ルイボスティー ダイエット効果の口コミは?効果的な飲み方やカフェインはどうなの?

「ルイボスティー」というお茶
一度は飲んだことがあるのではないでしょうか?

私が、飲んでみようかなと思ったのは、
夏バテに効果があると聞いたので飲んでみました。

気のせいかも知れませんが、
その夏は夏バテ知らずで過ごせました。

ただ、私が気になるのは、
お茶の濃さですね。

ルイボスティーを飲み過ぎて、
歯が茶色になったという話を聞いた事があります。

そんな、ルイボスティーはどんなお茶なのか、
紹介したいと思います。

スポンサーリンク
  

ルイボスティー ダイエット効果の口コミは?

ルイボスティーの効能は書ききれないくらいたくさんあり、
「ルイボスティーの効能のおかげで他の成分も体内で活きていく」
と言われるくらい優れていると言われています。

疲れ気味な毎日の調子を整えてくれ、
身体の内も外もキレイにしてくれる健康茶だそうです。

南アフリカ原産のルイボスティーは、
古くから先住民たちに健康茶として親しまれてきました。

「不老長寿の飲み物」と呼ばれてきたルイボスティーには、
さまざまな効能があり、美容茶としても人気の茶葉です。

子どもからご年配の方はもちろん、赤ちゃんや妊娠中の方も、
皆さんに自信を持ってお勧めしているそうです。

ルイボスティーの効果ですが、
個人差がありますので、参考までに…

ルイボスティーの抗酸化効果により、
「しみ」や「ほうれい線」などの原因である活性酸素を減らします。

アトピー性皮膚炎の改善にもつながり、
症状を徐々に抑えてきれいなお肌を生み出します。

また、薄毛や白髪対策にもおすすめです。

ルイボスティーのミネラルや抗酸化作用が髪に良い影響を与えてくれます。

加齢臭などの体臭にも効果があり、
女性だけではなく男性にもお勧めです。

多くの人が悩んでいる「便秘」にも良いといわれています。

ルイボスティーの抗酸化効果が、
活性酸素を除去し悪玉菌を排出してくれるので、
腸内が整い、ダイエット効果が期待できます。

そのほか、
活性酸素は花粉症の原因でもあるので、
活性酸素を減らす事で免疫力が上がり、
ルイボスティーの抗酸化効果は、つらい花粉症を緩和することができます。

そして、
最近話題になっている「ゴースト血管」の予防・改善としても注目されており、
ゴースト血管を予防する事で、
脳卒中や心筋梗塞などのリスクを抑えられると考えられています。

また、ルイボスティーに含まれているアスパラチンやSOD酵素の成分が、
糖尿病・動脈硬化・メタボリックシンドロームなどを予防に役立ちます。

あらゆる症状の改善により、
イライラを減らしてストレスフリーになる事も大切な病気予防のひとつです。

ルイボスティーには、色んな効能があるんですね。

普通に適量のルイボスティーを飲んでいる限りは、
健康効果のほうが圧倒的に高いようで安心しました。

ですが、
妊婦さんは妊娠中にはルイボスティーを飲むことを、
控えたほうが良さそうだという意見もあるので、
飲む量はほどほどに…という事でしょうか。

ルイボスティーは、ダイエット効果があるのか?その口コミを一部紹介します。

★友達からススメられて飲み始めました。

お腹周りもスッキリした感じ、これからも、飲み続けようと思います。

★飲んでいます、お通じはよくなりましたが、
痩せている感じはないです。

★お通じは、良くなったけどダイエット効果は…飲み続けるか考えています。

などとありますが、あまりダイエット効果は期待できないようですね。

ルイボスティーのダイエットに効果的な飲み方は?

ルイボスティーは、自然なお茶なので通常副作用はないですが、
残留農薬によって副作用が出ると考える人もいます。

スポンサーリンク

その場合、症状としては下痢などが多いようです。

そこで、安心、安全志向の人は、
有機栽培の商品を選ぶことが多いようです。

もし、ルイボスティーを購入の際に気になる場合は、
有機栽培のルイボスティーを選ばれる事で安心して飲むことができるでしょう。

ルイボスティーのダイエットに効果的な飲み方といっても、
特に決められた時間もなく、
飲み方も自由なルイボスティーですが、
お茶を飲むだけで痩せられるのか疑問に思うところですよね。

ルイボスティーは、実は飲めば痩せるというものではありません。

ルイボスティーに含まれる成分が痩せやすい体にし、
ダイエットの強い味方になってくれるそうです。

つまり、
飲むことによってダイエットをサポートしてくれるアイテムです。

あくまでも、サポートなので、
効果は個人差があると思って下さいね。

では、ダイエットに効果的な飲み方ですが…

お茶を淹れるといっても、
お茶の種類によって淹れ方や飲み方などは違ってきますよね。

もちろん、ルイボスティーにおいても、
ダイエット効果をより発揮させる淹れ方や飲み方、飲む回数もあります。

ルイボスティーダイエットの方法を守ることで、
お茶から余すことなく十分な成分を摂取でき、
効率良く効果に期待が持てます。

ルールを守ってしっかりと成分を摂取しましょう。

★一日に1~3杯を飲む

ルイボスティーは食事の代わりに飲むと言った、
置き換えダイエットではありません。

水やお茶の代わりにルイボスティーを飲むだけであり、
ダイエットを意識したバランスの取れた食事は必要になってきます。

当然、
“たくさん飲めばその分痩せる”や“飲んでいればたくさん食べても太らない”
と言ったものではありません。

重要なのはダイエットのサポートをしてくれると言うことであり、
運動とあわせて毎日1~3杯を継続的に飲むことです。

ただ、飲みすぎは下痢の原因となることもあるので注意してください。

★毎日飲むことが大切

どのようなダイエットもそうですが、
継続させて行うことが痩せるためのカギであり大切なことです。

ルイボスティーダイエットも、
たまに飲んですぐに効果を発揮するお薬のようなものとは違います。

毎日欠かすことなく飲むことを習慣付けすることがとても大切です。

痩せやすい体に体質改善するには、
時間が掛かるものです。

決して体や心に負担のかかるダイエット方法ではありませんので、
気長に続けるようにしましょう。

★飽きてきたらアレンジも

毎日飲むとなると飽きてきてしまうこともあると思います。

そんなときはアレンジして楽しむのもダイエットには必要なポイントです。

例えば、
ルイボスティーに牛乳を混ぜればチャイのような風味が楽しめます。

また、ショウガと砂糖をいれてジンジャーティーにするのも、
からだを温めたいときにはおすすめのアレンジです。

ルイボスティーにゼラチンを混ぜて、冷やしてティーゼリーにしたり、
クッキーに細かくした茶葉を入れて焼いた
ルイボスクッキーもおいしいので試してみてください。

ルイボスティーでご飯をたくと、
アジアンテイストの食事に合うご飯もなります。

継続は力なりですね、
ダイエットは、ルイボスティーだけではなく、
運動も取り入れるのが、ダイエットの近道になりそうですね。

ルイボスティーにダイエット効果があるというけどカフェインはどうなの?

ルイボスティーはノンカフェインです。

また、空腹時に飲んでも胃腸を痛めないのがうれしいポイントです。

ノンカフェインなので、
赤ちゃんからお年寄りまで誰が飲んでも安心です。

就寝前に飲んでもカフェインの覚醒作用はありませんし、
リラックスして入眠することができます。

さらに、胃腸が弱い方でも常飲できるほど安心なので、
おもてなし用にも安心です。

毎日のお茶の時間にどんなものを好んで飲まれていますか?コーヒー、紅茶、緑茶、暑い時期には麦茶なんかも好まれるところです。朝、昼、晩とそれぞれのタイミングで一息いれる。ゆったりとした時間を過ごすことで、気持ちをリフレッシュできるお茶の時間は大切にしたいものですよね。以前から、何となく体に良いものとして習慣づいて飲まれていたものも、その効能が科学的にわかってきたところから、さらに安心して楽しめる飲み物が増えてきています。今回は、そんな中から、『カモミールティー』についてご紹介したいと思います。

あとがき

色んな、作用のあるルイボスティーですね。

ダイエット効果もあると聞けば、
飲みたくなります。

お茶屋さんに行って、
「抗酸化作用のある物を」というと、
必ず、ルイボスティーをススメられます。

飲んでみたいのですが、
先ほども話しましたが、お茶の色が濃いのが気になっていて、
今は、同じく抗酸化作用の高い「モリンガ茶」を飲んでいます。

胃の負担や、お茶の色も濃くなく、美味しく飲んでいます。

最近は、ルイボスティーに、広島産のレモンを加えた、爽やかな
フレーバーのルイボスティーもあるので、試してみて下さいね。

スポンサーリンク