女性のうつ病は日常生活の過ごし方で症状をチェック!鬱病にならないための7つの生活習慣とは?

女性のうつ病が増えているそうです。

自分自身が鬱病かどうかと思い悩むこと自体が、
鬱病の引き金になるかもしれません。

鬱病かどうかを、日常生活の中の症状でチェックして、
早期発見すれば、
早く適切な治療を受けることもできます。

心あたりとなる原因を見つけ出すこともできますし、
早いうちなら、生活習慣を見直すことで改善することもできます。

自分自身の症状をチェックして、該当するようでしたら、
早めに医師の診断を受けるようにしましょう。

また、生活習慣をどのように改善すれば、
鬱病を遠ざけることができるのか、
その方法について考えてみました。

スポンサーリンク
  

女性のうつ病は日常生活の過ごし方で症状をチェック!

女性のうつ病は40代から発症する人が増え、
50代~70代でも発症する人が多い、身近な病気です。

育児で忙しくしていた時期が過ぎ、
これから少しは楽になるだろうと思われる頃ですが、
今度は親の介護や子供の受験や進学、非行問題などが原因で、
鬱になってしまう女性が多いのです。

このまま放っておくと将来、
認知症になるリスクも増える危険性があります。

鬱の症状を早く見つけて、確実に治すことが重要なのです。

そのためには、
自らが発している鬱のサインの見つけ方を知る必要があります。

更年期以降の女性に多い鬱は、
脳内の神経伝達物質が不足することで、
気分の落ち込みや不安、集中力の低下、不眠などの症状が現れます。

体の不調も招いてしまう鬱は、
脳が炎症によるダメージを受けているからだそうです。

自分に鬱の兆候があるかどうか、
今の状況をチェックしてみましょう!

☑ 気分が落ち込んだり、悲しくなったりする。

☑ 物事に対して興味がなくなり、楽しめなくなる。

☑ 疲れやすく、気力がわかない。何をするのも億劫になる。

☑ 食欲がない、あるいは食べ過ぎてしまう。

☑ なかなか眠れない、あるいは眠り過ぎてしまう。

☑ 自分には価値がない、周りに申し訳ないと思ってしまう。

☑ 頭が思うように回らない、物事に集中できない。

☑ そわそわして動き回る。あるいは動作や話し方がゆっくりになる。

☑ 生きていても仕方がない、死にたいと思ってしまう。

これらの症状が、最初の2項目を含めて5項目以上当てはまる状態が、
2週間以上続いている場合は、うつが疑われますので、
病院を受診する必要があります。

物忘れや痛みがサインの場合もあります。

気持ちが落ち込んだり、やる気が出なかったりするのは、
誰にでもあることです。

しかしそんな状態が2週間以上続き、
日常生活にも支障が出ているのなら『うつ』かも知れません。

現状うつの診断は、医師の主観的な判断や、経験に頼っているため、
誤診ということも少なくありません。

しかし、うつになると、
血液中のPEA(リン酸エタノールアミン)という物質が減ることから、
現在研究中ですが、今後、ほかの病気と同じように、
血液検査で血液中のPEA濃度を測定することで、
うつの診断や、治療の効果の確認などが出来るようになるとのことです。

『トラウマ』って 何語?カタカナ語うまく使えていますか?インターネットによって、世界の情報をより簡単に取得できるようになった現代。日本語だけでは表現しきれない言葉が以前に比べ、加速度的に増えている昨今。トラウマのようなカタカナ言葉ってなんとなく流していたけど、ほんとうの意味や使い方で不安に思うことありませんか?今回は、そんな言葉の中から『トラウマ』についてご紹介してきます。

女性のうつ病は考え過ぎが原因⁈

女性は男性よりも患者数が多く、
特に40代~70代での発祥が目立ちます。

女性の場合は、人間関係、特に子供や夫など家族の悩みから、
うつになる人が多いようで、
子供が巣立った寂しさや、
独り暮らしになった孤独感を訴える人もいるということです。

うつの症状というと、憂鬱な気分や気力の低下などを思い浮かべますが、
ほかにも意外と多いのが、
『眠れない』『疲れやすい』『食欲がない』といった体の症状や、
『痛みがしつこく続く』『耳鳴りやめまいがなかなか治らない』
といった背景に、うつが隠れているということもあるそうです。

また、頭が思うように働かず、物忘れも増えるためか、
「もしかして認知症では?」と、心配する人もいるようです。

これらの症状は、脳の前頭葉の働きが低下するのが原因で、
うつが長い間続くと、
将来、認知症になるリスクがあがるという報告もあります。

このような症状に気づいたら放置せずに、
専門医を受診してきちんと治すことが重要です。

“考えすぎ”が神経伝達物質の浪費に!

そもそも、何故うつになるのでしょうか?

スポンサーリンク

うつの患者さんの脳の中では、
神経細胞が炎症によるダメージをうけ、
神経伝達物質が足りなくなっています。

鬱に関わる神経伝達物質には、
セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンの3つがあります。

セロトニンは、気分を安定させ、不安や恐怖を軽くします。

ノルアドレナリンは、思考力や集中力、意欲に関係し、
ドーパミンは、気分の高揚や幸福感などに関係しています。

うつになると、これらの物質が不足することで、
不安や意欲の低下、楽しみの喪失などの症状が現れることになり、
私たちの感情は、
脳内の物質によって大きく左右されていることがわかります。

ストレスを抱えて思い悩んだり、過去の辛い経験を何度も思い出したり、
マイナス思考でくよくよしたりしていると、
神経伝達物質がどんどん使われて減っていきます。

考えすぎることは要注意ですね!

私はよく「疲れたー」って言います。それは、疲労感だと思っていました。なんか、だるいし、ちょっと休もうって思うのですが、しなくてはいけない事が山積みで、また動いてしまうので、夜は、お布団に倒れ込んでしまうんですよね。疲労感の他に、倦怠感もあるって聞いて、私の疲れはどっちなんだろう?と、思う様になりました。ます、疲労感と倦怠感の違いから説明したいと思います。

うつ病にならないための7つの生活習慣とは?

考え過ぎや悩みすぎ、物事をつい悪い方向に捉えてしまうマイナス思考。
心当たりのある人は、うつになりやすいタイプだといえます。

うつを寄せ付けない、考え過ぎないための7つの習慣で、
鬱を遠ざけましょう。

★習慣① 寝る前はお花畑気分で!

何か不安なことがあると眠れなくなりがちで、
眠れないことでさらに不安が増してきます。

まずは睡眠の改善が重要です。

寝る30分前から自分のことを考えないようにしましょう!

頭の中に自分が出てくると、
どうしても考えが暗くなってしまうからです。

寝る前は、きれいな景色や可愛い動物など、
好きなものを思い浮かべ、
心軽やかな“お花畑状態”にしましょう。

★習慣② 初めて会った人を1分間ほめる!

日本には、自分を下げて相手を上げる謙遜の文化がありますが、
自分を下げ過ぎると、自己肯定感まで低下しがちです。

そうならないために“自分を下げずに相手を上げる”方法、
つまり、相手を褒めることです。

褒め癖がつくと思考が前向きになります。

初対面の人を1分間ほめあう集団心理療法を行うことで、
場が和み、人間関係もよくなります。

★習慣③ 『わからなくて、できないこと』はあきらめる!

問題には解決できるものとできないものがあります。

悩み過ぎないためには、
できないことはできないとあきらめることが一番です。

その問題が、解決可能かどうか、まずは仕分ける習慣を着けましょう。

頑張って考えてもわからないものはわからないのだから、
捨てるが勝ち!

勉強は、自分の努力次第なので、
実行あるのみ。

病気は治療法がわかっても、一人では解決できないので、
他者のサポートを。

また、元気に呼吸できているのは健康な証拠、
その仕組みはわからなくても『おかげさま!』の気持ちで感謝感謝!です。

★習慣④ 週に一回、別人のように振る舞ってみる!

『私はこういう人間だから!』と、
自分で自分のことを決め着けていませんか?

今ある自分の考え方や行動が“自分”なのだとガチガチに捉えず、
服を着替えるように別の考え方や行動を試してみましょう!

『内気だから自分からは話しかけられない』と思っている人は、
週に1回でいいので、自分から笑顔で「おはよう!」と言ってみましょう。

すると、先方からも笑顔の「おはよう!」が返ってきて、
ハッピーな気持ちになれます。

そんな小さな成功体験が自分自身を変えてくれるのです。

これはモノの見方を修正して、
行動や気分を変える『認知行動療法』そのものです。

★習慣⑤ せっかちをやめる!

たとえば、「家族関係が悪化しているので、一日も早く改善したい!」
うつになる人は、こんなふうに“せっかち”な傾向が強いそうです。

性急に結論を出そうとするとストレスが増えるだけ、
家族との関係がこじれていても、1~2年後に良くなっていればいいや!と、
ゆっくり構えましょう。 せっかちは禁物です!

★習慣⑥ ときには理屈よりも感情を優先する!

感情に振り回されると判断を誤りますが、
その一方で、感情を優先すべき時もあるといいます。

人生の重大事項を決めるときに、好き嫌いといった感情をないがしろにすると、
後になって悩みが深まります。

選択するときは、自分の心の動きに注目し、
どんな感情が湧いてくるのか、検討して見ることも大切です。

★習慣⑦ 人はみんな“アホ”だと割り切る!

人間はみな 不完全な存在なのです。

誰でも失敗するし、見栄も張る、
ストレスに押しつぶされそうにもなります。

つまり、人間はそういう“アホ”な存在なのだということを認めると、
心の中の葛藤が減り、素直になれるのです。

開き直って『もぅ~、アホやなぁ~』と呟いてみてください。

肩の力がスーっと抜けて、楽になりますよ!

あなたは学校や職場で眠くなって、ついウトウトしてしまったりする事はありませんか?その症状、もしかしたらナルコレプシーかもしれません。睡眠障害には、 寝ようと思ってもなかなか眠ることが出来ない不眠症や、時と場所を選ばずに強い眠気に襲われる睡眠異常など様々な症状があります。その中でも、睡眠時間をちゃんと取ったはずなのに、日中に激しい眠気に襲われる睡眠異常、ナルコレプシーについて少し調べてみませんか?

あとがき

『自分は違う!』
そう思いたいと考えるあまり、
自らの身体が発しているサインに、
目を背けていることもあると思います。

生活習慣をちょっと変えるだけで、
快適に暮らせるようになることもあるようです。

まずは自分にそのような症状があるのかないのか、
セルフチェックすることですね。

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。