トイレに芳香剤と消臭剤を一緒に置いてもいいの?どっちを置けばいいのか置く位置で効果は違う?

スポンサーリンク
生活


 
臭いが気になる時に芳香剤を置くべきなのか、
それとも消臭剤を置いたほうがいいのか迷ったことはありませんか。

どちらも臭いに働くことは同じですが、
実は働き方が全く違います。

香りで臭いを紛らわすのか、
消臭成分により臭いの元を消すのかによって選ぶものも変わります。
 
また、芳香剤と消臭剤では置く場所も違いますので、
それぞれの特徴とポイントを押さえておきましょう。

スポンサーリンク
  

トイレに芳香剤と消臭剤を一緒に置いてもいいの?

 
芳香剤と消臭剤は似ているようでも効能が違います。

芳香剤というのは、臭いをつけるためのもので、
消臭効果はありません。

石鹸やラベンダー、バラ、レモン、果実、アロマなどの香りが好まれていて、
いい香りで悪臭をマスクします。

一般的に、芳香剤の中には消臭成分は含まれていません。

臭いを消すことは出来ず、
あくまでもいい香りでごまかすだけです。

一方で消臭剤とは、
特定の悪臭を吸着して分解するものです。

汗やトイレの嫌な臭いの元になる成分を、
科学的に分解・中和して消してくれる働きがあります。

消臭剤は特定の臭いの成分だけを分解するので、
すべての臭いを消すわけではありません。

部屋用の消臭剤は、ペット、体臭、汗や生ごみなど、
部屋の悪臭の原因成分だけを分解して消します。

同様にトイレ用の消臭剤は、
トイレの悪臭のもとになるアンモニアや硫化水素などの成分だけに作用します。

ですので、
トイレ用の消臭剤を部屋においてもあまり効果はありません。 

このような性質があるために、
消臭剤が芳香剤のすべての香りを消すわけではなく、
一緒においても問題はありません。

置く場所を変えて使い分けることが出来るとより効果的です。
 

トイレの芳香剤と消臭剤はどっちを置けば効果的なのか?


 
トイレの悪臭の原因は、
尿や便に含まれるアンモニアや硫化水素です。

また、
私たちが臭いと感じる臭いの元は、ほとんどが雑菌です。

一時的に臭いが消えたような気がしても、
雑菌がいる限り臭いは消えません。
 

スポンサーリンク

その悪臭の元になる成分を化学反応させて分解し、
無臭にしてくれる働きがあるのは消臭剤だけです。

根本からトイレの臭いを消すためには、
消臭剤を効果的に使うことが大切です。
 

芳香剤はあくまでもいい匂いを付け加えるためのもので、
悪臭をもとから消すことのできる消臭成分は含まれていません。

芳香剤は、リビングや寝室など、
リラックスしたい場所でも用いられることが多いです。

しかし、
トイレに入った瞬間にいい香りがすると気分も良くなるので、
快適な空間を作るために芳香剤はとても頼りになります。
 

芳香剤と消臭剤の違いは、消臭成分が含まれているかどうかです。

これらの特徴を考えて、
芳香剤か消臭剤をどちらか一つトイレに置く場合、
効果的なのは消臭剤です。

芳香剤には消臭成分が含まれていないのに対し、
消臭剤には芳香剤が入っているものもあるので、
選ぶときには、
香り付きの消臭剤を選ぶと一石二鳥の効果が得られます。

トイレの芳香剤と消臭剤は置く位置によって効果は違う?

トイレの芳香剤と消臭剤の置き場所については、
知っておくといいポイントがあります。

まず、芳香剤の香りというものは、
沈殿して下に溜まってしまいやすいということです。

あらかじめ空気の流れを確認しておくと良いです。

空気を動かすことで足元辺りに溜まっていた香りが動き、
芳香剤の効果が出やすくなるため、
なるべく窓やドアの近くに置くのがお勧めです。

排気口の近くに置くと、
せっかくのいい香りが外に出て行ってしまうため、
排気口の近くに置くのは避けましょう。
 

また、
芳香剤は、その名の通り「芳しい香りを出す」ものです。

この香りの成分は、
一般的に空気よりも重いので、上から下へと広がっていきます。

 
そのため、
なるべく高い位置に置くとより香りが広がって効果的です。
 

それに対して、消臭剤は「臭いを消す」ものです。

悪臭の原因となる成分は、空気よりも重いことが多く、
下のほうに溜まりやすいです。
 
その成分を吸着し、分解して中和しやすくするために、
消臭剤はなるべく低い位置に置くほうが効果的です。

床の隅に置くのが良いですが、
トイレが広いときは、対角に2つ置いても良いでしょう。

また、
トイレが狭いときは便器の裏に置くのもお勧めです。
 

消臭剤は空気が動かずに臭いが溜まっているような場所や、
臭いの元の近くに置くことが鉄則です。

あとがき

 
芳香剤と消臭剤は似ているようでも、
違いがあります。

どちらも空間のイヤな臭いを感じにくくさせてくれるのもですが、
これらを使ってもまだ臭いが気になる時は、
壁や床を掃除してみましょう。

見えないところにも汚れがあり、
臭いの原因になっているかもしれません。
 
また、インテリアとしておしゃれなものを選んだり、
好みの香りでトイレの空間を彩ると、
暗いイメージのトイレが明るくなります。

是非、自分に合ったものを見つけてトイレの空間を素敵にして下さい。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました