季節一覧

2020年の社日祭はいつ?社日の読み方や意味の由来は何で社日祭にお供えするものは?

社日は、あまり注目されない日と言えますが、社日(しゃにち)と読みます。社日は雑節の一つで、生まれた土地の神様・産土神(うぶすながみ)をお祀りする日のこと。雑節の一つなのでカレンダーなどには記載されているものの、馴染みの薄い方も珍しくはない年中行事と言えるのでは無いでしょうか?

三寒四温という言葉を使う時期はいつ頃からいつごろまでで本来の意味と使い方の例文は?

三寒四温という言葉は、春先に天気予報でよく耳にする様な気がしますが、どの季節の季語なんでしょうか?なんとなく、雰囲気として理解している言葉でも、実際、説明するとなると、紛らわしいことがたくさんあります。三寒四温という言葉の、意味や使い方、さらに使い方の例文などをご紹介したいと思います。

啓蟄とはいつからいつまででどんな意味があり何をする日?冬ごもりやこもはずしとの関係は?

2020年の啓蟄は3月5日。期間としての2020年の啓蟄は3月5日~3月19日までとなります。啓蟄になると、気温は寒いですが、自然界では春らしくなってきます。啓蟄とは、虫達が目覚める季節だとか今回は啓蟄の意味や、啓蟄にまつわる季節の行事などを見ていきましょう。

2019冬至はいつ?冬至の日って何する日?ゆず湯に入る意味やかぼちゃを食べる由来は?

冬至とは、一年で一番日が短い期間の事だと記憶していますが…かぼちゃと小豆を煮た物を食べていた気がします。カボチャは、夏の食べ物のイメージが強いのですが、冬に食べるのが不思議な感じがします。カボチャと小豆食べる由来、そしてゆず湯の由来を調べてみました。

立冬とはいつからいつまでのことで意味や由来は何?立冬の日に食べるものは?

立冬は、暦の二十四節気のひとつで、11月の始め頃に訪れます。丁度、秋も深まってくる頃ですよね。二十四節気の呼び名は、立春にしても、立秋にしてもですが、まだまだ寒いのに立春?夏は、これからなのに、立秋?と思うほど季節を、先取りしている様に思います。四季で言うと、冬の季節の最初、初冬にあたります。そんな『立冬』について調べてみました。

白露の読み方と山月記での意味や由来は?白露はいつで気候の変化は?

白露は、季節を表す言葉です。日本人の美学でしょうか、古くからの言葉には、美しく状況を表す優しさがあります。白露…はくろ?しろつゆ?読み方さえも、分からなかった言葉で、結露の仲間かなと思ったりしました。いったい、どんな事、現象なのでしょうか?色々調べてみました。

天高く馬肥ゆる秋の意味と元々の意図は怖い!使い方の例文は?

『天高く馬肥ゆる秋』の言葉の意味が怖いというのは…秋になれば、秋になって気候かよくなり、空も青くて高くて、食べ物も、美味しくて、ついつい食べ過ぎて太ってしまう…そして太ってしまうからコワイ!という意味だと思っていました。しかし、『天高く馬肥ゆる秋』という言葉の由来には、本当に“怖い”出来事があったのです。言葉の意味って深いですね。天高く馬肥ゆる秋の言葉の意味を紹介したいと思います。

小春日和とはいつ頃の季語で意味や使い方は?英語で表現するとなんて言う?

『小春日和』なんだか耳ざわりの美しい言葉ですね。小春日和って、春の季語だと思われがちですが、実は、秋の日の事だということをご存知でしたか?あの有名な「秋桜」という歌の中にも、「こんな小春日和の、穏やかな日は…」という歌詞がありますね。穏やかな、のんびりとした日の風景が思い出されますが、そんな小春日和についてお話したいと思います。