広島ドリミネーションはいつからいつまで?場所はどこで来場者数はどれくらい?

ひろしまドリミネーションは、
広島県民には欠かせないイベントです。

ひろしまドリミネーションは、
「おとぎの国」をコンセプトにしたイルミネーションで、
広島市の平和大通り沿いに、約140万のLEDによる光が連なります。

最近は海外の人にも人気で、
かなりの外国人観光客を見るようになりました。

光に彩られる広島市のイルミネーションを紹介します。

まず、ドルミネーションとは?ですが

「ドリミネーション」は、
ドリーム(夢)とイルミネーション(電飾)を合わせてつくられた造語です。

広島市役所、同市中心部商店街、広島商工会議所などが、
実行委員会を組織し、官民共同で開催しています。

市の「ビジターズ・インダストリー戦略」の一環として開催されているため、
観客数は「12月の広島市への入込観光客数」で評価され、
開催期間も市の意向で変更される場合があります。

バブル景気期の1988年(昭和63年)、
「ひろしまライトアップ事業」として始まり、
例年、中心部商店街や商業施設の小規模な電飾を行っていました。

1999年(平成11年)に開催地域を拡大し、
平和大通りでのイルミネーションも開始。

2002年(平成14年)に事業費を1,145万円に増額して、
電球数を25万個まで増やし、
さらに「ひろしまドリミネーション」という名称を与えて開催されています。

ひろしまドルミネーションについて、少しお分かり頂けましたか?
続けて、ひろしまドルミネーションついて、お話したいと思います。

スポンサーリンク
  

広島ドリミネーションはいつからいつまで?

開催日程: 11月17日〜1月3日

点灯時間:17:30〜22:30

※開催日程は毎年同じで48日間。

<過去の開催日程>
2017年11月17日(金)〜2018年1月3日(水)
2016年11月17日(木)〜2017年1月3日(火)

開催場所は、 
広島県広島市中区平和大通り〜南北緑地帯(平和大橋西詰め~田中町交差点)

毎年、この日程と、この場所で行われています。

ドリミネーションと聞くと、
いよいよ今年も終わりだなと感じます。

そして、新年を迎え、ドリミネーションに行き、
今回のドリミネーションも終わるんだなと感じます。

広島ドリミネーションの場所はどこ?

場所は、先ほどもお伝えしましたように、

広島県広島市中区平和大通りから、
南北緑地帯(平和大橋西詰め~田中町交差点)です。

アクセス方法ですが、一般駐車場がありますので、
車で来られる方は有料ですが、そこに止めても良いと思います。

広島駅から、市内電車で中電前で下車して、
徒歩5分は掛からないくらいです。

広島駅北口から、メイプループというバスの、
レモンルートにのって頂ければ現地に到着する事ができます。

冬に開催されるイベントで、
広島でも年に一度は積雪する日がありますので、
暖かい装いでお越しください。

スポンサーリンク

それと、ドルミネーションは、結構な距離を歩きます。

女性の方は、ハイヒールはちょっとキツイかも知れませし、
積雪の時は危ないので気をつけて下さいね。

広島ドリミネーション 来場者数はどれくらい?

最近は外国の方にも人気で、
かなりの観光客を見るようになりました。

イベントに訪れる人は59万にもなるとのことです。

過去の来場者数も見てみましょう。

「ひろしまドリミネーション」となった、
最初の年の2002年(平成14年)の約32万人から、
2005年(平成17年)には約40万人まで増加しました。

来場者数は、年々増加しているみたいです。

中には家族連れで、そして、結婚式の前撮りをする方もおられます。

花嫁さんのドレス姿は、とても寒そうですが、
お二人のいい記念になりますね。

ドリミネーションは写真愛好家も多く、
皆さん熱心にシャッターを切っておられます。

あとがき


ひろしまドリミネーションは、平和通りに沿って、
だいだい1kmぐらいで開催されています。

平和通りは大きい道ですし、
たくさんのイルミネーションが両サイドに展開されているので、
いったいどこから見始めれば良いのか分からないくらいです。

年々イルミネーションに使うLEDの数が増えており、
少しずつですが規模も大きくなっています。

私のオススメは、紅葉のイルミネーションです。

赤、黄、茶の色鮮やかな光とリアル感を追求した作品で、
広島ならではのイルミネーションとなっています。

ひろしまドリミネーションには、
学生が制作した作品も飾られています。

毎年違うイルミネーションが飾られていますので、
個人的にとても楽しみにしています。

イルミネーションといえば、
カップルが多いというイメージが強いと思います。

ですが、
ひろしまイルミネーションはファミリー向けにも作られているので、
お子さんを連れている家族も多くみかけます。

アニメのキャラクターや、子供が好きそうな機関車、
海賊船、竜、小さなトンネルなど、
子供向けのイルミネーションが盛りだくさんです。

そして、
ひろしまドリミネーションの近くには、広島本通商店街があります。

有名なアーケード街で、ショッピングやレストランなど、
イルミネーションのついでに寄ることができます。

早めに来て本通商店街を楽しむのも手ですよ。

私はよくパルコにいきます。

女性向けの服や小物が多く販売されており、
ショッピングを楽しんだ後、
8階に抹茶専門店がありますので、そちらで休憩していきます。

ひろしまドリミネーションは、おとぎの国をイメージしているだけあって、
童話や物語に出てきそうなオブジェが盛りだくさんです。

光のトンネルや扉、お城、馬車、クジラなど、
様々なオブジェがあり、
その内側に入って写真を取ることが出来ます。

せっかくですので、歩いて回って、
一緒に写真を撮るのがオススメですよ。

広いので結構疲れますが、
色々な、楽しみ方ができるドリミネーション。

広島の、冬の夜を彩ります。

広島とはいえ、冬は寒いです。
暖かい、格好で楽しんで下さいね。

スポンサーリンク