洗濯しても毛玉にならない方法と毛玉ができにくい洗濯機とは?毛玉防止スプレーはどこで売ってる?

洗濯するとき、毛玉にならない方法って知りたくないですか?

大切な、服に毛玉ができていたらショックですよね。
そういう経験をされた方も多いと思います。

洗濯しても、毛玉にならない方法や、
毛玉ができにくい洗濯の仕方、
毛玉スプレーについて詳しく解説したいと思います。

  

洗濯しても毛玉にならない方法は?

毛玉は、服がこすれるときの摩擦が原因でできます。

袖口や自分の胸元、襟の部分など、
衣服と衣服、身体と衣服が触れ合う部分は、毛玉ができやすいです。

衣服との、摩擦が起き、
毛玉ができる原因になるのです。

パンツスタイルでは、
歩くときの内股同士の擦れも、毛玉ができる原因になります。

■洗濯しても毛玉にならない方法は?

・ネットを使って洗濯する

洗濯槽での摩擦は、
服をネットに入れることで防ぐことができます。

洗濯するときの摩擦も毛玉ができる原因です。

洗濯機に入れて洗濯する際はネットを使いましょう。

ネットは大きすぎたり小さすぎたりしないサイズを選んで、
できれば1つの洗濯ネットには1枚の服を入れるようにしましょう。

ネットの中で服が動いてしまったり、
何枚もの服を入れすぎたりすると摩擦が起き、
毛玉ができる原因になります。

服に対してネットが小さすぎると、
汚れが十分に落ちない可能性があるので、
気をつけなければなりませんが、
大きすぎても摩擦が起こってしまって服に良くありません。

■柔軟剤で仕上げる

柔軟剤は洗濯物をふんわりと柔らかく仕上げる効果以外にも、
静電気を抑える効果があります。

摩擦によるダメージから服を守り、
毛玉ができるのを防いでくれます。

洗濯の仕上げには柔軟剤を使って毛玉ができるのを防ぎましょう。

■毛玉ができやすい素材

・アクリル100%

アクリル100%の素材は、
もっとも毛玉ができやすい素材です。

アクリルは石油を原料とする化学繊維で、
丈夫で傷みにくいことが特徴です。

柔らかくてふわふわとした手触りが、
暖かみを感じさせることから冬物の服によく用いられますが、
強度があるため、逆に毛玉ができやすい素材です。

繊維の1本1本が強いので簡単にちぎれることなく、
摩擦でダメージを受けた繊維が毛玉となってしまうのです。

・天然素材と化学繊維を合わせた素材

アクリルに代表される化学繊維は、
強度があることから天然繊維と組み合わされて、
合成繊維として服に多く使用されています。

その合成繊維も毛玉ができやすい素材です。

化学繊維の割合が多い方が毛玉はできやすく、
天然繊維の割合が多いと毛玉はできにくくなります。

洗濯しても毛玉ができにくい洗濯機とは?

■ドライやおしゃれ着コースで洗う

洗濯する際に、普通コースではなく、
ドライコースやおしゃれ着コースで洗いましょう。

衣類に負担にならないよう優しく洗えるので、
衣類がこすれあうことを防げます。

またおしゃれ着洗剤を使うと、
衣類にかかる負担も少なくなります。

洗濯機は、衣類をこすり合わせてしまうので、
ドライ、おしゃれ着コース機能が付いているものを選びましょう。

毛玉防止スプレーはどこで売ってる?

毛玉予防スプレーが衣類をコーティングし、
毛羽の発生を抑えることで毛玉が発生しにくくなります。

ニットやコートは頻繁に洗濯できないですし、
毎回クリーニングに出すと出費がかさんでしまいますが、
毛玉予防スプレーで毛玉の発生を抑えられると助かります。

■毛玉予防スプレーの使い方

①スプレーを振る

②20センチほど衣類から話してスプレーを吹きかける

③乾かす

※実際に使用する際は、
商品説明をしっかり読んでからお使いください。

毛玉防止スプレーは、
基本的にはどの服にも使うことができます。

ただし、
衣類によってはシミや色落ちが発生してしまう可能性もあるので、
目立たないところに一度スプレーして、
シミや変色が発生しないか確認してから使用しましょう。

■毛玉防止スプレーはどこで売ってる?

毛玉予防スプレーは、
薬局やスーパー、ネット通販でも買うことができます。

自宅に一つあると便利ですよ。

■おススメの毛玉防止スプレー

★白元アース

「ミセスロイド スタイルメイト」

白元 ミセスロイド スタイルメイト 毛玉・ニオイ防止ミスト 300ml【rb_pcp】

衣類の繊維をコーティングして毛玉・毛羽立ちを防止だけでなく、
消臭・抗菌・防臭効果もあり、
静電気も抑制してくれる優れものです。コスパもいいです。

★ファヴールマルシェ

どんな素材にも使用できるファヴールマルシェの「アンデグ」。

ニット以外にもコートなどの毛玉防止に使えます。

無香料なので、
お気に入りの洗剤や柔軟剤の香りはそのままキープできますよ。

残念なのは、
コスパ。ミセスロイドと比べると価格の差が歴然です。

洗濯で毛玉を予防する方法をご紹介しましたが、
やはりできてしまうこともあります。

気になるからと手でむしると、
周辺の繊維まで引きちぎられてしまうのでやめましょう。

毛玉取り器やブラシなどのアイテムを使って、
優しく取るのがポイントです。

しかし毛玉は取れば取るほど衣類の生地を薄くしてしまうため、
できるだけ毛玉を作らないことに注意しましょう。

あとがき

衣類に毛玉ができるのは摩擦が原因です。

とくに洗濯によって衣類はこすれあうため、
毛玉を作ってしまう原因になってしまします。

ですが、
衣類を裏返しにしたり、
洗濯ネットを活用したり柔軟剤を使ったり、
普段の洗濯にプラスアルファの工夫で毛玉の発生を抑えられます。

またできてしまった毛玉は、
毛玉取り器やブラシなど専用のグッズを使って優しく取りましょう。

毛玉を防いで、
いつまでもお気に入りの服を美しく保ちましょう。


応援よろしくお願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。