自転車用のレインコートは顔が濡れないでリュックも背負えるポンチョ式がいい!

 

晴れている日の自転車はとても気持ちが良いですが、
雨や雪、
台風などの日に自転車に乗るのは何かと大変です。

傘をさしながらの運転はとても危険ですし、
違反行為にもなってしまいます。 

 
そこで、雨の日の自転車には、
レインウェアが便利です。

雨の日でも快適に自転車に乗れる方法をご紹介いたします。

スポンサーリンク
  

自転車用のレインコートで顔が濡れないようにするには?

「どうせ濡れてしまう」「可愛くない」
「化粧が取れる」「危ない」などと、
雨の日に自転車に乗る悩みはたくさんあります。

しかし、そのような悩みを解決してくれる
デザインのレインコートもあります。

大きなつば付きのフードと、高い襟元で顔周りをガードして、
顔が濡れにくく工夫されているものです。

自転車でも危険の少ないデザインになっています。

顔まですっぽり入って、
顔にかかる部分だけがクリアになっているレインコートは、
視界を確保しつつ顔が濡れないので安心です。

 
クリアなフードが顔全体を包んでくれるので、
顔に雨が当たりにくく、お化粧が崩れる心配もありません。

全面には、風受けが軽減できる通気口がついているものや、
ばたつき防止の内側ベルトがあるものもあります。

傘をさす感じで、
顔の濡れを最小限に抑えることができます。

 
一言でレインコートといっても、
レインコートの形にも様々な種類があります。

上下に分かれたレインスーツと呼ばれるものや、
裾が広がったポンチョタイプ、
ひざの上まであるロングタイプもあります。

状況に合わせて選ぶことができます。

自転車用のレインコートでリュックも背負えるものは?

リュックを背負ったまま着られる、
自転車用のレインコートがあります。

背中部分が大きく広がるデザインになっているので、
リュックを背負っても着やすいタイプです。

 
また、リュックに対応できるレインコートは、
背中に大きなタックが仕込まれていて、
腰のあたりで留めることも開放することもできるものもあります。

背負うリュックのサイズにも対応力があります。


 
後ろ身頃がかなり長くなっていて、
前傾姿勢の自転車でも安全に作られています。

足を動かしても裾が開かないように作られているので、
自転車に乗っても問題ありません。

さらに、
風でフードが飛ばないように口元でしっかり留めることができるものや、
フードの取り外しができるものもあります。

袖口はゴムでしっかりと雨の侵入を防いでくれるものがおすすめです。

自転車用のレインコートはポンチョ式が便利だろうか?


 
ポンチョタイプは、
上からサッとかぶるだけなのでとても簡単に着ることができます。

スポンサーリンク

着替えに時間がかからずに、
着脱がとても便利です。

また、ポンチョは裾が大きく開いているので、
リュックを背負ったままや、
カバンを掛けたままでもそのまま着用できます。

着心地にも余裕があります。

ポンチョは丈の長さがレインコートよりも短めなので、
自転車の走行中でも、
ペダルに引っかからずに巻き込みの心配もなく、
安全に使用できます。

セパレートタイプよりも通気性が良いことも特徴です。

ポンチョは裾が大きく開いているため、
蒸れにくいのもメリットです。


 
ポンチョの種類によっては、
自転車前のカゴに入れた荷物も覆う事ができ、
カゴに取り付けるクリップがついているものもあります。

 
ポンチョは、コンパクトに収納できるので、
持ち運びにもとても便利です。

小さくたためて軽いので、バックにも気軽に入れておけます。

 
しかし、ひざ下が濡れやすいという短所がありますので、
レインパンツやレインブーツで下半身をカバーすると良いです。

 
雨の日の自転車の通勤通学、突然の悪天候にも、
ポンチョは必須アイテムです。

持っていると、とても便利です。


 
レインコートで最も重要になるのが防水性と耐水性です。

レインウェアの多くは、
ナイロンやポリエステルでできていますが、
大切なのは、レインウェアの素材ではなく、
撥水加工がしてあるかどうかです。

撥水可能が施されていた方が、より快適性が増します。

また、耐水性とは、
レインコートに水がどのくらい染み込みやすいかを表した数値です。

数値が高いほど、水に強くなっています。

耐水が10000mmあれば、大雨でも大丈夫です。

さらに、長時間自転車に乗る時や、夏場などは自転車で走行していると、
すぐに中が蒸れて暑くなってしまいます。

防水性だけでなく、
透湿性の高さも重要なポイントです。

透湿性とは、どれだけ蒸れにくいかを数値で表したものです。

あとがき

良い生地でできているレインコートは、
外からの雨が中に入るのを防ぐだけでなく、
中の汗もしっかりと外に逃がしてくれます。

自転車は意外と汗をかくので、
透湿性もしっかりとチェックしましょう。
 
自分に合ったレインコートを選んで、
雨の日をより安全に、快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク