皮膚のバリア機能が低下すると起こる症状は?バリア機能低下の原因と回復の仕方

皮膚のバリア機能が低下すると起こる症状と、
バリア機能の低下の原因、
そしてバリア機能の回復の仕方について、
考えてみたいと思います。

まず、
私達の体を覆っている皮膚の役割りを知っておきましょう。

私達の皮膚は外部からの異物の侵入を防ぎ、
体の内部を、守ってくれています。

バリア機能が低下するとどんな、
トラブルが起きるのか

これらを、ひも解いていきましょう。

スポンサーリンク
  

皮膚のバリア機能が低下すると起こる症状は?

皮膚や角質層の、
「皮ふ膜」がバリアの役割りを果たしてくれています。

肌のバリア機能は、外気の乾燥や、
皮ふを掻く事で壊れてしまいます。

外気が乾燥していたり、皮ふを掻いたりすると、
湿疹やじんましん、ドライスキンになってしまします。

季節によって、空気が乾燥している時期に、
肌が乾燥する方も多いと思います。

実は、私は乾燥肌なんです。

肌の、バリア機能が壊れやすいのです。

そんな乾燥肌の私が、
バリア機能を壊さない様に実践している事を紹介します。

バリア機能の低下の原因は?

バリア機能の低下の原因になるものをご紹介いたします。

★洗い過ぎない
 
お風呂に入って、体を洗いますよね、
この時洗い過ぎない事です。
 
ゴシゴシ洗わないで、泡で優しく洗うこと。

これは洗顔の時も同様で、
洗いすぎると、肌のバリアが壊れてしまします。
 
必要以上に洗わない事、
そして、
熱いお湯での洗顔や入浴は、お肌の保湿成分を奪ってしまうので、
乾燥肌を招いてしまいます。

★入浴、洗顔後はすぐに保湿

入浴、洗顔後は、肌の水分量が減少していくので、
入浴や洗顔の後は、すぐに保湿をして下さい。
 
これは必須です。

★紫外線
 
紫外線は、肌のバリア機能を低下させます。

日焼けも避けて下さい、季節を問わず紫外線対策をすることです。
 
これも必須です。

入浴、洗顔、保湿、紫外線対策、

これは、お肌のバリア機能を正常に保つ為に大事な事です。

潤いのあるお肌をキープしましょう。

バリア機能が低下して、起きる症状ですが、
肌の乾燥、かゆみ、湿疹などです。

紫外線対策を怠って、
日焼けする事は絶対に避けたいです。

それから、皮ふが乾燥して、
肌が粉をふくという言葉がありますが、
これも、肌のバリア機能が低下して起きる症状です。

保湿クリームがあれば、かならず塗って下さいね。

バリア機能回復の仕方は?

バリア機能の低下の原因は、先ほどお話ししました。

回復方法も、
ざっとですがお話しましたので、
回復の仕方をもう一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

入浴時や洗顔についてですが、
肌を洗う時に何を使って洗っていますか?

ナイロンタオル、ハンドタオル、手拭い、
手のひらでなでる様に…など

体を洗う時に、
ナイロンタオルでゴシゴシこすってしまうのは、
バリア機能が低下しやすくなる原因です。

手拭いが、
日本人の肌を洗うのに適しているという話があります。

意外ですが、お肌にいい洗い方は、
手のひらで優しく洗うことで、
バリア機能を低下させないいちばんの方法なのです。

「夏は、汗をかくから手で洗うのはちょっと…」

「手のひらで洗って、汚れが落ちるの?」って思われますよね。

でも、答えは・・・

『落ちます。』なのです。

人間の肌は、
思っているよりも意外にデリケートなのです。

そうですね、
汗は、綺麗に落としたいですよね。

そういう時は、
手拭いで優しく洗ってみてはどうでしょうか?

そして、洗顔ですが、
泡で優しく洗うという事は皆さんご存知だと思います。

ゴシゴシこすらないように優しく泡でつつむようにして、
そのあと、水に近いぬるま湯で泡をきれいに洗い流して下さい。

私の友人が、美容関係の仕事をしているのですが、 
彼女の口癖が、

「保湿よ、保湿!これは基本よ!」と、いつも話してくれます。

そのくらい、保湿は大事です。

入浴や洗顔後は、すぐに保湿です。

ボディークリームや乳液等で保湿しましょう。

顔も、ローションやクリームでしっかり保湿して下さいね。

ちょっとした事なのですが、
この積み重ねで肌のバリア機能は回復します。

ローション、乳液、
クリームはお肌に合った物を選んで下さい。

「外出するとすぐに乾燥してしまう、保湿しているのに…」

そういう方は、
お肌がドライスキンで、保湿しても乾いてしまうのです。

これは、
お肌のタイプなので、クリームをカバンに忍ばせておいて、

乾いたなって思ったら、
目の周りや口の周りの乾燥しやすいところに、
塗ってあげましょう。

あとがき

皮ふのバリア機能について、
色々とお話させて頂きました。

「私は、油分が多いタイプだから大丈夫」
と思った方もおられると思います。

私の妹が、油分が多いタイプで、
保湿にこだわらなくて良いと言っていたのですが、
日焼け止め対策をせず、
出かけたり、スポーツを楽しんでいました。

気が付いた時は、日焼けをして、
肌のバリア機能が低下してしまい、
私に、泣きついてきたんです。

その時に、ローションとサッパリタイプの乳液で、
肌のバリア機能を戻す事ができました。

保湿を、あまりしなくても、
潤っているお肌は羨ましいです。

しかし、日焼け止めや紫外線対策はお忘れなく。

日差しは、思っているより強いので、
私も、気を付けています。

最後になりますが、
私流の保湿方法をお伝えしたいと思います。

入浴して、洗顔後、湯舟に浸かり軽く顔をタオルで拭いて、
お風呂の中で、ローションと乳液を塗っています。

お風呂の中は、お肌が一番潤っている状態なので、
それを、そのまま蓋をしてしまおうという考えです。

今のところ良い感じですよ。

しつこい様ですが、くれぐれも保湿をお忘れなく。

肌を、守ってくれるのは、保湿です。

スポンサーリンク