洗濯物の生乾きの嫌なニオイの原因は?臭いの取り方と予防法は?

洗濯物を部屋干しをしたときや、
汗をかいたまま放置していると臭ってくる、生乾きの嫌な臭い。

誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

せっかく洗ったのに洗濯物の臭いが気になると、
それだけで悲しくなりますよね。

生乾きの洗濯物の臭いの取り方についてまとめてみました。

洗濯物の生乾きの嫌なニオイの原因は?

衣類を洗濯機で洗って、いい気分で干そうと思ったら、
嫌なニオイがする、タオルが臭い。

干して乾いた洗濯物を取り込む時になんだか臭い、
というパターンもありますよね。

きれいに洗って干したはずなのに、
嫌なニオイがしたらテンションが下がります。

いったいなぜ、
洗濯をしているのに嫌なニオイがするのでしょうか。

・洗濯物が臭い原因とは?

ひどいと古い雑巾のようなニオイがするときや、
生乾きの洗濯物の、
なんともいえない不快なニオイを感じる時もあります。

嫌なニオイのなかの一つ、
部屋干し特有のニオイの原因は、細菌です。

「モラクセラ菌」という菌が繁殖すると、
嫌なニオイを放ちます。

モラクセラ菌自体は私たちの身体の中にも常駐していますし、
日常生活を送っている空間にいるごく一般的な菌です。

しかし、
室内干しや洗濯物が乾きにくい場所に干されて、
乾燥に時間がかかっている時、
モラクセラ菌が洗濯物に残ったたんぱく質や皮脂を分解し、
その結果生乾きの嫌なニオイが発生するのです。

モラクセラ菌自体は、
私たちの身体が健康であれば無害です。

特に心配することはありません。

しかし免疫力がおちていると、
日和見感染症を引き起こす原因になります。

日和見感染症とは免疫力が低下している時にかかる、
いろいろな病気のことです。

例えば帯状疱疹やカポジ肉腫、
ニューモシスチス肺炎、カンジダ症などがあります。

健康な大人だけの家庭ならば心配は少ないでしょうが、
赤ちゃんや高齢の家族がいる場合は注意したいですね。

生乾きの臭いの原因は細菌だったんですね。

生乾きにならい様にするにはどうしたら良いのでしょうか?

引き続き解説していきたいと思います。

洗濯物の生乾きの嫌なニオイの取り方は?

ニオイの原因が菌だと分かりましたが、
いったいどうすれば、
この菌の繁殖を抑えることができるのでしょうか。

日常生活でできるニオイを防ぐ方法を考えてみましょう。

洗濯が終わったあと、
洗濯機の中に洗濯物をしばらく放置していたことはありませんか?

洗濯が終わった衣類は濡れています。

濡れて湿度の高い状態は、
カビや細菌が繁殖する絶好の条件を兼ね備えています。

洗濯後の衣類をすぐに干さずに放置することにより、
せっかくきれいになった洗濯物の中で細菌が繁殖し、
嫌なニオイの原因になっている可能性が考えられます。

洗濯が終わったらすぐに洗濯機から取り出して干しましょう。

・もしかして洗濯物をため込んでいませんか?

菌は湿った環境可でどんどん繁殖します。

それは洗濯前の汗で湿ったままの衣類やタオルでも同じです。

洗濯物をすぐに洗わずため込んでいると、
洗う前の洗濯物の衣類の繊維の中でも菌は繁殖します。

菌が繁殖しても、
洗って菌が落ちれば問題なさそうですが、
モラクセラ菌は洗濯をしても衣類に生き残り、死滅しません。

モラクセラ菌が繁殖する前に洗濯をし、
干して乾かす必要があるのです。

・もしかしてお風呂の残り湯で洗っていませんか?

お風呂の残り湯を使って洗濯をしている場合、
お風呂の水の雑菌が衣類に付着し、
それがニオイの原因になっていることが考えられます。

「洗い」の時はお風呂の残り湯を使って、
最後の「すすぎ」は水道水で洗うようにするとよいでしょう。

・もしかして洗濯機にも原因があるかもしれません。

洗濯槽の内部や循環経路内にカビが生え、
それが洗濯中に衣類に付着して、
ニオイの原因になっている可能性があります。

定期的に専用クリーナーを使って洗濯槽の掃除をし、
汚れを落とすようにしましょう。

ニオイの種類によって、
洗濯機のどの部分から、
ニオイが発生している可能性があるかが変わります。

濡れたときだけでなく、
乾いても洗濯物から嫌なニオイがすることがあります。

それはニオイの元であるモラクセラ菌が、
繊維の奥まで入り込んでしまっているからです。

モラクセラ菌は乾燥や紫外線にも強いため、
こうなってしまうと、
乾かしたくらいではニオイを落とすことができないのです。

部屋干しする時の洗濯物の臭い、気になりませんか?部屋の中にこもった生乾きの臭いの原因や、生乾き臭の取り方について、お話ししたいと思います。私の家は、部屋干し派なんです。お天気が良い日も、部屋干しです。「せっかく、お天気が良いのになんで?」って思われますよね。

洗濯物の生乾きの嫌なニオイの予防法は?

生乾き臭対策には「酸素系漂白剤」が効果的です。

洗濯をする前に、
酸素系漂白剤でつけ置きしてから洗うと臭いを抑えられます。

酸素系漂白剤を使うときは、
40℃以上のお湯につけるとよいでしょう。

熱湯にすると漂白剤がよく泡立ち、
汚れが落ちそうに見えるのですが、
布が傷んでしまいます。

酸素系漂白剤は、
生乾きの原因の一つである洗濯槽の汚れ落としにも使えるため、
一つ持っておくと便利ですよ。

ちなみに酸素系漂白剤には、
粉末と液体のものがあります。

粉末のものは過炭酸ナトリウムと呼ばれる、
弱アルカリ性の物質ですが、
液体のものは過酸化水素と呼ばれる弱酸性の物質です。

液体よりも粉末の方が効果が高いといわれており、
つけ置きには粉末をおすすめします。

生乾き臭の予防には「重曹」も強い味方になってくれます。

まず洗濯槽に40℃ぐらいのお湯を入れましょう。

お湯は洗濯物の量に合わせてください。

これに重曹といつもの洗剤を一緒に入れて洗濯するだけです。

重曹は水10Lに対して大さじ1ぐらい入れるとよいでしょう。

重曹はもともと消臭効果が高く、
弱アルカリ性の性質が皮脂汚れを落とします。

生乾き臭のもととなる雑菌を抑えられるのです。

洗剤は表示されている量を守って使いましょう。

洗濯物の量に対して洗剤が多いと、
すすぎきれずに洗剤が残り雑菌が発生します。

イヤな臭いの原因になってしまいますよ。

「忙しくて日中に洗濯ができない」という人は、
コインランドリーを使うのも一つの手です。

コインランドリーは、
生乾き臭を予防するうえでとても有効な方法といえます。

コインランドリーが有効な理由は以下の通りです。

■洗濯物を早く乾かすため雑菌の繁殖が抑えられる

■大量の洗濯物でも、すすぎ残しが出ず早く乾く

■営業時間が長い

■乾燥機が高温なので、雑菌をほぼ死滅させられる

コインランドリーは夜遅くまで営業している場合が多く、
仕事で忙しい人には特におすすめです。

大量の洗濯物をためてしまっても、
コインランドリーの大きな洗濯機を使えばきれいに洗えます。

すすぎもしっかりしながら乾燥でき、
部屋干しのときのような失敗を防げるでしょう。

朝からまったくついてない。リビングに敷いていたお気に入りのグリーンのラグが汚れてしまった。朝食で飲むはずだったコップ一杯分の牛乳が、見事にひっくり返ってラグの上にダイブ!ふきんで拭いても気休め程度。こぼれた牛乳はすっかりラグに吸い込まれてしまった。自宅の洗濯機では、見るからにサイズオーバー。けれどこのまま放置すれば、どうしたって臭いがするに決まっている。かといって手洗いというわけにはいかないし・・・「コインランドリーはどうかな?」わかりやすく凹んでいる私にかけられた旦那の言葉。「最近近所にできたじゃない?割と大きめのお店!」あっ!たしかにできていた。外見も随分おしゃれで昔のイメージとは随分変わったと、二人で話していたんだった。おっ!ナイスな提案。いいぞ旦那!「それじゃあ行ってきます。」そうだよね。仕事いくよね・・・旦那。コインランドリーなんて学生時代に、一人暮らしをしていた際に使って以来だ。当時は、粉せっけんを小さな袋に入れて持っていってたっけ。さぁーて、いつまでも凹んでいられない。旦那が帰ってくるまでにラグを元通りにリビングに敷くぞ~

生乾き臭を抑えるには、
洗い方だけではなく「干し方」も重要なポイントです。

洗濯が終わったらできるだけ早く干すようにしましょう。

水分を含んだままにしておくと、
どんどん雑菌が繁殖してしまい、
その結果生乾きになってしまいます。

雑菌が繁殖しないうちに手早く干しましょう。

洗濯物を干す際は、
「洗濯物同士が触れないぐらいの距離感」で干しましょう。

たくさんの洗濯物を干す場合は、
狭くなりつい詰めてしまいがちです。

風通しが悪くなるため乾燥が遅くなってしまい、
雑菌が繁殖しやすくなります。

洗濯物に扇風機を当てたり、
ハンガーを太めのものにしたりして風通しをよくするなども、
早く乾かすために有効な方法です。

衣類乾燥機のメリットは、
雨の日でも外干しせずに洗濯物を乾燥できることです。

ぐるぐる回すタイプの乾燥機は、
頻繁に使うと服が傷んでしまいます。

完全に乾かす目的で使うのではなく、
乾燥時間の短縮を目的として使うのがおすすめです。 

具体的には10分ほど乾燥機にかけ、
後は干して乾燥させるようにします。

洗濯物の側に移動させて使うタイプは、
長時間使うため電気代が高くなりがちです。

こちらも完全に乾燥させるまで使うのではなく、
「ある程度乾いたら止めて自然乾燥させる」
という使い方が向いています。

また、洗濯物がある程度乾いたら、
アイロンをかけて乾かすという手もあります。

最後まで乾燥しきれていないときに試してみましょう。

アイロン時はスチームをかけないようにしてください。

生乾き臭をさせない洗剤を紹介します。

★生乾き臭をしっかりと抑えてくれると評価が高い洗剤といえば、
〔ライオン〕《部屋干しトップ 除菌EX》です。

この洗剤は生乾き臭の原因となる雑菌やウイルスを落とし、
部屋干しをしても生乾きが起こらないようにしてくれます。

★〔花王〕からも、
生乾き臭にアプローチする
液体洗剤《アタック ZERO》が発売されています♪

〔ライオン〕の洗剤は粉末洗剤であったのに対し、
こちらは液体です。

液体のメリットは何といっても溶けやすいこと、
浸透しやすいことです。

私は、部屋干し派なので、
部屋干し用の洗剤を使っていますよ、
生乾きの臭いななく汚れ落ちもいいです。

あとがき

洗濯物の生乾き臭は気分も落ち込みますね。

最近は生乾き対策の洗剤なども多いので、
工夫次第である程度防げるでしょう。

もし生乾き臭に悩んでいるなら、
今回紹介した対策を試してみてくださいね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。