尾道ラーメンとはどんな味?特徴と発祥の歴史 広島でおすすめの有名店は?

尾道と聞くと、何を思い出されますか?

坂の町、猫の町、千光寺公園など…
千光寺公園の展望台下付近は”恋人の広場”と呼ばれており
カップル向けの撮影スポットがあります。

デートで訪れた記念に、売店で販売されているハート型の
南京錠にメッセージを書いてカギを掛けます。

それから、尾道美術館の、猫と警備員さんとの攻防を、
Twitterやテレビで観られた事もあると思いますが、
美術館に入りたい猫、それを阻止する警備員さんとのほのぼのとしたやり取りは、
観ていて微笑ましいです。

そんな尾道は、近年広島でも有名スポットになっていて、
外国人観光客も多く、
それに、ともなって「尾道ラーメン」の知名度も上がってきました。

私も、尾道ラーメンを食べることがあります。

私のおススメのお店も紹介しながら、お話したいと思います。

スポンサーリンク
  

尾道ラーメンとはどんな味?

「尾道ラーメン」は広島県の東部、
尾道市~福山市を中心に広がっている広島県のご当地ラーメンです。

鶏ガラと小魚でダシを取り醤油で味付けをした、
透き通ったスープが特徴の、とてもシンプルなものです。

一目、見た感じは昔ながらの「中華そば」とあまり変わりは無いような、
非常にシンプルな昔ながらのラーメンですね。

ただし、通常の中華そばとちょっと違うのは、
スープの表面には背脂が浮いているという点で、
見た目よりもこってり感が強いものが多いです。

尾道ラーメンの麺は、
基本的に平打ちであまり太くなくストレートのものが一般的です。

ですが、太い麺を使っているお店もあります。

また、麺の舌触りやスープとの絡み具合を左右する「加水率」は、
比較的低目のものが多く、
ほどよい小麦の香りを味わいつつも、
いい感じにスープに絡みあうラーメンを楽しめます。

乗っている具材も、
非常にシンプルなもので構成されていて、
もっともポピュラーな組み合わせは、
ネギ・チャーシュー・メンマ、の3点セット。

追加で味玉などトッピングをできるお店もあります。

今やご当地グルメとして有名になった「尾道ラーメン」ですが、
実は「観光客が作り出したジャンルだ」という説があるそうです。

事実、尾道ラーメンで有名とされている広島の『朱華園』の店主は、
お店で提供しているラーメンを「中華そば」と呼んでいるらしく、
「どこまでか尾道ラーメンなのか」という定義は今でも曖昧のようです。

看板などに惑わされて、ふらっとその辺のお店に入ると、
ちょっと残念な思いをする可能性があるので、
尾道に行く際は、下調べをしてからお店に行くことをおすすめします。

広島と言えば、お好み焼きや広島レモン、広島産のカキに並んで一躍有名になったのが、汁なし担々麺です。辛い物が好きな方には、たまらないみたいですね。名前の通り、汁がなく、麺の上にはトッピングのたまごとネギが乗っています。辛さも調節できるので、辛い物が苦手な方も、食べる事はできます。実は、私は辛い物がからっきしダメなのと、汁のないラーメンは考えられないのでめったに食べないのですが、広島県人が愛してやまない、汁なし担々麺をご紹介します。

尾道ラーメンの特徴と発祥の歴史

尾道ラーメンの歴史ですが、
「尾道ラーメンは1947年に「朱華園」を開業した、
台湾出身の朱阿俊が提供したラーメンに始まったと言われています。

醤油味ベースのスープに平打ち麺。

トッピングに豚の背脂のミンチを乗せたものは、
現在でも朱華園で「中華そば」として提供されています。

1990年代になると福山市鞆の浦の珍味メーカー
「阿藻珍味(あもちんみ)」が、
「お土産用尾道ラーメン」を販売するようになりました。。

スポンサーリンク

鶏ガラスープに平子いわしを使ったもので、
以後、この系統のラーメンを出す店が増え、
一般的に「尾道ラーメン」といった場合には、こちらを指すことが多いのです。

なお、阿藻珍味が福山市のメーカーであるため、
フードテーマパークのパイオニア岩岡洋志は、
「尾道・福山ラーメン」と呼ぶべきかもしれないと述べています。

このように尾道ラーメンは朱華園をルーツとするものと、
阿藻珍味をルーツとするものの、二つの系統があると言えます。

なお、朱華園の二代目となる壇上俊博は、
「ラーメン作りで父(朱阿俊)に教わったことはひとつもない」と、
インタビューで答えていて、
現在食べられている尾道ラーメン(中華そば)は、
父親の味を壇上が独自に研究、再現、改良したものなのです。

これを見ると、尾道ラーメンに、これといった定義ないようですね。

尾道ラーメンといっても、
お隣の福山市でも、尾道ラーメンがあって、
○○店の福山支店という、お店もよく見かけます。

阿藻珍味(あもちんみ 珍味メーカー)さんが、
尾道ラーメンと関りがあったのは、驚きました。

いまや観光地としても有名な尾道です。週末や連休には多くの観光客や、外国の方も訪れます。広島市から、高速道路で約1時間、JRや新幹線で行く事ができます。商店街は、昭和を思い起させるレトロな建物、そして、現代的なお洒落なカフェがあり、不思議な、感覚をおぼえます。広島で有名なお好み焼きは、「尾道焼き」が最近話題になっており観光客で、長蛇の列ができるほどです。そして、映画のロケ地にもなっていて、いくつかの作品がありますので、それらも、ご紹介していきましょう。

尾道ラーメン 広島でおすすめの有名店は?

広島県尾道市で、おススメの有名店ですが

★朱華園

『朱華園』は、言わずと知れた尾道では、超有名店です。
休日には、長い行列ができるのでも有名です。

★つたふじ

こちらの『つたふじ』も、尾道では有名店です。
ここの、特徴はラーメンだけじゃなく、
中華うどんもメニューにあるのが特徴です。

一度、ラーメンで食べてみて、
次回うどんで食べてみてはいかがでしょうか?

二回楽しめる事ができるお店です。

ここも、休日は行列ができます。事前にチェックして下さいね。

★丸ほし

ここ『丸ほし』は、小鯛をベースに、小魚を使ったスープが特徴です。

一日、15食限定の、超!煮干ラーメンというメニューがあります。

これを注文すると、本当に、超煮干味です。

味が濃いので、レモンが付いてきます。

このラーメンに絞って食べるのですが、
レモンが、それをまろやかにしてくれるのです。

尾道ラーメンもあるので、まずはそちらから食べてみてくださいね。

次は、広島県福山市の尾道ラーメンです。

★一丁

ここ『一丁』は、福山市で一番人気の、尾道ラーメンのお店です。
お昼時は、サラーリマンで賑わいます。

尾道ラーメンの王道といった感じでしょうか、
福山市民に「美味しいラーメン屋さんを教えて」と聞くと、
皆さんここを、紹介してくれます。

★かまやつ

ここ『かまやつ』は、隠れた名店です。

これぞ、尾道ラーメンと言っても過言ではありませんね。

濃い味と、あっさり味が選べます。

小ラーメンもあり、女性に嬉しいメニューもあります。

以上、尾道ラーメンの有名店を紹介しました。

宮島に、弥山(みせん)という山がありますが、頂上に登った事がありますか?弥山に登る手段は、ロープウェイで登る方法、それから、歩いて登るという方法があります。歩いて登るのは結構大変なので、あまりおススメではないですが、頂上に、登って見える瀬戸内海の風景が『絶景!』見事なんです。風光明媚といっても、過言ではないような、瀬戸内海に浮かぶ島々が、とても美しいです。そして、瀬戸内海は、島々が多い海なんだなと感じて頂けると思います。その、島々を渡って四国に渡るのが、しまなみ海道です。四国に、渡る手段は、3ルートあります。瀬戸大橋(せとおおはし)は、本州の岡山県倉敷市と四国の香川県坂出市を結ぶ10の橋の総称です。明石大橋は、淡路島から鳴門大橋、そして徳島へと結ぶ橋です。しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ、大橋です。今治までの間の、島々を巡る橋です。これら3つのルートがあるのですが、今回は、しまなみ海道について話したいと思います。

あとがき

実は、私は、尾道ラーメンは、得意なラーメンではないんです。

尾道ラーメンというより、
魚介スープがあまり好みではないんです。

ここまで、書いておいてそれはないと思われると思いますが…

でも、尾道ラーメンで、大好きなお店があるんです。

ここも、有名店なのですが、尾道市にある
『みやち』さん。

ここの、大ファンなんです。

『みやち』さんは、いわゆる、背油が乗っている尾道ラーメンではなく、
背油が乗っていない、あっさり系のラーメンなんです。

メニューも豊富で、天ぷららーめん、きつねラーメン、カレーラーメン等々
ラーメンに、天ぷら?ラーメンにきつね?
と思われるでしょうが、これが本当に美味しいんです。

一番の、おススメはカレーラーメン!
やみつきになります。

お店に、お伺いした時は、カレーラーメンの並と稲荷を頂きます。

本当は、あまり人に教えたくないのですが…

ここも、行列ができますので、下調べをして行ってくださいね。

尾道ラーメンには、ハッキリした定義がないとお伝えしました。

この『みやち』さんの様に、尾道ラーメンではないようなラーメンも、
存在するのが、尾道ラーメンなのです。

スポンサーリンク