話題一覧

アフターコロナにテレワークは定着するのか?ウィズコロナ時代の働き方

アフターコロナとは、新型コロナウイルス感染症が世界的に流行した後の、社会のあり方を問う文脈で用いられる表現です。コロナ禍は、社会に完全に「コロナ以前」の状態へ戻ることは、もはや不可能という見解を前提した上で、「今後あるべき社会」を、模索・提言するような文脈で用いられます。「アフターコロナ」は、しばしば「ウィズコロナ」という言葉と共に使われます。「ウィズコロナ」は、「コロナウィルスと共にある」時期を指し、コロナウィルスの感染例や、感染の脅威がいまだ残存している時期を指します。(一部引用)

ワーケーションの意味は?コロナ禍でのメリットやデメリットと事例は?

テレワークには、在宅勤務・モバイルワーク・サテライトオフィス勤務の3つの形態がありますが、そこに4つめの形態として休暇を楽しみながら働くワーケーションも加わることになるかもしれません。ワーケションの意味や、メリットデメリットについてお話したいと思います。

新しい生活様式とは何でいつまで続くのか?できない人はどうなるのか?

『新しい生活様式』とは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、日常の生活の中に取り入れるよう提案されたものです。「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本を守りながら、生活をしていかないといけません。緊急事態宣言は、一応解除されたけど、また、あちこちで感染クラスターも起こっているようです。間違いなくすべての人が願っていることは、『新型コロナウィルスの終息』です。その願いをかなえるためには、『新しい生活様式』を受け入れるべきなのです。

マイナンバーカードでポイント還元はいつから?発行までの日数は何日で手数料は?

消費税率引き上げに伴い、増税分のマイナス影響を補填できるような「マイナポイント」が、2020年7月以降に開始される予定だそうです。マイナンバーカードとスマホ決済などを連動させてポイントを付与する、新しい制度となっているみたいですね。マイナポイントとはどういったものなのか、新たな消費活性化策について紹介します。

科捜研と科警研の違いは何?鑑識との違いや具体的な仕事内容の違いは?

『科捜研の女』や『相棒』は、もはやロングセラーといえるドラマです。科学捜査の技術や警察組織の内情を描いたものなどは、相変わらず根強い人気があります。科捜研と科警研は実在する組織ですが、ドラマを見ていて、現実では行わないことが、演出上描かれているとわかっていても、おもしろいです。そんな科捜研や科警研、また鑑識の人たちが、どういったことをするのか、その仕事内容に興味津々です。

2020年の大河ドラマ タイトル麒麟がくるの意味は何?キャスト・ナイナイ岡村の役は?

NHKの大河ドラマ。毎年楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?物語の主人公や舞台となる地域は、町おこしのきっかけとなり観光の名所となるほど、 その人気には幅広く影響を及ぼします。毎年1月から始まり12月までのおよそ1年間。毎週日曜日の8時から放送されるNHKの大河ドラマシリーズは2020年で59作目になります。2017年放送の『おんな城主 直虎』から間を開けて、再び時代は人気が高いといわれる戦国時代に戻ります。今回の主人公は、あの織田信長を本能寺の変で討った明智光秀。過去の大河ドラマの作品では、脇役として何度も登場している光秀ですが、主人公として描かれるのは初めてのことなのだとか。また、光秀自身は歴史の教科書に載るほどの有名な武将ではありますが、以外にも生い立ちはわかっていないことも多く、その辺りをどのように表現していくのか注目したいところです。今回はそんな2020年大河ドラマ『麒麟がくる』についてご紹介したいと思います。

地獄絵図とはどんな意味を表しているのか?絵本の地獄絵が売れる理由としつけに良いのは何故?

地獄絵図という言葉には、どんな意味があるのでしょう?「まるで地獄絵図の様だった」という表現を聞くことはありますが、その時に思うのは、とても、荒れている風景…ですかね。怖い絵を想像してしまうのですが、地獄絵図の持つ意味について、ちょっと言葉にしづらいので、調べてまとめてみました。