置する尾道エリアは、
瀬戸内ならではの穏やかな気候によって、
豊かな食文化が育まれてきた地域です。

なかでも、しまなみ海道の通る瀬戸田町生口島(いくちじま)は、
日本一の国産レモンの生産地として有名です。

そして、生口島(瀬戸田)発祥とされる「国産レモン」。

毎年、3月下旬に行われる『せとだレモン祭』は、
このレモンをテーマに開催される、レモンづくしのイベントです。

レモンを使ったグルメ屋台はもちろん、
レモンの皮をどのくらい積み上げられるかを競う「レモンタワー選手権」、
レモンの丸かじりするタイムを競う「レモンまるかじり選手権」、
レモンを担いでその速さを競う「レモン担ぎタイムトライアル選手権」などなど、
ユニークな催しが目白押しです。

またみんなで作る「レモンロング巻きずしづくり」も名物の一つです。

この様に「広島レモン」は、広島県産のレモンの総称で
主に作られているのは、瀬戸田というところです。

「瀬戸内レモン」とも呼ばれています。

この広島レモンの歴史は、明治時代から始まっています。

長い時間をかけて作られたレモンを味わって頂きたいです。

スポンサーリンク
  

瀬戸内レモンを使ったお土産のお菓子 カープイカ天とは?

広島県内のお土産コーナーにズラリと並んでいるのは、
「広島レモン」や「瀬戸田レモン」と名の付くお土産です。

広島はレモンをはじめとする柑橘類の名産地で、
近年はとくに、広島レモンのお土産の種類がぞくぞく増え続けています。

瀬戸内(瀬戸田)レモンで作られたものは色々ありますので、
ご紹介していきましょう。

★瀬戸田レモンケーキ

日本一のレモンの産地、瀬戸田町の銘菓レモンケーキ「島ごころ」。

レモンの皮から丁寧に作られたジャムを練り込んでいるので、
ひとくち食べると絶妙な香りが口いっぱいに広がります。

こどもからお年寄りまで喜んでもらえる一品です。

レモンケーキは、他にも「レモンとろけるチョコクッキー」や、
レモン風味のもみじ饅頭もあります。

もみじ饅頭の中に「あたらしもみじ」のシリーズ
「大崎上島のレモン」があります。

コーヒーにも緑茶にも合うので、
目上の方へのお土産やご挨拶にもおすすめの商品です。

この大崎上島も、
瀬戸内海に浮かぶ島で、ここでもレモンが作られています。

★瀬戸田レモンドーナツ

瀬戸田町の洋菓子店「島ごころ」は、
瀬戸田町産のレモンをふんだんに使ったお菓子を作っているお店です。

瀬戸田レモンの魅力を熟知する、
瀬戸田生まれのパティシエが生み出した自慢のご当地レモンドーナツは、
レモンケーキとは一味違った美味しさです。

生み出すまでに20回以上も改良を重ねた自慢のドーナツです。

瀬戸田レモンの甘く爽やかな味と香りを最大限が引き出されたドーナツは、
モンドセレクション金賞など多くの賞を受賞しています。

普段とは違うお土産を買いたい、
新しい味に出会いたいという方におすすめのお菓子です。

★ふるさとレモン

ホットでもアイスでも美味しい、
レモンのビタミンCが摂れるヘルシーな粉末ジュースです。

コップに入れてお湯かお水を加えるだけで、
レモンの香りが口いっぱいに広がります。

暑い夏には爽やかな冷たいレモネードに、
風邪の季節にはビタミン豊富なビタミンドリンクにもなる、
ヘルシーなお土産になります。

★レモンふりかけ

高速道路で利用するサービスエリアのお土産品販売コーナーでは、
ご当地ふりかけが人気です。

定番となったわさびふりかけや唐辛子ふりかけ以外にも、
各地方の特産品をモチーフにしたご当地ふりかけがぞくぞく誕生しています。

スポンサーリンク

その中でも人気なのが、広島県のレモンふりかけです。

熱いごはんにレモンの取り合わせは一見ミスマッチですが、
実際に食べてみると思いのほか相性がよいことがわかります。

うすいレモン色の見た目とレモンの香りが食欲を増進してくれます。

お味噌汁にゆずの皮を加えるように和風料理によく合います。

パスタのトッピングとしても使えるので、
洋食好きな方へのお土産にもおすすめです。

★広島れもん鍋のもと

広島の老舗「よしの味噌」が生んだ人気商品「広島れもん鍋のもと」です。

日本料理の旨味の秘訣である“塩麹”に広島レモンが加わりました。

お鍋には柑橘類がよく合います。

「広島れもん鍋のもと」は、
野菜やお肉、お魚や練り物など、お鍋の具財を選びません。

食欲の秋にぴったりのお土産になること間違いありません。

「広島れもん鍋のもと」は、5倍希釈型のスープです。

食べる人の好みで味を調節することができますので、
お鍋以外のお料理にも使えるかしこいお鍋のもとです。

「広島れもん鍋のもと」で、おすすめなのはラーメンです。

鍋のあとのシメでもラーメン単品でも、
卵を加えても美味しくいただけますので、人気商品です。

★イカ天瀬戸内れもん味

『イカ天瀬戸内れもん味』は一口サイズで、
小さなパッケージに入っています。

口に入れると、爽やかなレモンの香りが口の中で広がります。

おやつに最適で、
小さい子供さんから、お年寄りまで幅広い層に、人気があります。

これは、私のイチオシですが、
レモンサイダーと一緒に味わって欲しいです。

そして、この「イカ天瀬戸内れもん味」のパッケージに、
「Carp」と赤い文字で標記しているのが、カープイカ天です。

マツダスタジアムでも、購入する事ができます。

如何でしたでしょうか?

瀬戸内レモンの商品を紹介しました。

まずは、イカ天から味わって頂きたいですね。

瀬戸内レモンを使ったお土産の化粧品レモンの香りのハンドクリーム

瀬戸内レモンを使ったお土産の化粧品は
「瀬戸内の海をみながら育ったレモン」シリーズが有名です。

その中でも、ハンドクリームは、爽やか香りで、
手肌にスッーと、のびもよく、
お土産や、自分用として人気があります。

他には、
リップクリーム、レモンウォーター、アロマ、パック等があります。

どれも、通販で購入できますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

瀬戸内レモン農園のレモスコが有名!

瀬戸内レモン農園の第一号商品が、辛味調味料の「レモスコ」です。

日本一の生産量を誇る広島のレモンの素晴らしさを全国に広めたい、
今までにない調味料を無添加でつくりたいと開発されました。

レモンの風味を出すのに苦労するなか、
皮を入れてみると香りがグンとアップしました。

丸ごと使えるレモンの魅力を発見した瞬間でした。

果汁だけ使うより風味も栄養も、
美肌効果や疲労回復効果もアップすることもわかりました。

使い方が、タバスコに似ている為「レモスコ」と名付けられました。

お弁当を食べるときに、使う方もおられます。

赤い「レモスコ」は辛みが強く、
黄色い「レモスコ」は爽やかなレモン味です。

あとがき

瀬戸内レモンを使った商品は、たくさんありすぎて、
紹介しきれないくらいです。

先日、美容院に行ってきたのですが、
ブローする前に、
瀬戸内レモンを使ったヘアーオイルを、髪に振り掛けてくれました。

レモンの、香りが心を癒してくれる、そんな感じでした。

髪も、サラサラになりとても気に入ったので、
購入しようと思いましたが、結構なお値段だったので諦めました。

その代わりに、手に入り易い、
「瀬戸内のレモンのヘアークリーム」を使っています。

髪に、馴染みやすくて気に入っています。

実は私、柑橘系のすっぱい食べ物が苦手なんです。

なので、ヘアーケアで香りを楽しんだり、
調味料に「レモスコ」を少々使っています。

皆さんも、生活の一部に、レモンを添えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク