野菜の下ごしらえが面倒な人の時短する工夫と手抜きできるグッズは?

スポンサーリンク

一般的に料理を美味しくするといわれる「下ごしらえ」は、
めんどくさくて、ついつい省いてしまいがちです。

ですが、ちょっとしたカットの技術やひと手間で、
断然美味しさに差がつくそうですよ。

今回は、野菜の下ごしらえが面倒な人の、
時短する工夫と手抜きできるグッズを紹介したいと思います。

野菜の下ごしらえが面倒な人は何が一番嫌いか?

面倒だと言われている、
野菜の下ごしらえは下記の通りです。

・「たけのこの下茹で」
・「キャベツの千切り」
・「玉ねぎのみじん切り」
・「ごぼうを洗い、皮をこそげとる」
・「ごぼうをささがきにする」
・「大根おろし」
・「かぼちゃを切る」
・「じゃがいもの皮を剥く、芽を取る」
・「しょうがをおろす、みじん切りにする」
・「大根の千切り」

言われる通り、どれもめんどくさいですね。

できれば避けたい下ごしらえばかりです。

カット野菜で済ませるものは、
カット野菜ですませてしまいたいと思ってしまします。

上記に挙げた、
面倒だと言われている、野菜の下ごしらえは、
実は1位から順にならんでいます。

1位は、たけのこの下茹でですが、
これはよく分かります。

ご近所さんから、掘りたてのたけのこを頂いた時は、
嬉しい様な、
面倒な物を頂いた様な気持ちになります。

玉ねぎのみじん切りも、面倒ですが、
その前の、皮を剥くのも面倒です。

じゃがいもの皮を剥くのも同様です。

忙しいとなかなか料理に時間をかけられません。

料理の段取りを考えてみると、
火にかける時間や盛り付ける時間よりも、
実は洗う・皮をむく・切るなど、
下ごしらえに時間がかかっていますよね。

野菜の下ごしらえが面倒な人の時短する工夫は?

時短になる下ごしらえを紹介したいと思います。

①洗う

買ってきた野菜は全て洗ってしまいます。

洗って水気を切っておくだけでも、
すぐに料理に使うことができます。

レタスなど生で食べる野菜は、洗って水気を切ります。

葉を切ると色が変わってしまうので、
そのまま保存袋に入れて冷蔵庫に入れておきます。

②切る

すべての食材は切ってから保存しておくと便利です。

食材は汚れがつきにくいものから順に切っていきます。

葉物野菜→根菜の順番です。

汚れの程度が少なければ、
まな板と包丁をキッチンペーパーでさっと拭いて、
次の食材を切ります。

また、野菜は切り分けておくと、
後々のメニューが広がります。

キャベツなら、千切りと野菜炒め用と汁物用にします。

にんじんなら短冊切りと輪切りと、
乱切りなどにしておきます。

最初は切り方に悩むかもしれませんが、
あまり難しく考えずに、
作ることが決まっているメニューや、
思いつくメニューに合わせて切っておきます。

肉と魚はすでに切ってあるものを買うと早いのですが、
まとめてパックしてあるものなどは、
お値段も安くなっていますので、
購入する機会も多いですね。

切ってから調理したいものは、
すぐに切っておきましょう。

鶏肉を唐揚げに、などの場合は、
キッチンバサミで切るのも時短になります。

③火を通す

さっと火を通した野菜があると、
簡単に和え物や、
付け合わせなどを準備することができるので、
オススメです。

大きめの鍋やフライパンにたっぷりのお湯を沸かし、
もやしなど細かいものはザルに入れて、
さっとお湯にくぐらせます。

そのまま同じ鍋でキャベツ→ブロッコリー→ほうれん草と、
アクの少ないものから順に火を通していきます。

お湯を沸かす際には、
他にまとめて火を通すものがないかと、
冷蔵庫を見てみるのも良いですね。

④下味をつける

火を通した野菜はそのままでも構いませんが、
塩を加えておくのがおすすめです。

日持ちもしますし、水分が抜けて食べやすくなります。

そのまま食べてもいいですし、
レモンやポン酢をかけてサラダ感覚で食べても、
美味しい副菜になります。

⑤電子レンジを使う

下ごしらえの時短といえば電子レンジ、
という方も多いのではないでしょうか。

切っておいた野菜をレンジにかけて温野菜に、
豆腐の水切りに、
乾物を戻すのに、
鶏肉を酒蒸しになど、
時短料理に電子レンジは欠かせませんね。

野菜の下ごしらえで手抜きできるグッズは?

ご飯の準備は、毎日のことなので、
ささっと準備して美味しく食べたいですよね。

でも意外と面倒臭いのが下ごしらえ。

便利なグッズを紹介したいと思います。

★キャベツピーラー

キャベツの千切りって難しいですよね。

お店のような細くて美味しい千切りは技術も必要だし、
包丁の切れ味も大事です。

でもこの「キャベツピーラー」なら、
キャベツを撫でるように切るだけで、
お店で出てくるようなふわふわ千切りが簡単にできます。

★フルベジ ピコ ヘタ取り

トマトのヘタは、
奥に深いので意外に取り辛いものです。

この「フルベジ ピコ ヘタ取り」があると、
爪切りのような感覚でパチンと綺麗に取れるので、
気持ちよく下ごしらえする事ができます。

トマトだけではなくて、
苺のヘタやジャガイモの芽なども簡単に取れてです。

★ピーラーグローブ

長いごぼうは、
調理するのが難しくて敬遠しがちです。

このピーラーグローブは、
手袋でゴシゴシするだけで、
野菜を洗う感覚で皮がむける優れものです。

★ぶんぶんチョッパー

テレビでよく紹介されているので、
ご存じの方も多いと思います。

みじん切は、細かい作業で、
特に玉ねぎをみじん切りにする時は、
涙は出が出たり、食材がまな板から転がっていったりと、
とにかく面倒くさいです。

ぶんぶんチョッパーなら、食材を入れて、
取っ手を引くだけで、超簡単にみじん切りを作られます。

★にんにく皮むき器

これがあれば、手がにんにく臭くならず、
皮が簡単に剥けます。

★ピーマン・パプリカのヘタ取り

形を維持したままタネとヘタを取り除けるので、
輪切りにしたい時や丸ごと肉詰めにしたい時に便利です。

スポっと取れるので、楽しさもあります。

★トマトピーラー

包丁だと難しいトマトの皮むきを、
軽い力でスーッとむくことが出来ます。

トマトの皮むきは、
お湯を沸かしたり、火であぶったりととても面倒ですが、
これがあればきれいに皮が剥けるのと、時短になります。

紹介した、グッズの中から、
今、話題の「ぶんぶんチョッパー」を使った
簡単レシピを紹介したいと思います。

■お豆腐ミートスパゲティー

【材料】

凍らせた豆腐 約300g(木綿豆腐を冷凍庫で凍らせておきます)
玉ねぎ     1玉
塩こしょう   お好みで
ケチャップ   お好みで

【作り方】

①豆腐を自然解凍、又はレンチンで解凍し、
手で押して適度な水切りをします。

②ぶんぶんチョッパーで、
みじん切りにした、玉ねぎのみじん切りを炒め、
色見が付いたら細かくした豆腐投入します。

③味つけ、今回は手軽に使えるミートソース素を使いました。

④パスタを茹でてミートを乗せて完成です。

ミートソースの素を使っていますので、
味の調整は、
塩コショウやトマトケチャップで、
お好みの味に仕上げて下さい。

■簡単コールスロー

【材料】

キャベツの葉  2枚
ピーマン    1個
人参      3.4センチくらい
玉ねぎ     隠し味で少量
マヨネーズ   お好みの量
塩、コショ   少々
お酢      大さじ1
サラダ油orオリーブオイル  大さじ1

【作り方】

①野菜と調味料をぶんぶん容器に投入します。

詰め過ぎない様にしましょう。

②ぶんぶんします。

③20~30分そのまま置きます。

キャベツがしんなりして美味しくなります。

お好みで、バジルや、コーンを入れて下さい。

あとがき

育児や、家事で忙しい時に、
野菜の下ごしらえが時短できれば、嬉しいですよね。

お料理のレパートリーも広がりますし、
台所に立つのが楽しくなると思いますよ。