ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキの違いは何?チーズの種類や人気が高いのは?

バスク風チーズケーキとは、
外側を黒く焦がした濃厚な風味のある、
バスク地方で食されているチーズケーキのことです。

ベイクドチーズケーキは聞いた事はありますが、
バスクチーズケーキは耳慣れない名前かもしれません。

ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキの違いについて、
まとめてみました。

  

ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキの違いは何?

「バスクチーズケーキ」と「ベイクドチーズケーキ」の違いについて紹介します。

バスクチーズケーキは、
スペインのバスク地方で作られるようになったスイーツです。

バスク地方にサン・セバスチャンという町があり、
この町は「美食の街」として有名です。

この町にはミシュラン3星レストランが4軒もあります。

その中の「LA VINA(ラ・ヴィーニャ)」というバルで、
この「バスクチーズケーキ」は生まれました。

「バスクチーズケーキ」の凄いところは、
このレシピは長い間「門外不出」だったことです。

「LA VINA(ラ・ヴィーニャ)」では弟子をとるどころか、
厨房にも家族や親類しか入れさせないほどでした。

バスクチーズケーキは、
実はレシピを伝授されたわけではなく、

真似してみてバスク風チーズケーキを作って売っているだけです。

そしてこのレシピを唯一伝授されたパティシエがいて、
その人は日本人で、
東京白金に「GAZTA」というお店を出しています。

というわけで本当のバルクチーズケーキが食べられるのは、
スペインの「LA VINA」と東京白金の「GAZTA」にだけになります。

バスクチーズケーキは、見た目が特徴的です。

チーズケーキの表面は、しっかり焦げ目がついています。

ですが、口にしてみると、
中はトロッと濃厚でしっとりとしています。

クリーミーなチーズの味わいと食感が癖になるスイーツです。

このバスクチーズケーキ目当てでスペインを訪れる人がいるほどです。

ベイクドチーズケーキは、
英語でBaked cheese cakeと書き、
言葉の意味のとおり焼いたチーズケーキです。

日本にも昔からありますよね。

日本におけるチーズケーキといえばコレだったのではないでしょうか。

一般的に「チーズケーキ」とか、
「ニューヨークチーズケーキ」などと呼ばれています。

ベイクドチーズケーキやバスクチーズケーキに使うチーズの種類は?

ベイクドチーズケーキやバスクチーズケーキや、
その他のチーズケーキを作る時は、クリームチーズを使います。

どの様なチーズケーキがあるのか紹介したいと思います。

・BUKO ブコ デンマーク産クリームチーズ

サワークリームを思わせるような、
爽やかでやや酸味のある風味が特徴的。

コクがあるのにクセがなく、
すっきりした後味が魅力のクリームチーズです。

デンマークでは50年以上、
日本でも40年以上愛され続ける味わいは、
さまざまな料理からお菓子まで幅広く使えます。

あらゆる素材との相性が良く、料理の味を引き立ててくれます。

・Luxe100% 北海道クリームチーズ

北海道の生乳を100%使用した国産のクリームチーズであるLuxeは、
素材本来の味を生かしているのが特徴。

塩分が控えめで、
クセの少ないクリーミーなチーズが好みの方におすすめです。

酸味があっさりしており、
濃厚で口どけの良い上品な味わいなので、
そのままでもおいしく食べられます。

何にでもアレンジしやすく、
料理やお菓子作りにも最適。

クリームチーズとしては珍しいプロセスチーズなので、
保存性が高いのも魅力です。

・フィラデルフィアクリームチーズ

北海道産の生乳と生クリームをブレンドして作られた、濃厚な味わい。

チーズケーキ作りには欠かせない、
正統派テイストです。

マーガリンのような容器に入っているので、
使いやすいのも人気の秘密。

濃厚で塩味が効いたクリームチーズがお好きな方におすすめです。

この商品の他に、
プレーン味とブラックペッパー味のポーションタイプもあります。

料理やお菓子の材料として使うなら容器入りのタイプ、
そのまま食べるならポーションタイプと、
目的に応じて選べるのも良いですね。

・クリーム チーズ

アンカーのクリームチーズは、
酸味が少なくクセのない風味と舌触りの良さが特徴で、
日本人好みの食べやすさが魅力です。

あっさりした味わいなので、
チーズが苦手な方・ご年配の方・お子さんでも
おいしく食べられるでしょう。

どんな食材とも合いやすく、
サラダ・クラッカー・オードブルといった、
さまざまな料理に使えるので便利です。

もちろんケーキの材料にも最適なので、
レパートリーが広がりますね。

・北海道十勝100 クリームチーズ

よつ葉の北海道十勝100クリームチーズは、
その名の通り北海道は十勝で採れた、
新鮮な生乳および生クリームを100%使用しています。

なめらかできめ細かい舌ざわりで、酸味も控えめ。

お料理やデザートはもちろん、
そのまま食べるのもおすすめです。

・デンマーク クリームチーズ

デンマークで生まれたクリームチーズ。

厳選した新鮮ミルク由来のコクと風味が立ちながらも、
酸味は強すぎず柔らか。

口の中で溶けるバターを思わせる食感が特徴です。

食べやすく、クセがないので、
そのままベーグルやクラッカーに塗って食べるもよし、
お菓子の材料にするもよしと、
お好みに合わせて幅広くご使用いただけます。

クリームチーズは色々な種類がありますね、
お好みに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。

ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキで人気が高いのはどっち?

まず、ベイクドチーズケーキの人気が高い物を紹介します。

・極醸フロマージュ ~二層のチーズケーキ ~

上層は濃厚なレアチーズケーキ。
乳化剤不使用の北海道産クリームチーズとマスカルポーネをたっぷりと使用し、
チーズ本来のコクと旨味を味わえます。

下層のベイクドチーズケーキは、
クリームチーズに自家製レモンピールとヨーグルトを加え、
あくまでも軽く、爽やかに仕上げています。

・濃厚プレミアムチーズケーキ

料理人の手仕事により、
一つひとつ丁寧に仕立てられたチーズケーキは、
しっとりとした食感とイチゴの甘酸っぱさが絶妙なバランスです。

・ゴルゴンゾーラベイクドチーズケーキ

濃厚なチーズと程よい塩味、
ドライフルーツの香ばしさが絶妙な味わい。

滑らかで柔らかい食感、濃い味わいが大人味のチーズケーキです。

続いて、バスクチーズケーキです。

・バスクのチーズケーキ

黒い焦げの部分の香ばしさとほのかな酸味が、
デンマーク産のチーズの甘さと濃厚さを引き立ててくれます。

・真っ黒バスクチーズケーキ

「真っ黒バスクチーズケーキ」は、
高温で真っ黒に焼き上げられているため、
スモークのような香ばしい薫りを楽しむことができます。

・外はサクッと中はしっとり濃厚「バスク風チーズケーキ」

バスク風チーズケーキの最大の特徴は、
「失敗した」と錯覚するほど、
真っ黒の焼き目が付いていることです。

高温で長時間焼いて焦がしているため、
カラメルの香ばしさを引き立てています。

一口食べれば、
ほろ苦さとチーズの濃厚さが口の中に広がります。

それぞれのチーズケーキは、テイストが違うそうです。

色々なチーズケーキを試してみるのも良いですね。

あとがき

バスクチーズケーキは、
一度食べたら病みつきになり、
ハマる人が続出中のチーズケーキです。

表面を、黒く焼き上げるので、
その真っ黒な見た目が特徴的でとても気になりました。

お子様から、大人まで皆に愛されているチーズケーキ、
お好みのケーキを召し上がってくださいね。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。